スクイズ大好き(15)2018年03月
ちょっとブリッジタイム
IMP戦、ディーラー N、EWバル。
WNES
PP1
11NTPP
23PP
P

あなたはSです。
N
ダミー
J105
K98
A92
K975
S
ディクレアラ
AQ9
102
Q107
A10842

C byS。 OL=HA(W)

ビッドについては、いろいろ意見があるかもしれませんがスルーで。

T1:HA(W)勝ち(EはH4)
T2:HQ(W)−HK(N)勝ち(EはH5)
T3:CK(N)勝ち−C3(E)−C2(S)−CQ(W)
T4:C5(N)−C6−C10(S)勝ち−H3(W)
   (リストリクティッド・チョイス)
T5:CA(S)勝ち−D3(W)−C9(N)−CJ(E)
T6:D7(S)−D5(W)−D9(N)勝ち!−D6(E)

ここまで5勝1敗で、下図。 プレイ方針は?
N
ダミー
J105
9
A2
7
S
ディクレアラ
AQ9
---
Q10
84

SKのフィネス? はい、正解。フィネス成功します。

T7:SJ(N)勝ち−S2(E)−S9(S)−S6(W)
T8:S5(N)−S3(E)−SQ(S)勝ち−S4(W)

ここまで7勝1敗で、下図。 ここからのプレイ方針は?
N
ダミー
10
9
A2
7
S
ディクレアラ
A
---
Q10
84

スクイズ? はい、正解。
・カウントは整っています。(テクニック 
 (残り5枚で、4トリックは手中に。)
・スクイズで、あと全て取ってみましょう。
 (ポジショナルスクイズ2型、です)

ほとんどダブルダミーなので、以下に。

W
---
J6
KJ8
---
N
ダミー
10
9
A2
7
E
K87
7
4
---
S
ディクレアラ
A
---
Q10
84

<考え方>
◎スレット:
・ダミー(N)のH9(=左オポ(W)のHJに対するスレット)
・ハンド(S)のDQ(=左オポ(W)のDKに対するスレット)
 (少し変わったスレット。DAx□DQx。)
◎ポジショナルスクイズ2型。
DQのすぐ横に親分(エントリーとなる大きいカード)が
 ついていないので、スクイズ成立はピンチです。
 唯一、変わったスレット(例:Ax□Qx)となっているので、
 「ポジショナルスクイズ2型」が成立します。
・なお、DAは早期に取ってはいけません。
 DAはH9を取るための大事なエントリーなので。
 (注:H9のすぐ横に親分がついているなら、DAは早期に
    取るのが手筋です。=ヴィエナ・クー。
    この場合はオートマチックスクイズ1型になります。)
◎プレイ手順:
・ここから黒いスーツを3トリック取り続け、
 黒いスーツの3トリック目に左(W)から出るカードを見てから
 ダミー(S)から不要のカードを捨てます。
・見ておくカードは、左(W)からHJ(&DK)が出るかどうか。
 その他は見ないで良いです。(←スキル◆
・WからHJが出なければ、黒いスーツの3トリック目にSから
 H9(これまでオドカシ役、ありがとう)を捨てれば、
 WのDKは1枚になっているはずなので、DA,DQと取れます。

残り3枚の時の全体図は以下。
W
---
J
KJ
---
N
ダミー
---
9
A2
---
E
K
7
4
---
S
ディクレアラ
---
---
Q10
4

この後、SからC4を出すと、Wがスクイズにかかります。
すなわち、WがHJを捨てれば、SのH9が良くなるし、
WがDJを捨てれば、SのDQが良くなります。


さて、実戦はどうなったか。
実戦では「スクイズプレイ」が出来ませんでした。がーん!(^^;)

T9:C9(S)・・・
East:「あ、あと負けます、負けます。
     パートナーがスクイズにかかっているので。」
と言って、カードをボードにしまい始めました。
なんと、スクイズとは無関係のEastが全部負けのクレームをしたのです。

SとW:「(ぽっかーん)」

South:「せっかく、スクイズの練習をしようと思っていたのにー」
West:「そうよ、スクイズにかかる練習をしようと思っていたのにー」
East:「え?あれ?悪いの俺?」



----全体のハンドは以下----

W
64
AQJ63
KJ853
Q
N
ダミー
J105
K98
A92
K975
E
K8732
754
64
J63
S
ディクレアラ
AQ9
102
Q107
A10842


<取材元>
2017年11月、神奈川県知事杯R4、28番。
(記事の都合で、90度回転させています)
戻る
なんちゃって奮戦アラカルト
「9トリック取って、あと負けます」
24HCPを持つ事は、時々あるけれど。
もうひとつの ブリッジの楽しみかた (by NM2007)
BEER CARD(2)
BEER CARD(1)
The Magnificent Seven (by Mark Horton)
沈黙は金
「クラブ8」の巻
銀河鉄道
「AQ」の巻(その2)
「AQ」の巻
スーパーアクセプト
スーパーアクセプト・プラス
ちょブリ健闘室
レッツ・ディフェンス!
ラフ&ディスカード
グッド・ディフェンス賞
手拍子(その2)
手拍子
スクイズ大好き
スクイズ大好き(15)
スクイズ大好き(14−1)
スクイズ大好き(13−2)
スクイズ大好き(13−1)
スクイズ大好き(その12)
スクイズ大好き(11)
スクイズ大好き(その10)
スクイズ大好き(その9)
スクイズ大好き(その8)
スクイズ大好き(その7)
スクイズ大好き(その6)
スクイズ大好き(その5)
スクイズ大好き(その4)
スクイズ大好き(その3)
スクイズ大好き(その2)
スクイズ大好き
IMAXワールド
IMAX ワールド(12)
IMAX ワールド(11)
IMAX ワールド(10)
IMAX ワールド(9)
IMAX ワールド(8)
IMAX ワールド(7)
IMAX ワールド(6)
IMAX ワールド(5)
IMAX ワールド(4)
IMAX ワールド(3)
IMAX ワールド(2)
IMAX ワールド(1)
ちょブリ教室(KyUMON式、他)
KyUMON式 (for初級〜中級) (6)
KyUMON式 (for初級〜中級) (5)
KyUMON式 (for初級〜中級) (4)
KyUMON式 (for初級〜中級) (3)
KyUMON式 (for初級〜中級) (2)
KyUMON式 (for初級〜中級) (1)