The Magnificent Seven (by Mark Horton)2016年02月
ちょっとブリッジタイム
世界選手権(1991年・横浜)デイリーブリテン No.8(10月6日号)より。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

The Magnificent Seven (by Mark Horton)

  黒沢明の傑作「七人の侍」と同名のユル・ブリンナー主演の西洋版(邦題「荒野の七人」)は
誰でも知っているでしょう。しかしここでの話は映画のことではありません。
これはチームという異名のついている英国の大酒飲みのブリッジプレーヤー達が、
D7に特殊な意味を持たせた話です。

  彼らは、リチャード3世とヘンリー7世の戦いで知られるボスワード平原にある
マーケットボスワード村のレッドライオンというパブの常連でした。
月に一度、このチームは24ボードのチーム戦の挑戦を受けました。
しかし、この試合には特殊なルールがあったのです。

 <ルール1>
   プレーヤーがジョッキ1杯ビールを飲む度に、自分のサイドに1IMP加える。

 <ルール2>
   さらにD7の魔力を加える。最後のトリックをこのカードで勝つと、
  そのディクレアラーは他の全員からビールをジョッキ1杯おごってもらえる。
  そしてさらに7IMP得点できる。だが、D7で勝てるにもかかわらず勝たなかった場合、
  残りの7人にビールをおごらなくてはならない。(しかしIMPは1点しか失わなくて済む)
   この罰則は第1トリックにD7をリード、あるいはプレイしたディフェンダーにも
  適用される。
   このルールは、スーツ・コントラクトでしかもDが切札でない時にしか適用されない。


  もうおわかりのように、このチームのメンバーになる為には、
まず大量のビールを飲める事と、さらにスーツをフォローする時にも特定のカードにだけは
注意を払うだけの能力を要求されるのです。

  ほとんど2年間にわたってこのチームは勝ち続けましたが、それと同時に
プレッシャーも非常に高いものとなり、他チームの挑戦を受けるのは次で最後にしようと
いう事になりました。最後の試合の相手はたいへん手ごわいチームでした。
すさまじい大酒飲み達だったのです!

  この試合は、終始大接戦でした。(1ボード毎にビールをジョッキ1杯飲むのです)
しかし、挑戦チームが徐々にリードしてきました。
そして最後のボードがやってきた時、その差は23IMPに拡がっていました。

ディーラー S、NSバル
W
4
Q10742
93
QJ1096
N
53
653
KQJ107
542
E
9762
J9
A642
873
S
AKQJ108
AK8
85
AK

  両方のテーブルともコントラクトはSの6Sで、オープニングリードは
どちらもCQでした。挑戦チームのディクレアラーはトランプを狩り、
Dを出しました。EがDAを2巡目に取ったので、コントラクトは1ダウンしてしまいました。

  しかし大酒飲みチームのディクレアラーはもっとよく考えました。
オープニングリードをCKで勝ち、トランプを狩り、CAを取りました。
次にD8を出すと、WはD9、ダミーはD10、EはD2を出します。
次にダミーからCを出してハンドでラフし、HHKをキャッシュし、残りのトランプも取ります。

  ダミーにはDK7と残り、ディクレアラーがD5でイグジットすると、EはDAで勝ちますが、
最後のトリックはダミーのD7が勝つ羽目になってしまうのです。

(追加図↓。編集部より)
W
---
Q
---
J
N
---
---
K7
---
E
---
---
A6
---
S
---
8
5
---

  このディクレアラーのプレイは、「普通の」17IMP プラス 
最後のトリックを特別なD7で勝った「ボーナスの」7IMPを獲得しました。
そしてこの試合も1IMP差で勝つことが出来たのです!

  この試合には余談があります。Eが第12トリックにDAをダックしておけば、
貴重な7IMPを取られずに済んだのです。そうしておけば、さらに全員から1杯ずつ
ビールをおごってもらえたのです!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(注)本記事は、「ちょっとブリッジタイム」(=通称「ちょブリ」)
   Vol.9 NO.2(Winter, 2002)に掲載したものと同じです。
戻る
なんちゃって奮戦アラカルト
もうひとつの ブリッジの楽しみかた (by NM2007)
BEER CARD(2)
BEER CARD(1)
The Magnificent Seven (by Mark Horton)
沈黙は金
「クラブ8」の巻
銀河鉄道
「AQ」の巻(その2)
「AQ」の巻
スーパーアクセプト
スーパーアクセプト・プラス
ちょブリ健闘室
レッツ・ディフェンス!
ラフ&ディスカード
グッド・ディフェンス賞
手拍子(その2)
手拍子
スクイズ大好き
スクイズ大好き(14−1)
スクイズ大好き(13−2)
スクイズ大好き(13−1)
スクイズ大好き(その12)
スクイズ大好き(11)
スクイズ大好き(その10)
スクイズ大好き(その9)
スクイズ大好き(その8)
スクイズ大好き(その7)
スクイズ大好き(その6)
スクイズ大好き(その5)
スクイズ大好き(その4)
スクイズ大好き(その3)
スクイズ大好き(その2)
スクイズ大好き
IMAXワールド
IMAX ワールド(12)
IMAX ワールド(11)
IMAX ワールド(10)
IMAX ワールド(9)
IMAX ワールド(8)
IMAX ワールド(7)
IMAX ワールド(6)
IMAX ワールド(5)
IMAX ワールド(4)
IMAX ワールド(3)
IMAX ワールド(2)
IMAX ワールド(1)
ちょブリ教室(KyUMON式、他)
KyUMON式 (for初級〜中級) (6)
KyUMON式 (for初級〜中級) (5)
KyUMON式 (for初級〜中級) (4)
KyUMON式 (for初級〜中級) (3)
KyUMON式 (for初級〜中級) (2)
KyUMON式 (for初級〜中級) (1)