ラフ&ディスカード2015年04月 (05月に更新)
ちょっとブリッジタイム
柳谷杯からの取材レポート。提供者=L君。早速、問題形式で以下に。

N
ダミー
2
KQ104
KQ1095
K87
S
あなた
K10
J63
84
AJ9652

ボスバルで、ディーラーS。
WNES
3!
P4!PP
P

C byS。 OL=D3(W)。

ビッドに関してはいろいろと意見がありそうだが、ここでは不問。
T1:D3(W)→ダミーのDKがEのDAに負け。
T2:EからD2がリターンされ、WのDJをダミーのDQで勝つ。

どうやら、Eは「WのD3がシングルトン」と思ってDをリターンしたようだ。
EWのリードの約束は、奇数枚は一番下/偶数枚は3番目、との事。
従って、Dのブレイクは3−3と判明。
さて、プレイ方針は?

2015年4月 柳谷杯・3rd Session・7番。ディーラー S、ボスバル。
W
A763
A82
J63
Q43
N
ダミー
2
KQ104
KQ1095
K87
E
QJ9854
975
A72
10
S
あなた
K10
J63
84
AJ9652

<正解プレイ>
T3:ダミー(N)からD10を出して、ハンド(S)からS10捨て。
T4:ダミー(N)からD9を出し、EはC10でラフしたが、
   ハンド(S)からSK捨て、WはS7をディスカード。

現場でのディクレアラー、L君からのコメント。

L君「珍しいプレイ。現場で突然ひらめいた。
   これまでのブリッジ人生の中でも、なかなか見ないプレイ。なにしろ、
   ディフェンス側に『ラフ&ディスカード』をしてもらうプレイだから。」

ここまでNS側の2勝2敗で下図。
W
A63
A82
---
Q43
N
ダミー
2
KQ104
5
K87
E
QJ9854
975
---
---
S
あなた
---
J63
---
AJ9652

T5:EからのSQリターンをハンド(S)でラフ。
T6:CA(S)と出し、Eのショーアウトを確認後、
T7:「WのCQをフィネスしてジャストメイク」とクレーム。

L君「ラフ&ディスカードは、ディフェンス側から出してもらうのが普通。
   ディクレアラーが自らそのプレイをするのは、なかなか珍しい。」
僕 「なるほど。ルーザー・オン・ルーザーになっているんだ。
   Sは元々1トリックは負けるので、そのトリックをオポの切札(C
   でラフしてもらって、オポの切札を短くし、
   切り札狩りのゲスをしやすくする、というのがミソ。」
L君「そう。実際の配置で、DA、SA、HAを取られてからだと、
   Cをノールーザーにするプレイは、ほぼ不可能に近いから。」
僕 「さすが〜。その他に面白いハンドがあったら提供プリーズ」
L君「今年の柳谷杯は、やることなすこと空振りの連続。
   唯一、面白かったハンドがこれ。
   1つでも面白いハンドが出てきたので、良かった事にしようっと。」


------ 以下は追加記事です(2015年5月吉日) ------

本記事を読んだI君から「ちょっと待った」コールがありました。

I君 「4順目のDを出す前に、CKを出した方が良くありませんか?」
L君「あわわ・・・」
I君 「Wの4−0なら、実際のプレーでもダウン。
   Eの4−0なら、CQもC10もフィネスするライン。
    (S1トリックはあきらめ、クラブ丸取り方針)
   Wの『CQ10x』(Eは『Cx』)でもメイク。」
僕 「なるほどー。現場でL君がしたラフ&ディスカードのプレイだと、
   Wの『CQ10x』の時にダウンだね。」
L君「判りました。降参。でも、ご指摘の『正しい』プレイだと、
   このブログの記事になりにくいですよね。だから、良し、っと。(笑)」
僕 「無理矢理の言い訳の感があるが、ま、いっか。」

という訳で、I君、ご指摘ありがとうございました。

また、この記事を読んで混乱(※)した読者の皆様、申し訳ありませんでした。
(※)『正しい』プレイ(CKを先に取るプレイ)にたどり着いたのに、
   上記の<正解プレイ>(=『不正解プレイ』)を読んで混乱した方々、
   申し訳ありませんでした。

戻る
なんちゃって奮戦アラカルト
もうひとつの ブリッジの楽しみかた (by NM2007)
BEER CARD(2)
BEER CARD(1)
The Magnificent Seven (by Mark Horton)
沈黙は金
「クラブ8」の巻
銀河鉄道
「AQ」の巻(その2)
「AQ」の巻
スーパーアクセプト
スーパーアクセプト・プラス
ちょブリ健闘室
レッツ・ディフェンス!
ラフ&ディスカード
グッド・ディフェンス賞
手拍子(その2)
手拍子
スクイズ大好き
スクイズ大好き(14−1)
スクイズ大好き(13−2)
スクイズ大好き(13−1)
スクイズ大好き(その12)
スクイズ大好き(11)
スクイズ大好き(その10)
スクイズ大好き(その9)
スクイズ大好き(その8)
スクイズ大好き(その7)
スクイズ大好き(その6)
スクイズ大好き(その5)
スクイズ大好き(その4)
スクイズ大好き(その3)
スクイズ大好き(その2)
スクイズ大好き
IMAXワールド
IMAX ワールド(12)
IMAX ワールド(11)
IMAX ワールド(10)
IMAX ワールド(9)
IMAX ワールド(8)
IMAX ワールド(7)
IMAX ワールド(6)
IMAX ワールド(5)
IMAX ワールド(4)
IMAX ワールド(3)
IMAX ワールド(2)
IMAX ワールド(1)
ちょブリ教室(KyUMON式、他)
KyUMON式 (for初級〜中級) (6)
KyUMON式 (for初級〜中級) (5)
KyUMON式 (for初級〜中級) (4)
KyUMON式 (for初級〜中級) (3)
KyUMON式 (for初級〜中級) (2)
KyUMON式 (for初級〜中級) (1)