6NTは33点?2017年06月
 清水のブリッジブログ

     6NTは2人足して33点(ハイカード・ポイント)。
     言わずと知れた「目安」です。
     33点なら、エースが2枚抜けることは無いでしょう。
     ところが特定スーツのエース・キングが抜けることなら有りえる。
     オープニングリードにそのスーツを出されると、
     立て続けに2トリックを失う。
     それなら「33点」というのは間違っているのではないか、
     と。思いませんでしたか?

     次のハンド。
     オープニングリードに何を出しますか?

     米国「ブリッジワールド」誌2014年1月号
     IMP戦、双方バル
W
Q10765
QJ5
10
QJ83
WNES
1
P1P2NT
P6NTAllPass


     ビッド経過から考えてパートナーは限りなく0点に近い。
     従ってスモールSのリードはジャック(かS9)に取られます。
     HQを出して、ダミーに「K10x」などあると目も当てられない。
     Cのスモールを出して、ディクレアラーの「10」に取られるのも。
     Dスーツは、ダミーとディクレアラーの側に「AKQJ」が
     あるだろうから。Dリードだけは損が無いだろうと。
     パネル回答者の選択は:
     Dが10人、CQが6人、CJが2人、HJが2人、Sが2人でした。

     次のディールは“The Complete Book of Opening Leads”から。
     著者は「ブラックウッド・コンベンション」の発案者である
     イーズリー・ブラックウッド(Easely Blackwood)。
     初版は1983年、本人が80歳のとき。
     500頁弱もあるので編集者がいたものと推察されます。
W
Q10
Q107652
KJ9
32
N
9764
9
8652
AKJ10
E
8532
J8
1043
8764
S
AKJ
AK43
AQ7
Q95
     1969年世界選手権 台湾対米国
WNES
2NT
P3P3
P4NTP5
P6NTAllPass

   N: Frank Huang(台北)
   S: C.S.Shen(台北)
   E: B.Eisenberg(米国)
   W: B.Goldman(米国)

     本には書いてありませんが、時代を考えると2NTは22〜24点。
     3Cはステイマン、3Hは4枚、4NTはインビテーションでしょうが、
     5Sはエースの枚数を答えて6NTに突入したようです。

     Westのボビー・ゴールドマンは8点も持っているので、Cからリード。
     ダミーが勝ち、続けてSのフィネスが抜けて、ほどなく2ダウン。
     なお反対テーブルではSouthでカンター(Edwin Kantar)が
     Northのハマン(Bob Hamman)と組んで3NTをコントラクト。
     Sリードで6メイクでした。

     また、本には書いてありませんが、このディール、実はCリードなら
     メイク可能です。先ずはSAを叩いて、S10が落ちたら、ぜんぜん
     トリックが足りないのでSQ10ダブルトンを叩くのはほぼ必然。
     そののちはSCを取って、左手はH3枚とD1枚を捨てます。
     Dのフィネスをするとダウン、Hの3巡目でスローイン(throw-in)
     するとメイクします。

     記事フォレスターのパスにも少し書きましたが、
     この年の世界選手権はブラジル(リオデジャネイロ)で開催され、
     イタリアが優勝、台湾が準優勝。3位は米国、4位はフランス。
     台湾チームの監督(Non Playing Captain)はウェイ(C.C.Wei)でした。

     ところでブラックウッド・コンベンション(4NT)はステイマンとともに
     世界で最も使われているコンベンションです。
     ところがブラックウッド自身がこのコンベンションを米国で出版した
     「ブリッジ人間学(Bridge Humanics)、
      英国版“The Human Element in Bridge”、
      副題“How to Play People as well as the Cards”」
     で発表したのは1949年。
     それより前に17の言語で57冊の本で紹介されていたそうです。
     また、1992年没というのは当時では驚くほどの長寿であったかと。
     参考:WikiProject Contract bridge
         (https://en.wikipedia.org/wiki/Easley_Blackwood_Sr.)、
        The Official Encyclopedia of Bridge - Biographies(ACBL)。

     次のハンドは
     ルート(William Root)著、“How to defend a bridge hand”(1994年)から。
     何をリードするか?
W
A1052
1083
654
876
WNES
1NT
P6NTAllPass



     パートナーは極めて弱い。
     どのカードでも良いから、CDを出せ、と。
     以下のディールで説明されています。
W
A1052
1083
654
876
N
Q63
KJ9
KQ2
AQ109
E
J74
Q654
873
532
S
K98
A72
AJ109
KJ4
     CDのリードは、HSを負けてダウン。
     まさかHのバックワード・フィネスはしないだろうと。
     SスーツとHスーツからのリードは、どれを出してもメイクです。

     ウィリアム・ルートはブリッジ教師として世界的に有名な人で、
     あまり大会には出ないのですが、プレイヤーとしても有名です。
     1995年に春季北米チーム選手権(バンダービルト杯)に71歳で出場、
     4人チームで7日間448ボードをプレーして優勝。
     試合後の感想は「疲れはしなかった(I never got tired)」だと。
     そう言えばアメリカのお爺ちゃんは超元気な人が多いです。


戻る
最新記事
8月の記事
7月の記事
6月の記事
5月の記事
クレーム下手
絵札?
1月の記事
ダミー(3)
スコア計算関係
「ダブル」の出し方
ダミー(2)
御挨拶と自己紹介
御挨拶と自己紹介
当ブログについて
お礼とお知らせ
ウィンドウズ10
記事一覧
ジャックは何故に「ジャック」か?
ジャックは何故に「ジャック」か? - 追記
ミッドリング
キャッシュ・アンド・スラッシュ
007 ハンド
ビディングボックス
ビディングボックス - 追記
ブロック
サマセット・モーム
スポーツ?
ボトルボトム
ストッパー
4-4 マイナー
リバース?
バイパス
ダブルボイド
ネバー ギブアップ
ネバーギブアップ - 2
段級位制
アラート
ストップカード
Beautiful Defense
教科書プレー
教科書プレー - 2
Textbook Play Revisited
教科書プレー - 3
教科書プレー - 4
ハンドのビジュアル化
近況報告
ワンスーター
禁じ手
87%
私、ディレクターの味方です
上告委員は不愉快です
ウィナーを数える
坂の上の雲
メリーマック・クー
スタンダードとは?
黄金週間の迷言
普及です
場末の居酒屋か?
コンプライアンス
舟を編む
「ダブル」の出し方
カードを持つと人格が変わる?
日本リーグでのビッド(1)
日本リーグでのビッド(2)
日本リーグでのビッド(3)
日本リーグでのビッド(4)
外国でブリッジをするとき
ブリッジの和製英語
連盟から届いた手紙
マキシマル オーバーコール・ダブル
くわばらくわばら
低い代のコントラクトをディフェンスする(1)
低い代のコントラクトをディフェンスする(2)
低い代のコントラクトをディフェンスする(3)
低い代のコントラクトをディフェンスする(4)
低い代のコントラクトをディフェンスする(5)
低い代のコントラクトをディフェンスする(6)
低い代のコントラクトをディフェンスする(7)
低い代のコントラクトをディフェンスする(8)
低い代のコントラクトをディフェンスする(9)
低い代のコントラクトをディフェンスする(10)
低い代のコントラクトをディフェンスする(11)
Gimme weakie anytime
Student of the game
7NTダブル(1)
7NTダブル(2)
7NTダブル(3)
連盟から届いた手紙(2)
スコア計算  ダウンしたとき
スコア計算  メイクしたとき(1)
スコア計算  メイクしたとき(2)
ルール・オブ・500
連盟から届いた手紙(3)
スラムアプローチのスタイル
連盟から届いた手紙(4)
ツーウェイ・ニューマイナーフォーシング
Two-way NMF オリジナルバージョン
ふたたびLTCについて
「コントラクト」
テレビ放映
月曜日早朝テレビ放映
不正行為(1)
不正行為(2)
不正行為(3)
連盟から届いた手紙(報告書)
例文表示ドットコム − 入院見舞い編
不正行為(4)
連盟から届いた手紙(5)
連盟と四谷の関係
不正行為(5)
講習会の準備をしていて
不正行為(6)
不正行為(7)
規則違反
「レゾンデートル」
世界選手権出場辞退続出
リードは普通ですか?
ニューズウィーク(米国)ウェブ版
不正行為立証ビデオ
ルーザーで出ています?
教科書プレー(5)
コントラクトを取るサイドを守る
私、四谷の味方です
豚小屋クー
ハンドの強さの表現
私、四谷の味方です(2)
ザ・ニューヨーカー(米国)ウェブ版
シグナルは普通ですか?
アラームクロック・シグナル
アティテュード・シグナル
2016ヨーロッパ選手権
麻雀か?
ディスカードでのシグナル
ディフェンスは難しい
絵札?
クレーム下手
米国ブリッジ連盟会報から
キャッシュ・アンド・スラッシュ(2)
トランプ・プロモーション
不正行為(8)
不正行為(9)
3NTに対するリードショーイング・ダブル
ハンドの評価
フォレスターのパス
シャッフルの回数
6NTは33点?
6NTは33点?(2)
AI
詰将棋
ダブルダミー・プロブレム(1)
ダブルダミー・プロブレム(2)
試合前に何をするか
歳時記
1.睦月   新年リジョナル
        朝日新聞社杯
        2015新年御挨拶
        2016新年御挨拶
        2017新年御挨拶
2.如月   NEC杯
        フェリシモ 猫ブログ
3.弥生   雛祭り
        雛祭り 2013
        春季リジョナル
        渡辺杯
4.卯月   柳谷杯
        サントリー杯
5.皐月   横浜インビテーショナル
6.水無月  世界同時大会
6.水無月  梅雨入り
7.文月   藤山杯
7.文月   梅雨明け
8.葉月   世界選手権2012
        世界選手権2017
9.長月   高松宮記念杯
        世界選手権2013
        里親募集中
        世界選手権2016
        世界選手権2016報告
10.神無月 世界選手権2014
        世界選手権2015
11.霜月  かんぴょう
12.師走  2015年末挨拶
12.師走  ブルーリボン・レッドリボン杯
教室サポート
read me(本章案内)
スタンダードビディング
TWO OVER ONE
ガーバー
MINORWOOD
ヘルプスーツ・ゲームトライ
ヘルプスーツ・ゲームトライ - 追記
RKB ベーシック
RKB バリエーション
2Cオープンとルーザーカウント
2Cオープン - レスポンス
2Cオープン - レスポンス - 追記
2Cオープン - コントロールレスポンス
コキッシュリレー
パペットステイマン
絵札シングルトンではスプリンターしない?
アスキングとショーイング
Hi-Lo キュービッド
レベンソール(1)
レベンソール(2)
レベンソール(3)
高レベル・ノートランプシークエンス
サンドイッチ・ポジション(前半)
サンドイッチ・ポジション(後半)
アンユージュアル NT(1)
アンユージュアル NT(2)
リバース(1)
リバース(2)
リバース(3)
リバース(4)
5NT スペシフィック・キング
5NT グランドスラム・フォース
Five of a major as a slam-try(1)
Five of a major as a slam-try(2)
Five of a major as a slam-try(3)
Five of a major as a slam-try(4)
『メジャー優先』
『メジャー優先』再び
ミックスド・レイズ
フィットジャンプ
フィットジャンプ(2)
スタンダード・メジャーレイズ(1)
スタンダード・メジャーレイズ(2)
スタンダード・メジャーレイズ(3)
コンベンショナル・メジャーレイズ(1)
コンベンショナル・メジャーレイズ(2)
コンベンショナル・メジャーレイズ(3)
コンベンショナル・メジャーレイズ(4)
レスポンダーのリビッド
フォーシングノートランプ後の展開
1NTオープンにペナルティダブルがかかった
Two-way NMF 清水教室仕様(1)
Two-way NMF 清水教室仕様(2)
3枚スーツをビッドする
4番手のオープン
テークアウトダブルのアドバンス
テークアウトダブルのアドバンス(2)
メジャーを言うかマイナーを言うか
サクリファイスに備える
猛烈に強いツースーター
トランプエコー
トランプ・スーツプリファランス・シグナル
トランプ・スーツプリファランス・シグナル(2)
スミス・エコー
リバース・スミス
サンドイッチ・ポジション(1)
サンドイッチ・ポジション(2)
サンドイッチ・ポジション(3)
5枚メジャーでの1NTオープン(1)
5枚メジャーでの1NTオープン(2)
テークアウトダブルのアドバンス
3枚メジャーのリミットレイズ(1)
3枚メジャーのリミットレイズ(2)
4番手のオープン(2)
グランドスラム・フォース(1)
研究室
read me(本章案内)
米国ブルーリボン優勝ペアシステム
EXCLUSION BLACKWOOD
EXCLUSION BLACKWOOD - 2
RKB エクステンション
RKB エクステンション - 2
BLUHMER
BLUHMER(2)
フォンドラセック現象
2Cオープン - LTC
世界選手権2012から
2オーバー1 GF 概要
2オーバー1 ALMOST GF
2オーバー1 INSTANT GF
2オーバー1 GF 関連ビッドシークエンス
Fifth-suit forcing
Briar Patch Coup
5 - 4 メジャー
オープナーリビッド2NT
アンユージュアル NT(3)
アンユージュアル NT(4)
コンピュータシミュレーション
4-4フィット対5-3フィット
4333でステイマン?
1NTオープンに8点でどうする?
オープニングリードシミュレーション
4の代のマイナーで止まる
4の代のマイナーで止まる(続き)
4の代のマイナーで止まる(続き2)
5NT ピック・ア・スラム
スーパーネガティブ・レスポンスの後の展開
フォーシングノートランプ後の展開(2)
マイケルズキュービッドのレスポンス
Two-way NMF
Two-way NMF(2)
Two-way NMF(3)
みたびLTCについて
Third and lowest
Rusinow
Second-fourth
Queen from KQ109
Zero or two higher
メジャーを言うかマイナーを言うか(2)
メジャーを言うかマイナーを言うか(3)
自分のスーツを「キュービッド」する
4の代でのオポーネントスーツのキュービッド
4の代でのオポーネントスーツのキュービッド(2)
猛烈に強いツースーター(2)
ビンジェ・シグナル
スーツプリファランス・シグナル特殊編
サードハンド・プレー特殊編
アップサイドダウン・シグナル特殊編
スミス・エコー関連ディール
オッドイーブン・シグナル
オッドイーブン・ファースト・ディスカード
サンドイッチ・ポジション(4)
敵の「2オーバー1」への介入
5枚メジャーでの1NTオープン(3)
メジャーを言うかマイナーを言うか(4)
世界選手権に提出されたコンベンションカードから
ブリッジ・ワールド・スタンダード(BWS)
BWS1968
BWS1984
BWS1994
BWS2001
BWS2017
BWS2017を使ってみた
対戦相手の4の代のメジャービッドに対抗する
対戦相手の4の代のメジャービッドに対抗する(2)
フォンドラセック現象(2)
リバース(5)
リバース(6)
グランドスラム・フォース(2)
グランドスラム・フォース(3)