BWS2017を使ってみた2017年03月
 清水のブリッジブログ

     暮しの手帖 みたいな題ですが。
     この記事は BWS2017 の続きです。

     Bridge World Standard 2017
     米国「The Bridge World」誌が今年から採用するビディング・システム
     です。これを何人かのパートナーにお願いして、使ってみました。
     2016年12月と2017年1月の日本リーグ、2017年1月の朝日新聞
     社杯、2月のNEC杯。全部で500ボード弱。
     トータルトリックの法則で有名な米国のラリー・コーエン(Larry Cohen)
     に言わせると、春夏秋に開催される北米選手権(North American
     Bridge Championship)はそれぞれの会期が10日間くらいですが。
     これに参加して1回も出てこないコンベンションは使わなくてもいいん
     じゃないかと。ボード数でいうと500位です。

     BWS2001とBWS2017の大きな違いは、
     2001では「2オーバー1(Two-over-one)」は「ほとんど(almost)・
     ゲームフォーシング」で、レスポンダーが同じスーツを3の代でリビッド
     すると良い6枚のインビテーションハンドを表す約束だったのが、
     2017では「2オーバー1(Two-over-one)」は「完全に(absolute)・
     ゲームフォーシング」になったことです。
     では「良い6枚のインビテーションハンド」はどうするかというと、3の代に
     ジャンプシフトします。「1Sオープンに対する3C/3D/3Hレスポンス」、
     「1Hオープン → 3C/3Dレスポンス」、「1D → 3Cレスポンス」です。

     では実際に500ボードやってみてどうだったか?
     驚いたことに、このビッドは1回も出ませんでした。

     いわゆる“Almost”には“Two-over-one 99% game forcing”という
     名前を付けている人もいるくらいで、あまり出てこないのですが。
     これほどとは思いませんでした。

     こういうときは往々にして反対側に「手」が行くもので。
N
ディーラ
KQ954
K854
83
A9
S
J10
J3
K42
KQJ1082

   2017年2月 内藤杯 
   第3セッション 13番ボード
   チーム戦、双方バル

   1Sオープンに対して3C
   レスポンスがちょうど良く、
   最終コントラクトとしても適正です。





     では次のハンドは?
     米国「ザ・ブリッジワールド」誌 2017年2月号
WNES
1P
S
レスポンダー
---
102
9872
AJ109542
     ペア戦、ノンバルです。
     パートナーとの取り決めは、3Dはweak、2Cはゲーム・フォーシング、
     3Cはインビテーション。
     あなたならどうしますか?

     パネル回答者は全24名。18名が3Cを選びました。
     ゲーム・インビテーションの強さを表しますが、対戦相手の9枚以上
     のSフィットをプリエンプトする狙いもあります。オープナーから3NT
     が返ってきたら、4Cを言うか4Dを言うかが微妙なところ。
     他の回答者の選択は、4名が3D、2名が1NTでした。



     BWSではマイナーオープンに対する2Hと2Sのレスポンスは
     「リバース・フラナリー・タイプ」になっています。すなわち5枚S
     4枚(以上)のH。2Hは弱く、2Sはインビテーションの強さ。
     このコンベンションは意外によく出て来るようです。

     2017年1月 日本リーグ 第11ラウンド 24番ボード
W
ディーラ
8
AQ95
Q10643
K98
E
K9653
10863
A
J102
     チーム戦。ディーラWest、ノンバルです。
WNES
1P2P
PP
   2HS5&H
        under
        invitational
        strength
     特に劇的なこともなく。
     Northのハンドは: SAQ4 HKJ4 D9852 CQ54。
     2Hはジャストメイク。



     1NTオープンのレスポンスでは、3Cはマイナーズで弱く、3D
     マイナーズでバランス気味のゲーム・フォーシング、3Hと3S
     マイナーズでショート・スーツを表します。マイナー・2スーターの
     ビッドに3の代すべてを与えるのはいかがなものかと思いますが。

     2017年1月 日本リーグ 第12ラウンド 10番ボード
W
A6
J
KQJ63
K9643
E
ディーラ
K3
AQ65
984
AQJ8
     チーム戦。ディーラEast、双方バルです。
WE
1NT
34
4NT5
6P


   3H = minors
        Hshort

   簡単に6メイクです。

WE
1NT
23
34
4NT5
6P

   2S = mss
   3C = 4+C
   3HHshort
   4C = trump set
   のようにもビッドできます。



     競り合いでは以下のビッドが。

     2017年1月 朝日新聞社杯 第8ラウンド 17番ボード
W
---
Q8752
KQJ8743
K
N
ディーラ
J942
A6
A109
J986
E
73
J943
---
AQ107532
S
AKQ10865
K10
652
4
     チーム戦。ディーラNorth、ノンバルです。
WNES
133
P4AllPass

   3CCPRE


     CKのリードに対して、EastはC7411、7420のいずれの分かれでも
     アティテュード・シグナルは意味が無いので、Dスーツプリファランス・
     シグナルの「2」をフォロー。DKのシフトが、ダミーのエースを切り落とし
     ます。続くEastのCをディクレアラーは切り、トランプを狩り集めながら
     Cを1回ラフして、HAKをエリミネーション。ダミーから4枚目のCを引き、
     手元のDをルーザーオンルーザーしながらEastにスローイン(throw-in)。
     結果的に4SDリードだけダウン。EW側には5Hまで出来るようです。



     ピック・ア・スラム(pick-a-slam)は何回も出てきました。
     このコンベンションについては記事 5NT ピック・ア・スラム
     参照してください。

     2017年1月 朝日新聞社杯 第4ラウンド 12番ボード
N
QJ7
A104
A
AJ7653
S
AK10542
K2
93
K82
   ディーラWest、NSバル
WNES
P133
55NTP6
P6P7
AllPass
     5NT = pick-a-slam

     スクイズは無く。Cのフィネスが
     右手の「Q104」に抜けて
     ワン・ダウンでした。

     改善の余地があったかというと、「ピック・ア・スラム」に「ラスト・トレイン
     (last train)」を組み合わせればよかったのではないかと。すなわち、
WNES
P133
55NTP6
P
     5NTは「ピック・ア・スラム」。
     6Dのキュービッドはグランドスラムに興味あり。
     ここでNorthは実際のように「6S」をビッドすると、シックス止まり。
     もっと強いハンドのときには「ラスト・トレイン」で6Hをビッドして、
     セブンに興味があることを伝えるのではないかと。
     これまでに見聞きしたことの無い組み合わせです。
     「ラスト・トレイン」は、記事 スラムアプローチのスタイルに出てきます。



     この他、2Cオープン後のコキッシュ・リレー(Birthright)は何回か。
     オープナーの1NTリビッド後の Two-way New Minor Forcingも
     何回か登場。
     BWSとは関係ありませんが、2NTオープン後にウォルシュ(Walsh)・
     ダブル・リレーでのマイナーのスラムがありました。

     2017年1月 朝日新聞社杯 第8ラウンド 1番ボード
W
AK1086
AQ5
AK3
J2
E
Q
864
Q87654
K87
     チーム戦。ディーラNorth、ノンバルです。
WNES
PPP
2P2P
2NTP3P
3P3P
3NTP4P
4P4P
4NTP5P
6AllPass



   2NT = 22〜24(と評価)
   3D = TRF H
   3S = PUPP 3NT
   4D = 5+D GF
   4H/4S = CTRL


     Southのハンドは: S753 H1032 DJ10 CQ6543。
     6Dは何のリードでもメイクするようです。



     ビッドでは無いのですが、珍しいところで「スーツプリファランス・ジャック」
     が出て来ました。
     スーツプリファランス・シグナル特殊編 を参照してください。

     2017年1月 朝日新聞社杯 第4ラウンド 17番ボード
W
K82
J9764
J102
32
N
1064
A3
K863
A1085
E
ディーラ
AQJ53
KQ105
AQ74
---
S
97
82
95
KQJ9764
     ボードを回転させて、ディーラEast。ノンバルです。
WNES
13
P5DBLP
PP

   5Cx by S
   OL.S


     EastはSリードをエースで取り、「SJ」を返します。
     ジャックは「スーツプリファランス = Lo」、すなわちDを示唆。
     Westはキングでオーバーテークして、Dにシフトします。



戻る
最新記事
5月の記事
クレーム下手
絵札?
1月の記事
ダミー(3)
スコア計算関係
「ダブル」の出し方
ダミー(2)
御挨拶と自己紹介
御挨拶と自己紹介
当ブログについて
お礼とお知らせ
ウィンドウズ10
記事一覧
ジャックは何故に「ジャック」か?
ジャックは何故に「ジャック」か? - 追記
ミッドリング
キャッシュ・アンド・スラッシュ
007 ハンド
ビディングボックス
ビディングボックス - 追記
ブロック
サマセット・モーム
スポーツ?
ボトルボトム
ストッパー
4-4 マイナー
リバース?
バイパス
ダブルボイド
ネバー ギブアップ
ネバーギブアップ - 2
段級位制
アラート
ストップカード
Beautiful Defense
教科書プレー
教科書プレー - 2
Textbook Play Revisited
教科書プレー - 3
教科書プレー - 4
ハンドのビジュアル化
近況報告
ワンスーター
禁じ手
87%
私、ディレクターの味方です
上告委員は不愉快です
ウィナーを数える
坂の上の雲
メリーマック・クー
スタンダードとは?
黄金週間の迷言
普及です
場末の居酒屋か?
コンプライアンス
舟を編む
「ダブル」の出し方
カードを持つと人格が変わる?
日本リーグでのビッド(1)
日本リーグでのビッド(2)
日本リーグでのビッド(3)
日本リーグでのビッド(4)
外国でブリッジをするとき
ブリッジの和製英語
連盟から届いた手紙
マキシマル オーバーコール・ダブル
くわばらくわばら
低い代のコントラクトをディフェンスする(1)
低い代のコントラクトをディフェンスする(2)
低い代のコントラクトをディフェンスする(3)
低い代のコントラクトをディフェンスする(4)
低い代のコントラクトをディフェンスする(5)
低い代のコントラクトをディフェンスする(6)
低い代のコントラクトをディフェンスする(7)
低い代のコントラクトをディフェンスする(8)
低い代のコントラクトをディフェンスする(9)
低い代のコントラクトをディフェンスする(10)
低い代のコントラクトをディフェンスする(11)
Gimme weakie anytime
Student of the game
7NTダブル(1)
7NTダブル(2)
7NTダブル(3)
連盟から届いた手紙(2)
スコア計算  ダウンしたとき
スコア計算  メイクしたとき(1)
スコア計算  メイクしたとき(2)
ルール・オブ・500
連盟から届いた手紙(3)
スラムアプローチのスタイル
連盟から届いた手紙(4)
ツーウェイ・ニューマイナーフォーシング
Two-way NMF オリジナルバージョン
ふたたびLTCについて
「コントラクト」
テレビ放映
月曜日早朝テレビ放映
不正行為(1)
不正行為(2)
不正行為(3)
連盟から届いた手紙(報告書)
例文表示ドットコム − 入院見舞い編
不正行為(4)
連盟から届いた手紙(5)
連盟と四谷の関係
不正行為(5)
講習会の準備をしていて
不正行為(6)
不正行為(7)
規則違反
「レゾンデートル」
世界選手権出場辞退続出
リードは普通ですか?
ニューズウィーク(米国)ウェブ版
不正行為立証ビデオ
ルーザーで出ています?
教科書プレー(5)
コントラクトを取るサイドを守る
私、四谷の味方です
豚小屋クー
ハンドの強さの表現
私、四谷の味方です(2)
ザ・ニューヨーカー(米国)ウェブ版
シグナルは普通ですか?
アラームクロック・シグナル
アティテュード・シグナル
2016ヨーロッパ選手権
麻雀か?
ディスカードでのシグナル
ディフェンスは難しい
絵札?
クレーム下手
米国ブリッジ連盟会報から
キャッシュ・アンド・スラッシュ(2)
トランプ・プロモーション
不正行為(8)
不正行為(9)
3NTに対するリードショーイング・ダブル
ハンドの評価
歳時記
1.睦月   新年リジョナル
        朝日新聞社杯
        2015新年御挨拶
        2016新年御挨拶
        2017新年御挨拶
2.如月   NEC杯
        フェリシモ 猫ブログ
3.弥生   雛祭り
        雛祭り 2013
        春季リジョナル
        渡辺杯
4.卯月   柳谷杯
        サントリー杯
5.皐月   横浜インビテーショナル
6.水無月  世界同時大会
6.水無月  梅雨入り
7.文月   藤山杯
7.文月   梅雨明け
8.葉月   世界選手権2012
9.長月   高松宮記念杯
        世界選手権2013
        里親募集中
        世界選手権2016
        世界選手権2016報告
10.神無月 世界選手権2014
        世界選手権2015
11.霜月  かんぴょう
12.師走  2015年末挨拶
12.師走  ブルーリボン・レッドリボン杯
教室サポート
read me(本章案内)
スタンダードビディング
TWO OVER ONE
ガーバー
MINORWOOD
ヘルプスーツ・ゲームトライ
ヘルプスーツ・ゲームトライ - 追記
RKB ベーシック
RKB バリエーション
2Cオープンとルーザーカウント
2Cオープン - レスポンス
2Cオープン - レスポンス - 追記
2Cオープン - コントロールレスポンス
コキッシュリレー
パペットステイマン
絵札シングルトンではスプリンターしない?
アスキングとショーイング
Hi-Lo キュービッド
レベンソール(1)
レベンソール(2)
レベンソール(3)
高レベル・ノートランプシークエンス
サンドイッチ・ポジション(前半)
サンドイッチ・ポジション(後半)
アンユージュアル NT(1)
アンユージュアル NT(2)
リバース(1)
リバース(2)
リバース(3)
リバース(4)
5NT スペシフィック・キング
5NT グランドスラム・フォース
Five of a major as a slam-try(1)
Five of a major as a slam-try(2)
Five of a major as a slam-try(3)
Five of a major as a slam-try(4)
『メジャー優先』
『メジャー優先』再び
ミックスド・レイズ
フィットジャンプ
フィットジャンプ(2)
スタンダード・メジャーレイズ(1)
スタンダード・メジャーレイズ(2)
スタンダード・メジャーレイズ(3)
コンベンショナル・メジャーレイズ(1)
コンベンショナル・メジャーレイズ(2)
コンベンショナル・メジャーレイズ(3)
コンベンショナル・メジャーレイズ(4)
レスポンダーのリビッド
フォーシングノートランプ後の展開
1NTオープンにペナルティダブルがかかった
Two-way NMF 清水教室仕様(1)
Two-way NMF 清水教室仕様(2)
3枚スーツをビッドする
4番手のオープン
テークアウトダブルのアドバンス
テークアウトダブルのアドバンス(2)
メジャーを言うかマイナーを言うか
サクリファイスに備える
猛烈に強いツースーター
トランプエコー
トランプ・スーツプリファランス・シグナル
トランプ・スーツプリファランス・シグナル(2)
スミス・エコー
リバース・スミス
サンドイッチ・ポジション(1)
サンドイッチ・ポジション(2)
サンドイッチ・ポジション(3)
5枚メジャーでの1NTオープン(1)
5枚メジャーでの1NTオープン(2)
テークアウトダブルのアドバンス
研究室
read me(本章案内)
米国ブルーリボン優勝ペアシステム
EXCLUSION BLACKWOOD
EXCLUSION BLACKWOOD - 2
RKB エクステンション
RKB エクステンション - 2
BLUHMER
BLUHMER(2)
フォンドラセック現象
2Cオープン - LTC
世界選手権2012から
2オーバー1 GF 概要
2オーバー1 ALMOST GF
2オーバー1 INSTANT GF
2オーバー1 GF 関連ビッドシークエンス
Fifth-suit forcing
Briar Patch Coup
5 - 4 メジャー
オープナーリビッド2NT
アンユージュアル NT(3)
アンユージュアル NT(4)
コンピュータシミュレーション
4-4フィット対5-3フィット
4333でステイマン?
1NTオープンに8点でどうする?
オープニングリードシミュレーション
4の代のマイナーで止まる
4の代のマイナーで止まる(続き)
4の代のマイナーで止まる(続き2)
5NT ピック・ア・スラム
スーパーネガティブ・レスポンスの後の展開
フォーシングノートランプ後の展開(2)
マイケルズキュービッドのレスポンス
Two-way NMF
Two-way NMF(2)
Two-way NMF(3)
みたびLTCについて
Third and lowest
Rusinow
Second-fourth
Queen from KQ109
Zero or two higher
メジャーを言うかマイナーを言うか(2)
メジャーを言うかマイナーを言うか(3)
自分のスーツを「キュービッド」する
4の代でのオポーネントスーツのキュービッド
4の代でのオポーネントスーツのキュービッド(2)
猛烈に強いツースーター(2)
ビンジェ・シグナル
スーツプリファランス・シグナル特殊編
サードハンド・プレー特殊編
アップサイドダウン・シグナル特殊編
スミス・エコー関連ディール
オッドイーブン・シグナル
オッドイーブン・ファースト・ディスカード
サンドイッチ・ポジション(4)
敵の「2オーバー1」への介入
5枚メジャーでの1NTオープン(3)
メジャーを言うかマイナーを言うか(4)
世界選手権に提出されたコンベンションカードから
ブリッジ・ワールド・スタンダード(BWS)
BWS1968
BWS1984
BWS1994
BWS2001
BWS2017
BWS2017を使ってみた
対戦相手の4の代のメジャービッドに対抗する
対戦相手の4の代のメジャービッドに対抗する(2)
フォンドラセック現象(2)