不正行為(5)2015年09月
 清水のブリッジブログ

     国内のことに気を揉んでいる間に、世界には激震が走っていました。
     8月24日、米国ウェブサイト「ブリッジ・ウィナーズ」が以下の記事を発表。

     2014年のスピンゴールド杯とライジンガー杯を優勝したチームのうち
     4人のメンバー(ボイエ・ブログランド、アラン・グレーブス、エスペン・
     リンドクヴィスト、リッチー・シュワルツ)が、2014年から15年にかけて
     ロータン・フィッシャー、ロン・シュワルツとともに獲得したタイトルの返上
     を申し出。ブログランドは今朝の「ブリッジ・ウィナーズ」に声明文を発表。

       「もしチームに不正行為を働いたペアがいたとしたら、共に獲得した
       マスターポイント、シードポイント、タイトルは返上するべきではない
       でしょうか。シュワルツ・チーム(リッチー・シュワルツ、アラン・グレー
       ブス、エスペン・リンドクヴィスト、ボイエ・ブログランド)は過去2期の
       2014年と15年に獲得したスピンゴールド杯、ライジンガー杯とジャ
       コビースイス杯を返上することに決めました。
       我々はブリッジはクリーンなゲームであるべきと信じており、ブリッジ
       のゲームを愛してやまないです。」

     ブリッジ・ウィナーズ → 「2014年スピンゴールド杯勝者が辞退を申し出」

     日本国内では9月始めに連盟競技委員会が開催されました。懸案事項
     が討議されるわけです。競技委員会が調査結果及び委員会見解100
     ページでも提出したなら、拍手喝采だろうに。残念なことです。
     また、競技事業部担当理事が意見交換の為に同席されるそうで。
     この米国の事件のことを、とうとうと話して行かれたと。
     残念ながら声明文にも「身を律する」という言い回しは見当たらないです。

     米国の話に戻って。
     チームメイトのアラン・グレーブスとリッチー・シュワルツは「ブリッジ・ウィ
     ナーズ」の取材に対して、声明を支持していることを明らかにしました。
     グレーブスは「心の底から(wholeheartedly)支持している」と語りました。

     我々が見習って良いのは、このモラルの高さでしょう。

     8月29日、告発ウェブサイト Bridge Cheaters 立ちあげ。
         チームメイトだったとき、「噂」を聞いた。
         対戦相手となったとき、怪しいと思った。
         改めてBBOの記録を見ると、パンドラの箱を開けたようだった、
         とブログランドは書いています。

     8月30日、ACBL会長が「ブリッジ・ウィナーズ」に於いて意見表明。
         リンク → ACBL会長声明

     8月31日、ノルウェーブリッジ連盟はヨーロッパブリッジ連合に対して
         正式調査を要求。
         リンク → ノルウェーブリッジ連盟ウェブサイト関連記事(ノルウェー語)
         リンク → ノルウェーブリッジ連盟提出文書(英語)

     8月31日、イスラエルブリッジ連盟は特別倫理審査委員会(Special Ethics
         Committee)を発足。
         リンク → イスラエルブリッジ連盟公式サイト(ヘブライ語)
         リンク → 特別倫理審査委員会文書(英語)
         9月30日までに国内外からの情報提供を呼びかけ。
         これに対する被疑者ペア「ロータン・フィッシャー、ロン・シュワルツ」側
         の回答期限を10月30日に設定。
         回答があってから30日以内に(一般公開の)「公聴会」を開き、
         ブリッジ連盟としての結論を下します。
         関連リンク→ ブリッジ・ウィナーズ「イスラエルブリッジ連盟発表」

     9月1日、被疑者ペア「ロータン・フィッシャー、ロン・シュワルツ」は弁護士
         を通じて100万米ドルの損害賠償を請求。
         リンク → 弁護士からの通知書

     9月2日、オーストラリアのイシュマエル・デルモンテ(Ishmael Del'Monte、
         通称「ケチャップ」、日本のプレーヤー達とも親しい人です)が暗号
         コードを解読したと「ブリッジ・ウイナーズ」に投稿。
         リンク → コード解読

     方々の情報を総合すると、ペアの不正な意思疎通の手段は、自分の服を
     引っ張る、咳をする、ペットボトルを動かす、椅子を動かす、テーブル上の
     肘の位置、口に手を当てる、耳を掻く、ビッディングトレーを引き上げる側、
     ビディングトレーを引き上げる速さ、ビディングトレーからボードを置く位置、
     あの手この手。

     9月4日、米国のキット・ウールジー(Kit Woolsey)が試合記録により暗号
         コードを裏付け。
         リンク → ハンガリーとイスラエルの対戦

     9月5日、イスラエルブリッジ連盟は世界選手権バミューダボウルの
         参加辞退を表明。
         リンク → イスラエルブリッジ連盟発表


     不正疑惑が挙がったとき。
     ブリッジ界はこのような対応を見せます。


     参考(1) 全米選手権について
         全米選手権試合はフライトABCなどの無い、単一フライトです。
         昨今は世界各国からトップペアが参戦するので、世界選手権
         バミューダボゥルよりもレベルが高いと言われています。
         スピンゴールド杯は、日本では文部科学大臣杯の競技方式。
         同じ対戦相手チームと1日64ボード、7日間のトーナメント方式
         の試合です。
         ライジンガー杯は、日本では藤山杯と同じボード・ア・マッチの
         採点方式。予選、準決勝、決勝の3日間。極めてレベルが高い
         ので、参加チームが少ないです。

     参考(2) シードポイントについて
         全米チーム選手権試合のシードポイントは、マスターポイントと
         前年度の全米(ノックアウト方式)チーム選手権の結果から計算
         されます。米国外からの参加者についてはWBFマスターポイント
         などを参考に計算されます。いずれも担当委員会が最終的な
         決定をします。詳しくはリンク →  ACBL試合補足要項
         米国内に於けるシードポイント制度に関する議論については、以下を。
         リンク → ブリッジ・ウィナーズ「シードポイント制度の悪循環」

         なお米国ブリッジ連盟に於いては、一般競技会は「シードポイント」
         ではなく「マスターポイント」でフライト分けされます。
         JCBLもシードポイントの計算方式を変えるなら、マスターポイント
         方式に切り替えすればよかったのではと思います。

     参考(3) シュワルツ・チームについて
         リッチー・シュワルツ(Richard Schwartz)は72歳、スポンサー。
         アラン・グレーブス(Allan Graves)は66歳、カナダのプレーヤー。
         ボイエ・ブログランド(Boye Brogeland)は42歳、エスペン・リンド
         クヴィスト(Espen Lindqvist)は31歳、ともにノルウェーのプレーヤー。
         ノルウェーは2007年の世界選手権を制したブリッジ強国です。
         なお Brogeland は、ノルウェーでは「ブロゲラン」と発音するようです。

     参考(4) 糾弾されているペアについて
         ロータン・フィッシャー(Lotan Fisher)とロン・シュワルツ(Ron Haim
         Schwartz)はイスラエルの若手ペア。2010年のジュニアチーム
         選手権チャンピオン。このペアに関する最近の動向ついては、
         リンク → ウェブサイト「ニュー・イン・ブリッジ」の記事


     全米や世界選手権は準々決勝くらいから全てビデオ撮影されます。
     ブログランドは、まだ手始めで証拠を順次に挙げていくと明言して
     いますから。不正行為の証拠を嫌というほど突きつけられて、
     この若者達はボロボロにされて行くのでしょう。
     周りの友人達は「ブリッジをやめろ」と言ってあげるべきだと思います。
     しかしながら不正行為を認めると、
     方々から巨額の損害賠償を請求されますから。
     せめて嫌疑不十分で「引き分け」に持ち込むのに必死なのでしょう。
     哀れと思います。



戻る
最新記事
5月の記事
クレーム下手
絵札?
1月の記事
ダミー(3)
スコア計算関係
「ダブル」の出し方
ダミー(2)
御挨拶と自己紹介
御挨拶と自己紹介
当ブログについて
お礼とお知らせ
ウィンドウズ10
記事一覧
ジャックは何故に「ジャック」か?
ジャックは何故に「ジャック」か? - 追記
ミッドリング
キャッシュ・アンド・スラッシュ
007 ハンド
ビディングボックス
ビディングボックス - 追記
ブロック
サマセット・モーム
スポーツ?
ボトルボトム
ストッパー
4-4 マイナー
リバース?
バイパス
ダブルボイド
ネバー ギブアップ
ネバーギブアップ - 2
段級位制
アラート
ストップカード
Beautiful Defense
教科書プレー
教科書プレー - 2
Textbook Play Revisited
教科書プレー - 3
教科書プレー - 4
ハンドのビジュアル化
近況報告
ワンスーター
禁じ手
87%
私、ディレクターの味方です
上告委員は不愉快です
ウィナーを数える
坂の上の雲
メリーマック・クー
スタンダードとは?
黄金週間の迷言
普及です
場末の居酒屋か?
コンプライアンス
舟を編む
「ダブル」の出し方
カードを持つと人格が変わる?
日本リーグでのビッド(1)
日本リーグでのビッド(2)
日本リーグでのビッド(3)
日本リーグでのビッド(4)
外国でブリッジをするとき
ブリッジの和製英語
連盟から届いた手紙
マキシマル オーバーコール・ダブル
くわばらくわばら
低い代のコントラクトをディフェンスする(1)
低い代のコントラクトをディフェンスする(2)
低い代のコントラクトをディフェンスする(3)
低い代のコントラクトをディフェンスする(4)
低い代のコントラクトをディフェンスする(5)
低い代のコントラクトをディフェンスする(6)
低い代のコントラクトをディフェンスする(7)
低い代のコントラクトをディフェンスする(8)
低い代のコントラクトをディフェンスする(9)
低い代のコントラクトをディフェンスする(10)
低い代のコントラクトをディフェンスする(11)
Gimme weakie anytime
Student of the game
7NTダブル(1)
7NTダブル(2)
7NTダブル(3)
連盟から届いた手紙(2)
スコア計算  ダウンしたとき
スコア計算  メイクしたとき(1)
スコア計算  メイクしたとき(2)
ルール・オブ・500
連盟から届いた手紙(3)
スラムアプローチのスタイル
連盟から届いた手紙(4)
ツーウェイ・ニューマイナーフォーシング
Two-way NMF オリジナルバージョン
ふたたびLTCについて
「コントラクト」
テレビ放映
月曜日早朝テレビ放映
不正行為(1)
不正行為(2)
不正行為(3)
連盟から届いた手紙(報告書)
例文表示ドットコム − 入院見舞い編
不正行為(4)
連盟から届いた手紙(5)
連盟と四谷の関係
不正行為(5)
講習会の準備をしていて
不正行為(6)
不正行為(7)
規則違反
「レゾンデートル」
世界選手権出場辞退続出
リードは普通ですか?
ニューズウィーク(米国)ウェブ版
不正行為立証ビデオ
ルーザーで出ています?
教科書プレー(5)
コントラクトを取るサイドを守る
私、四谷の味方です
豚小屋クー
ハンドの強さの表現
私、四谷の味方です(2)
ザ・ニューヨーカー(米国)ウェブ版
シグナルは普通ですか?
アラームクロック・シグナル
アティテュード・シグナル
2016ヨーロッパ選手権
麻雀か?
ディスカードでのシグナル
ディフェンスは難しい
絵札?
クレーム下手
米国ブリッジ連盟会報から
キャッシュ・アンド・スラッシュ(2)
トランプ・プロモーション
不正行為(8)
不正行為(9)
3NTに対するリードショーイング・ダブル
ハンドの評価
フォレスターのパス
歳時記
1.睦月   新年リジョナル
        朝日新聞社杯
        2015新年御挨拶
        2016新年御挨拶
        2017新年御挨拶
2.如月   NEC杯
        フェリシモ 猫ブログ
3.弥生   雛祭り
        雛祭り 2013
        春季リジョナル
        渡辺杯
4.卯月   柳谷杯
        サントリー杯
5.皐月   横浜インビテーショナル
6.水無月  世界同時大会
6.水無月  梅雨入り
7.文月   藤山杯
7.文月   梅雨明け
8.葉月   世界選手権2012
9.長月   高松宮記念杯
        世界選手権2013
        里親募集中
        世界選手権2016
        世界選手権2016報告
10.神無月 世界選手権2014
        世界選手権2015
11.霜月  かんぴょう
12.師走  2015年末挨拶
12.師走  ブルーリボン・レッドリボン杯
教室サポート
read me(本章案内)
スタンダードビディング
TWO OVER ONE
ガーバー
MINORWOOD
ヘルプスーツ・ゲームトライ
ヘルプスーツ・ゲームトライ - 追記
RKB ベーシック
RKB バリエーション
2Cオープンとルーザーカウント
2Cオープン - レスポンス
2Cオープン - レスポンス - 追記
2Cオープン - コントロールレスポンス
コキッシュリレー
パペットステイマン
絵札シングルトンではスプリンターしない?
アスキングとショーイング
Hi-Lo キュービッド
レベンソール(1)
レベンソール(2)
レベンソール(3)
高レベル・ノートランプシークエンス
サンドイッチ・ポジション(前半)
サンドイッチ・ポジション(後半)
アンユージュアル NT(1)
アンユージュアル NT(2)
リバース(1)
リバース(2)
リバース(3)
リバース(4)
5NT スペシフィック・キング
5NT グランドスラム・フォース
Five of a major as a slam-try(1)
Five of a major as a slam-try(2)
Five of a major as a slam-try(3)
Five of a major as a slam-try(4)
『メジャー優先』
『メジャー優先』再び
ミックスド・レイズ
フィットジャンプ
フィットジャンプ(2)
スタンダード・メジャーレイズ(1)
スタンダード・メジャーレイズ(2)
スタンダード・メジャーレイズ(3)
コンベンショナル・メジャーレイズ(1)
コンベンショナル・メジャーレイズ(2)
コンベンショナル・メジャーレイズ(3)
コンベンショナル・メジャーレイズ(4)
レスポンダーのリビッド
フォーシングノートランプ後の展開
1NTオープンにペナルティダブルがかかった
Two-way NMF 清水教室仕様(1)
Two-way NMF 清水教室仕様(2)
3枚スーツをビッドする
4番手のオープン
テークアウトダブルのアドバンス
テークアウトダブルのアドバンス(2)
メジャーを言うかマイナーを言うか
サクリファイスに備える
猛烈に強いツースーター
トランプエコー
トランプ・スーツプリファランス・シグナル
トランプ・スーツプリファランス・シグナル(2)
スミス・エコー
リバース・スミス
サンドイッチ・ポジション(1)
サンドイッチ・ポジション(2)
サンドイッチ・ポジション(3)
5枚メジャーでの1NTオープン(1)
5枚メジャーでの1NTオープン(2)
テークアウトダブルのアドバンス
研究室
read me(本章案内)
米国ブルーリボン優勝ペアシステム
EXCLUSION BLACKWOOD
EXCLUSION BLACKWOOD - 2
RKB エクステンション
RKB エクステンション - 2
BLUHMER
BLUHMER(2)
フォンドラセック現象
2Cオープン - LTC
世界選手権2012から
2オーバー1 GF 概要
2オーバー1 ALMOST GF
2オーバー1 INSTANT GF
2オーバー1 GF 関連ビッドシークエンス
Fifth-suit forcing
Briar Patch Coup
5 - 4 メジャー
オープナーリビッド2NT
アンユージュアル NT(3)
アンユージュアル NT(4)
コンピュータシミュレーション
4-4フィット対5-3フィット
4333でステイマン?
1NTオープンに8点でどうする?
オープニングリードシミュレーション
4の代のマイナーで止まる
4の代のマイナーで止まる(続き)
4の代のマイナーで止まる(続き2)
5NT ピック・ア・スラム
スーパーネガティブ・レスポンスの後の展開
フォーシングノートランプ後の展開(2)
マイケルズキュービッドのレスポンス
Two-way NMF
Two-way NMF(2)
Two-way NMF(3)
みたびLTCについて
Third and lowest
Rusinow
Second-fourth
Queen from KQ109
Zero or two higher
メジャーを言うかマイナーを言うか(2)
メジャーを言うかマイナーを言うか(3)
自分のスーツを「キュービッド」する
4の代でのオポーネントスーツのキュービッド
4の代でのオポーネントスーツのキュービッド(2)
猛烈に強いツースーター(2)
ビンジェ・シグナル
スーツプリファランス・シグナル特殊編
サードハンド・プレー特殊編
アップサイドダウン・シグナル特殊編
スミス・エコー関連ディール
オッドイーブン・シグナル
オッドイーブン・ファースト・ディスカード
サンドイッチ・ポジション(4)
敵の「2オーバー1」への介入
5枚メジャーでの1NTオープン(3)
メジャーを言うかマイナーを言うか(4)
世界選手権に提出されたコンベンションカードから
ブリッジ・ワールド・スタンダード(BWS)
BWS1968
BWS1984
BWS1994
BWS2001
BWS2017
BWS2017を使ってみた
対戦相手の4の代のメジャービッドに対抗する
対戦相手の4の代のメジャービッドに対抗する(2)
フォンドラセック現象(2)