スラムアプローチのスタイル2015年04月
 清水のブリッジブログ

     IMPチーム戦、バルです。
W
オープナー
Q643
AJ53
AJ9
87
WNES
1P1P
2P3*P
?
   3S = スプリンター

     (イ)何をビッドしますか?
     (ロ)いつも組んでいるあなたのパートナーは何をビッドするでしょうか?





     何をビッドするか決まりましたか?





     米国ブリッジ連盟(ACBL)会報、2008年5月号の問題です。
     パネル回答者(計18名)の意見は、
         4D   9名、
         4H   8名、
         4NT  1名
     でした。4Dのビッドでコントロールキュービッドをする人と、
     4Hのビッドでスラムに興味を示さない人の数がほぼ同数。

     どちらでもいいんだ〜、ということではなくて。
     仮に、キュービッドに積極的な人が「4H」を言ったなら。
     パートナーは「だいぶ駄目だ」と考えます。
     また、キュービッドに消極的な人が「4D」を言ったなら。
     パートナーは「かなり良い」と判断します。
     それがパートナーシップで。
     対戦相手に聞かれたら、
     「いつもはキュービッドをする人が4Hを言ったから、かなり悪い」
     のように説明します。

     だから。
     「今日は4D、明日は4H」ではパートナーが困ってしまう。
     「いつでも消極的(4H)」か、
     「いつでも積極的(4D)」か、
     「いつでも過激(4NT)」か。どれかにして欲しい。

     長年にわたって組んでいるペアが有利なのはまさにこういうところで。
     目新しいコンベンションを取り入れるよりも、ビッドの細かいニュアンスが
     摺り合わせできている方が重要です。
     パートナーを毎年のように替える人は思うような成果が上がらない。

     20年ほど前。
     「俺のパートナーはビッドの再現性が無い。同じハンドで同じオークション
     経過でも、いつも違うビッドをする」と怒っていた人がいて。
     聞いた私は。
     『再現性』か。ドクターは難しい事を言うな〜。
     と思いましたが。
     例のスタップ細胞の件以来、『再現性』という言葉を聞くことが増えました。



     ブリッジのパートナーシップはコンベンションの嗜好が似通っている方が
     うまく行きます。すなわち、ペアの片方がコンベンション大好きでも、
     もう片方がコンベンション嫌いだとペアとしてうまく機能しません。

     ハマン(Bob Hamman)とウルフ(Bobby Wolff)が長年のペアを解消
     したのは、ハマンが複雑なコンベンションを導入しようとしたのに対して、
     ウルフはよりナチュラルなシステムの方が好きだったからです。年齢も
     六十に達した頃だから当然と言えば当然ですが。
     ウルフに逃げられたハマンは当時、世界ブリッジ連合(WBF)マスター
     ポイントランキング1位でした。新しいパートナーに米国ブリッジ連盟
     (ACBL)マスターポイントランキング1位のソロウェイ(Paul Soloway)
     を選びます。ところがほどなくソロウェイは心臓発作で亡くなってしまい。
     ニッケル(Nick Nickell)も、長年のパートナーのフリーマン(Richard
     Freeman)を亡くして、カッツ(Ralph Katz)と組むようになり。
     ハマンはジア・マームッド(Zia Mahmood)と組むのですが。
     結局はスポンサーのニッケルに馘首され。
     代わりに入ったのがワインシュタイン(Steve)とレビン(Bobby)です。
     このペアについては記事 2オーバー1 INSTANT GF にも書きました。

     『ハマンのルール』
     「ビッドの選択肢に3NTがあったら、それを選べ」というのが有名です。
     Hamman’s Law と呼ばれることもあります。ボブ・ハマンの「ボブ」は
     「ロバート」の略称で。戸籍名は「ロバート・ハマン」ですが、ブリッジ界
     ではボブ・ハマンで通っているようです。
     「ハマンのルール」は、ハマンと親しい人達の間では『ロバートのルール
     (Robert’s Rules)』と呼ばれていて。全部で6つあります。
     1. If a number of bids are available and one of them is three
        notrump,that’s the bid.
     いくつものビッドの選択肢があるとき、そのなかのひとつに3NTがあったら、
     それを選べ。(この『ルール』は誤用されることが多いと方々のブリッジ記事
     で指摘されています。)
     2. Never play Robert for the perfect hand.He never has it.
     ロバートが完璧なハンドを持っていると期待するな、持っていた試しが無い。
     3. If everyone at the table seems to be bidding their head off,
        trust them,not Robert.
     テーブル上の誰もが過激にビッドしているときには、ロバートよりも対戦相手
     を信用せよ。
     4. When contemplating a slam,always substract a kimg from
        what it sounds like Robert has before bidding the slam.
     スラムビッドを考えるときには、ロバートがビッドした強さからキング1枚分を
     差し引け。
     5. Be practical.
     いつでも実践的に。
     6. Do the right thing.
     結果的に正しいことをせよ。

     私はこの6番目が好きでして。能書きはいいから、正しいことをして欲しい。



     2015年4月 柳谷杯 第2セッション 3番ボード
     ディーラーS、EWバル
W
オープナー
10642
AK3
KQ
J1072
E
レスポンダー
AKQJ85
10865
3
A8

WE
11
24
?


   4D = スプリンター


     レスポンダーが「4D」を言うか「3H」を言うかは微妙と思われます。
     いずれにしてもオープナーが 「Sxxxx HAx DAxx CKxxx」
     の11点でも6Sが出来るので、何らかのスラムトライは必要です。
     実際の「4D」に対してオープナーはDKQという役に経たない持ち方
     なので、ここで4Hのコントロールキュービッドは言い過ぎでしょう。
     しかしながら。
     先の問題で「いつでも過激(4NT)」が18人に1人(5.5%)いたように。
     このハンドでも「いつでも過激に4Hキュービッド」をする人がいても
     驚くにはあたいしません。パートナーの傾向を知っておくことが重要かと。



     米国「ブリッジワールド」誌 2015年3月号
     誌上ビッド対戦(Challenge the champs)
W
レスポンダー
A862
K76432
---
A102
E
オープナー
94
AJ105
K10753
KQ

WE
1
12
22NT
44
44NT
6P
    W: Bocchi
    E: Madala
    2S = アスキング
    2NT = 4枚H、ミニマム
    4CDボイド
    4D = ラスト・トレイン
    4SHRKCB
    4NT = 1キーカード

     レスポンダーがDボイドを表しました。オープナーはDKが無駄になって
     いるにもかかわらず、強い切り札とSダブルトン、CKQのダブルトンを
     評価しました。「ラスト・トレイン(last train)」は、スラムに積極的だが
     ゲームレベルを超える意思はないことを伝える、Dスーツに関係の無い
     コンベンショナルビッドです。

     元イタリア代表で現スペイン在住のボッチ(Noberto Bocchi)、イタリア
     では「ボッキ」と発音するそうです。アルゼンチン出身で祖父がイタリア人
     のマダーラ(Agustin Madala)は現イタリア在住。
     このペアは今年3月の米国バンダービルト杯を勝ったばかりです。
     ボッチは五十代半ば、世界選手権優勝5回、当代の超一流。
     マダーラは天才プレーヤーとして名高いですが、まだ三十前の若さ。
     私が対戦したのは1998年フランス、リール市での世界ペア選手権。
     まだほんの子供で、椅子に座っても机に届くかどうかという身長で。
     これが。
     切り札の分かれの悪い4Hを軽〜くトランプ・クーでつくってしまう。
     パートナーはNEC杯の常連、アルゼンチンのラベンナ(Pablo Ravenna)。
     ダミーのラベンナに「今のプレー見た?」と話しかけたら。
     何も言わずに微笑んでいるから。
     このくらい難なく出来るんだな〜と察しました。

戻る
最新記事
8月の記事
7月の記事
6月の記事
5月の記事
クレーム下手
絵札?
1月の記事
ダミー(3)
スコア計算関係
「ダブル」の出し方
ダミー(2)
御挨拶と自己紹介
御挨拶と自己紹介
当ブログについて
お礼とお知らせ
ウィンドウズ10
記事一覧
ジャックは何故に「ジャック」か?
ジャックは何故に「ジャック」か? - 追記
ミッドリング
キャッシュ・アンド・スラッシュ
007 ハンド
ビディングボックス
ビディングボックス - 追記
ブロック
サマセット・モーム
スポーツ?
ボトルボトム
ストッパー
4-4 マイナー
リバース?
バイパス
ダブルボイド
ネバー ギブアップ
ネバーギブアップ - 2
段級位制
アラート
ストップカード
Beautiful Defense
教科書プレー
教科書プレー - 2
Textbook Play Revisited
教科書プレー - 3
教科書プレー - 4
ハンドのビジュアル化
近況報告
ワンスーター
禁じ手
87%
私、ディレクターの味方です
上告委員は不愉快です
ウィナーを数える
坂の上の雲
メリーマック・クー
スタンダードとは?
黄金週間の迷言
普及です
場末の居酒屋か?
コンプライアンス
舟を編む
「ダブル」の出し方
カードを持つと人格が変わる?
日本リーグでのビッド(1)
日本リーグでのビッド(2)
日本リーグでのビッド(3)
日本リーグでのビッド(4)
外国でブリッジをするとき
ブリッジの和製英語
連盟から届いた手紙
マキシマル オーバーコール・ダブル
くわばらくわばら
低い代のコントラクトをディフェンスする(1)
低い代のコントラクトをディフェンスする(2)
低い代のコントラクトをディフェンスする(3)
低い代のコントラクトをディフェンスする(4)
低い代のコントラクトをディフェンスする(5)
低い代のコントラクトをディフェンスする(6)
低い代のコントラクトをディフェンスする(7)
低い代のコントラクトをディフェンスする(8)
低い代のコントラクトをディフェンスする(9)
低い代のコントラクトをディフェンスする(10)
低い代のコントラクトをディフェンスする(11)
Gimme weakie anytime
Student of the game
7NTダブル(1)
7NTダブル(2)
7NTダブル(3)
連盟から届いた手紙(2)
スコア計算  ダウンしたとき
スコア計算  メイクしたとき(1)
スコア計算  メイクしたとき(2)
ルール・オブ・500
連盟から届いた手紙(3)
スラムアプローチのスタイル
連盟から届いた手紙(4)
ツーウェイ・ニューマイナーフォーシング
Two-way NMF オリジナルバージョン
ふたたびLTCについて
「コントラクト」
テレビ放映
月曜日早朝テレビ放映
不正行為(1)
不正行為(2)
不正行為(3)
連盟から届いた手紙(報告書)
例文表示ドットコム − 入院見舞い編
不正行為(4)
連盟から届いた手紙(5)
連盟と四谷の関係
不正行為(5)
講習会の準備をしていて
不正行為(6)
不正行為(7)
規則違反
「レゾンデートル」
世界選手権出場辞退続出
リードは普通ですか?
ニューズウィーク(米国)ウェブ版
不正行為立証ビデオ
ルーザーで出ています?
教科書プレー(5)
コントラクトを取るサイドを守る
私、四谷の味方です
豚小屋クー
ハンドの強さの表現
私、四谷の味方です(2)
ザ・ニューヨーカー(米国)ウェブ版
シグナルは普通ですか?
アラームクロック・シグナル
アティテュード・シグナル
2016ヨーロッパ選手権
麻雀か?
ディスカードでのシグナル
ディフェンスは難しい
絵札?
クレーム下手
米国ブリッジ連盟会報から
キャッシュ・アンド・スラッシュ(2)
トランプ・プロモーション
不正行為(8)
不正行為(9)
3NTに対するリードショーイング・ダブル
ハンドの評価
フォレスターのパス
シャッフルの回数
6NTは33点?
6NTは33点?(2)
AI
詰将棋
ダブルダミー・プロブレム(1)
ダブルダミー・プロブレム(2)
試合前に何をするか
歳時記
1.睦月   新年リジョナル
        朝日新聞社杯
        2015新年御挨拶
        2016新年御挨拶
        2017新年御挨拶
2.如月   NEC杯
        フェリシモ 猫ブログ
3.弥生   雛祭り
        雛祭り 2013
        春季リジョナル
        渡辺杯
4.卯月   柳谷杯
        サントリー杯
5.皐月   横浜インビテーショナル
6.水無月  世界同時大会
6.水無月  梅雨入り
7.文月   藤山杯
7.文月   梅雨明け
8.葉月   世界選手権2012
        世界選手権2017
9.長月   高松宮記念杯
        世界選手権2013
        里親募集中
        世界選手権2016
        世界選手権2016報告
10.神無月 世界選手権2014
        世界選手権2015
11.霜月  かんぴょう
12.師走  2015年末挨拶
12.師走  ブルーリボン・レッドリボン杯
教室サポート
read me(本章案内)
スタンダードビディング
TWO OVER ONE
ガーバー
MINORWOOD
ヘルプスーツ・ゲームトライ
ヘルプスーツ・ゲームトライ - 追記
RKB ベーシック
RKB バリエーション
2Cオープンとルーザーカウント
2Cオープン - レスポンス
2Cオープン - レスポンス - 追記
2Cオープン - コントロールレスポンス
コキッシュリレー
パペットステイマン
絵札シングルトンではスプリンターしない?
アスキングとショーイング
Hi-Lo キュービッド
レベンソール(1)
レベンソール(2)
レベンソール(3)
高レベル・ノートランプシークエンス
サンドイッチ・ポジション(前半)
サンドイッチ・ポジション(後半)
アンユージュアル NT(1)
アンユージュアル NT(2)
リバース(1)
リバース(2)
リバース(3)
リバース(4)
5NT スペシフィック・キング
5NT グランドスラム・フォース
Five of a major as a slam-try(1)
Five of a major as a slam-try(2)
Five of a major as a slam-try(3)
Five of a major as a slam-try(4)
『メジャー優先』
『メジャー優先』再び
ミックスド・レイズ
フィットジャンプ
フィットジャンプ(2)
スタンダード・メジャーレイズ(1)
スタンダード・メジャーレイズ(2)
スタンダード・メジャーレイズ(3)
コンベンショナル・メジャーレイズ(1)
コンベンショナル・メジャーレイズ(2)
コンベンショナル・メジャーレイズ(3)
コンベンショナル・メジャーレイズ(4)
レスポンダーのリビッド
フォーシングノートランプ後の展開
1NTオープンにペナルティダブルがかかった
Two-way NMF 清水教室仕様(1)
Two-way NMF 清水教室仕様(2)
3枚スーツをビッドする
4番手のオープン
テークアウトダブルのアドバンス
テークアウトダブルのアドバンス(2)
メジャーを言うかマイナーを言うか
サクリファイスに備える
猛烈に強いツースーター
トランプエコー
トランプ・スーツプリファランス・シグナル
トランプ・スーツプリファランス・シグナル(2)
スミス・エコー
リバース・スミス
サンドイッチ・ポジション(1)
サンドイッチ・ポジション(2)
サンドイッチ・ポジション(3)
5枚メジャーでの1NTオープン(1)
5枚メジャーでの1NTオープン(2)
テークアウトダブルのアドバンス
3枚メジャーのリミットレイズ(1)
3枚メジャーのリミットレイズ(2)
4番手のオープン(2)
グランドスラム・フォース(1)
研究室
read me(本章案内)
米国ブルーリボン優勝ペアシステム
EXCLUSION BLACKWOOD
EXCLUSION BLACKWOOD - 2
RKB エクステンション
RKB エクステンション - 2
BLUHMER
BLUHMER(2)
フォンドラセック現象
2Cオープン - LTC
世界選手権2012から
2オーバー1 GF 概要
2オーバー1 ALMOST GF
2オーバー1 INSTANT GF
2オーバー1 GF 関連ビッドシークエンス
Fifth-suit forcing
Briar Patch Coup
5 - 4 メジャー
オープナーリビッド2NT
アンユージュアル NT(3)
アンユージュアル NT(4)
コンピュータシミュレーション
4-4フィット対5-3フィット
4333でステイマン?
1NTオープンに8点でどうする?
オープニングリードシミュレーション
4の代のマイナーで止まる
4の代のマイナーで止まる(続き)
4の代のマイナーで止まる(続き2)
5NT ピック・ア・スラム
スーパーネガティブ・レスポンスの後の展開
フォーシングノートランプ後の展開(2)
マイケルズキュービッドのレスポンス
Two-way NMF
Two-way NMF(2)
Two-way NMF(3)
みたびLTCについて
Third and lowest
Rusinow
Second-fourth
Queen from KQ109
Zero or two higher
メジャーを言うかマイナーを言うか(2)
メジャーを言うかマイナーを言うか(3)
自分のスーツを「キュービッド」する
4の代でのオポーネントスーツのキュービッド
4の代でのオポーネントスーツのキュービッド(2)
猛烈に強いツースーター(2)
ビンジェ・シグナル
スーツプリファランス・シグナル特殊編
サードハンド・プレー特殊編
アップサイドダウン・シグナル特殊編
スミス・エコー関連ディール
オッドイーブン・シグナル
オッドイーブン・ファースト・ディスカード
サンドイッチ・ポジション(4)
敵の「2オーバー1」への介入
5枚メジャーでの1NTオープン(3)
メジャーを言うかマイナーを言うか(4)
世界選手権に提出されたコンベンションカードから
ブリッジ・ワールド・スタンダード(BWS)
BWS1968
BWS1984
BWS1994
BWS2001
BWS2017
BWS2017を使ってみた
対戦相手の4の代のメジャービッドに対抗する
対戦相手の4の代のメジャービッドに対抗する(2)
フォンドラセック現象(2)
リバース(5)
リバース(6)
グランドスラム・フォース(2)
グランドスラム・フォース(3)