7NTダブル(1)2015年02月
 清水のブリッジブログ

     NEC杯も今年で20回目。
     「イベントプレゼンテーションを考えていかなければ、その競技は発展しない
     (卓球協会専務理事 前原正浩)」 そうです。
     にしてもイベントを開催しなければ話が進まない。
     どのような大会になっても開催回数を伸ばして欲しいものです。

     この時期になると思い出すハンドが「7NTダブル」。

     ひとつ目は1984年の第2回 EPSON国際ブリッジトーナメント於東京。
     セイコーエプソン社がスポンサーとなって開催された国際親善大会。
     あの頃は景気が良かった。毎年12月の「服部杯」も元は服部セイコー社
     と関係があって。毎年6月の「世界同時大会」はWBF(世界ブリッジ連合)
     主催で、長らくフランスのエプソン社がスポンサーをしていました。

     第4ラウンド 5番ボード
     ディーラーNorth、NSバル
W
AK96543
10863
2
9
N
ディーラー
8
KQ5
KJ63
AKQJ4
E
QJ1072
742
109
532
S
--
AJ9
AQ8754
10876

WNES
1P1
44NT5P
PDBLP5NT
P6P7
PP7DBL
P7NTPP
DBLPPP

   N:ピーター・ナギィ
   S:サミィ・ケヘラ






     7Sに対するダブルは「7NTを言うな」という意味ですが、
     Northは構わず7NT。
     ここでWestはライトナーダブルを知らなかったのでダブル。
     Eastはライトナーダブルを知っていたのでSは出さない。
     実際はHをリードしてNS+2490。

     Peter Nagyと Sami Kehelaはともにカナダのプレーヤーです。
     ナギィは1978年にエリック・コキッシュと組んで世界ペア選手権で2位に。
     ケヘラのレギュラーパートナーはエリック・マレー(Eric Murray)です。
     もう80歳代ですけど、このペアは「伝説」と言っていいでしょう。
     “Canada’s Bridge Warriors: Eric Murray and Sami Kehela”
     という本に詳しいです。
     ケヘラと言えば葉巻がトレードマークの人で、葉巻を片手にビューグラフの
     解説をしている写真が「エンサイクロペディア・オブ・ブリッジ」に載っています。
     そう、当時は喫煙可。サイドテーブルには灰皿が置いてありまして。
     ゲーム終了後に何十個もの灰皿を洗うのがディレクター助手の仕事でした。

     このボード。参加10ヶ国、26チーム(26テーブル)の結果は:
         7Sx  NS+900  12テーブル
         6Sx  NS+700   5テーブル
         6D   NS+1370  2テーブル
         7D   NS+2140  2テーブル
     この頃はノンバルのダブル付ダウンは 100、300、500、700、900、、、。
     現在のスコアになったのは1987年です。
     NS側の7Dに対してEW側が7Sを被せると、安く上がります。
     6Dに6Sを被せて、7Dに行かれたときには7Sをビッドしてもまだ安い。
     以上の21テーブルの結果はふつうですが。
     以下は。
         7NTx  7ダウン  EW+2000  2テーブル
         7NT   7メイク   NS+2220  1テーブル
         7NTx  7メイク   NS+2490  2テーブル
     この5テーブルでの結果を、同年9月30日のニューヨークタイムズ紙の
     ブリッジ記事でアラン・トラスコットが「トワイライトゾーンから現れたスコア」
     と書いています。
     “Twilight Zone”?
     これは米国で1959〜64年にかけて放映されたSFテレビドラマです。
     日本でも1960〜61年に「未知の世界」、「ミステリーゾーン」や「ミステリー」
     の題で放映されたようです。そののち何度かリメイクされ。
     1983年に“Twilight Zone: The Movie”の題で映画化。
     1984年に邦題「トワイライトゾーン、超次元の体験」で日本公開。
     4話のオムニバスですが、担当した監督が若い頃のスピルバーグ、ダンテ、
     ミラー、ランディス となかなかすごく。
     個人的にはマンハッタントランスファーの曲の方が馴染みがありますが。
     昼と夜の間(あわい)には魑魅魍魎が跋扈するというのは古来我が国にも
     ある話で。
     アラン・トラスコットが「トワイライトゾーン」という言葉を使ったのは当時の
     流行語なのでしょう。

     7NTダブルがSリードでセブンダウンが1回。
     Northの取る7NTダブルがHリードでメイクが2回。
     7NTノンダブルでメイクもありますが、これはWestが順番外に4Sオープン。
     のちのちNS側はセブンまで、EW側は7Sまでビッドしたのですが、最終的に
     Northが7NTをビッドして。規則によりEastが「Sリードの禁止」で14トリック。
     JCBL会報では1984年11-12月号に「ニューヨークタイムズから」の記事
     で紹介されています。



戻る
最新記事
8月の記事
7月の記事
6月の記事
5月の記事
クレーム下手
絵札?
1月の記事
ダミー(3)
スコア計算関係
「ダブル」の出し方
ダミー(2)
御挨拶と自己紹介
御挨拶と自己紹介
当ブログについて
お礼とお知らせ
ウィンドウズ10
記事一覧
ジャックは何故に「ジャック」か?
ジャックは何故に「ジャック」か? - 追記
ミッドリング
キャッシュ・アンド・スラッシュ
007 ハンド
ビディングボックス
ビディングボックス - 追記
ブロック
サマセット・モーム
スポーツ?
ボトルボトム
ストッパー
4-4 マイナー
リバース?
バイパス
ダブルボイド
ネバー ギブアップ
ネバーギブアップ - 2
段級位制
アラート
ストップカード
Beautiful Defense
教科書プレー
教科書プレー - 2
Textbook Play Revisited
教科書プレー - 3
教科書プレー - 4
ハンドのビジュアル化
近況報告
ワンスーター
禁じ手
87%
私、ディレクターの味方です
上告委員は不愉快です
ウィナーを数える
坂の上の雲
メリーマック・クー
スタンダードとは?
黄金週間の迷言
普及です
場末の居酒屋か?
コンプライアンス
舟を編む
「ダブル」の出し方
カードを持つと人格が変わる?
日本リーグでのビッド(1)
日本リーグでのビッド(2)
日本リーグでのビッド(3)
日本リーグでのビッド(4)
外国でブリッジをするとき
ブリッジの和製英語
連盟から届いた手紙
マキシマル オーバーコール・ダブル
くわばらくわばら
低い代のコントラクトをディフェンスする(1)
低い代のコントラクトをディフェンスする(2)
低い代のコントラクトをディフェンスする(3)
低い代のコントラクトをディフェンスする(4)
低い代のコントラクトをディフェンスする(5)
低い代のコントラクトをディフェンスする(6)
低い代のコントラクトをディフェンスする(7)
低い代のコントラクトをディフェンスする(8)
低い代のコントラクトをディフェンスする(9)
低い代のコントラクトをディフェンスする(10)
低い代のコントラクトをディフェンスする(11)
Gimme weakie anytime
Student of the game
7NTダブル(1)
7NTダブル(2)
7NTダブル(3)
連盟から届いた手紙(2)
スコア計算  ダウンしたとき
スコア計算  メイクしたとき(1)
スコア計算  メイクしたとき(2)
ルール・オブ・500
連盟から届いた手紙(3)
スラムアプローチのスタイル
連盟から届いた手紙(4)
ツーウェイ・ニューマイナーフォーシング
Two-way NMF オリジナルバージョン
ふたたびLTCについて
「コントラクト」
テレビ放映
月曜日早朝テレビ放映
不正行為(1)
不正行為(2)
不正行為(3)
連盟から届いた手紙(報告書)
例文表示ドットコム − 入院見舞い編
不正行為(4)
連盟から届いた手紙(5)
連盟と四谷の関係
不正行為(5)
講習会の準備をしていて
不正行為(6)
不正行為(7)
規則違反
「レゾンデートル」
世界選手権出場辞退続出
リードは普通ですか?
ニューズウィーク(米国)ウェブ版
不正行為立証ビデオ
ルーザーで出ています?
教科書プレー(5)
コントラクトを取るサイドを守る
私、四谷の味方です
豚小屋クー
ハンドの強さの表現
私、四谷の味方です(2)
ザ・ニューヨーカー(米国)ウェブ版
シグナルは普通ですか?
アラームクロック・シグナル
アティテュード・シグナル
2016ヨーロッパ選手権
麻雀か?
ディスカードでのシグナル
ディフェンスは難しい
絵札?
クレーム下手
米国ブリッジ連盟会報から
キャッシュ・アンド・スラッシュ(2)
トランプ・プロモーション
不正行為(8)
不正行為(9)
3NTに対するリードショーイング・ダブル
ハンドの評価
フォレスターのパス
シャッフルの回数
6NTは33点?
6NTは33点?(2)
AI
詰将棋
ダブルダミー・プロブレム(1)
ダブルダミー・プロブレム(2)
試合前に何をするか
歳時記
1.睦月   新年リジョナル
        朝日新聞社杯
        2015新年御挨拶
        2016新年御挨拶
        2017新年御挨拶
2.如月   NEC杯
        フェリシモ 猫ブログ
3.弥生   雛祭り
        雛祭り 2013
        春季リジョナル
        渡辺杯
4.卯月   柳谷杯
        サントリー杯
5.皐月   横浜インビテーショナル
6.水無月  世界同時大会
6.水無月  梅雨入り
7.文月   藤山杯
7.文月   梅雨明け
8.葉月   世界選手権2012
        世界選手権2017
9.長月   高松宮記念杯
        世界選手権2013
        里親募集中
        世界選手権2016
        世界選手権2016報告
10.神無月 世界選手権2014
        世界選手権2015
11.霜月  かんぴょう
12.師走  2015年末挨拶
12.師走  ブルーリボン・レッドリボン杯
教室サポート
read me(本章案内)
スタンダードビディング
TWO OVER ONE
ガーバー
MINORWOOD
ヘルプスーツ・ゲームトライ
ヘルプスーツ・ゲームトライ - 追記
RKB ベーシック
RKB バリエーション
2Cオープンとルーザーカウント
2Cオープン - レスポンス
2Cオープン - レスポンス - 追記
2Cオープン - コントロールレスポンス
コキッシュリレー
パペットステイマン
絵札シングルトンではスプリンターしない?
アスキングとショーイング
Hi-Lo キュービッド
レベンソール(1)
レベンソール(2)
レベンソール(3)
高レベル・ノートランプシークエンス
サンドイッチ・ポジション(前半)
サンドイッチ・ポジション(後半)
アンユージュアル NT(1)
アンユージュアル NT(2)
リバース(1)
リバース(2)
リバース(3)
リバース(4)
5NT スペシフィック・キング
5NT グランドスラム・フォース
Five of a major as a slam-try(1)
Five of a major as a slam-try(2)
Five of a major as a slam-try(3)
Five of a major as a slam-try(4)
『メジャー優先』
『メジャー優先』再び
ミックスド・レイズ
フィットジャンプ
フィットジャンプ(2)
スタンダード・メジャーレイズ(1)
スタンダード・メジャーレイズ(2)
スタンダード・メジャーレイズ(3)
コンベンショナル・メジャーレイズ(1)
コンベンショナル・メジャーレイズ(2)
コンベンショナル・メジャーレイズ(3)
コンベンショナル・メジャーレイズ(4)
レスポンダーのリビッド
フォーシングノートランプ後の展開
1NTオープンにペナルティダブルがかかった
Two-way NMF 清水教室仕様(1)
Two-way NMF 清水教室仕様(2)
3枚スーツをビッドする
4番手のオープン
テークアウトダブルのアドバンス
テークアウトダブルのアドバンス(2)
メジャーを言うかマイナーを言うか
サクリファイスに備える
猛烈に強いツースーター
トランプエコー
トランプ・スーツプリファランス・シグナル
トランプ・スーツプリファランス・シグナル(2)
スミス・エコー
リバース・スミス
サンドイッチ・ポジション(1)
サンドイッチ・ポジション(2)
サンドイッチ・ポジション(3)
5枚メジャーでの1NTオープン(1)
5枚メジャーでの1NTオープン(2)
テークアウトダブルのアドバンス
3枚メジャーのリミットレイズ(1)
3枚メジャーのリミットレイズ(2)
4番手のオープン(2)
グランドスラム・フォース(1)
研究室
read me(本章案内)
米国ブルーリボン優勝ペアシステム
EXCLUSION BLACKWOOD
EXCLUSION BLACKWOOD - 2
RKB エクステンション
RKB エクステンション - 2
BLUHMER
BLUHMER(2)
フォンドラセック現象
2Cオープン - LTC
世界選手権2012から
2オーバー1 GF 概要
2オーバー1 ALMOST GF
2オーバー1 INSTANT GF
2オーバー1 GF 関連ビッドシークエンス
Fifth-suit forcing
Briar Patch Coup
5 - 4 メジャー
オープナーリビッド2NT
アンユージュアル NT(3)
アンユージュアル NT(4)
コンピュータシミュレーション
4-4フィット対5-3フィット
4333でステイマン?
1NTオープンに8点でどうする?
オープニングリードシミュレーション
4の代のマイナーで止まる
4の代のマイナーで止まる(続き)
4の代のマイナーで止まる(続き2)
5NT ピック・ア・スラム
スーパーネガティブ・レスポンスの後の展開
フォーシングノートランプ後の展開(2)
マイケルズキュービッドのレスポンス
Two-way NMF
Two-way NMF(2)
Two-way NMF(3)
みたびLTCについて
Third and lowest
Rusinow
Second-fourth
Queen from KQ109
Zero or two higher
メジャーを言うかマイナーを言うか(2)
メジャーを言うかマイナーを言うか(3)
自分のスーツを「キュービッド」する
4の代でのオポーネントスーツのキュービッド
4の代でのオポーネントスーツのキュービッド(2)
猛烈に強いツースーター(2)
ビンジェ・シグナル
スーツプリファランス・シグナル特殊編
サードハンド・プレー特殊編
アップサイドダウン・シグナル特殊編
スミス・エコー関連ディール
オッドイーブン・シグナル
オッドイーブン・ファースト・ディスカード
サンドイッチ・ポジション(4)
敵の「2オーバー1」への介入
5枚メジャーでの1NTオープン(3)
メジャーを言うかマイナーを言うか(4)
世界選手権に提出されたコンベンションカードから
ブリッジ・ワールド・スタンダード(BWS)
BWS1968
BWS1984
BWS1994
BWS2001
BWS2017
BWS2017を使ってみた
対戦相手の4の代のメジャービッドに対抗する
対戦相手の4の代のメジャービッドに対抗する(2)
フォンドラセック現象(2)
リバース(5)
リバース(6)
グランドスラム・フォース(2)
グランドスラム・フォース(3)