Student of the game2015年01月
 清水のブリッジブログ

     このところ毎晩寝る前に、
     “The art of declarer play ”という本を読んでいまして。
     これを読んでいたから今月はブログの更新が進まなかったということも
     あるのですが。
     ティム・バークというオーストラリアの人と、ジャスティン・コーフィールドと
     いうアイルランドの人の共著で。
     上級者向けと言いますか、
     ふつうのスローインやスクイズの類いは説明不要の前提で書かれています。
     したがって
     “East is Morton’s Forked on this trick”
     とか、
     “but this is really not the right book for such optimistic musings”
     とか、
     “There may be books where pleasant things happen for declarer,
     but this is not one of them”
     というような表現が随所に出てきて。読者を突き放します。
     全64ハンド、386頁。

     なかなかの量ですが、読んでいると徐々に慣れてきて早さがつきます。
     この辺りは「数学」の勉強と似ていて。
     「数独」と似ていると言ってもいいでしょうが。
     難しい問題でも時間さえあれば解ける人ならたくさんいても、
     制限時間内となると別物で。
     日頃からたくさん問題を解いていないとスピードはつかない。
     早くて正確。
     「早くて不正確」ではいけない。
     ブリッジのプレーやディフェンスでも時間さえあれば解けるというか、
     少なくとも理論的には正しい方針が見つかるのでしょうが。
     あいにくブリッジは “timed event”でして。
     制限時間がある。
     限られた時間内に解こうとすると、必要なのは練習というか訓練というか。
     数をこなせば早さと正確さが身につくのは何でも同じでしょう。

     『祇園 さ々木の…』という題の本だったと思いますが、
     本というのは読み返したくなると行方不明になるもののようで。
     代わりに目につくのは『その女アレックス』みたいな宣伝につられて買って
     読んだはいいものの、筋の薄さがおどろおどろしい描写に包まれていて。
     インディ・ジョーンズの映画『クリスタル・スカルの王国』で、いきなり最後に
     宇宙人が古代遺跡のUFOで飛んでいくオチに似て。
     なんだそりゃ、というガッカリ感が。
     京都の「さ々木」という名店の佐々木料理人によると、
     若いうちに大型旅館の厨房に勤めると「手が早くなる」そうです。
     手の早さは、のちのち役に立つと。

     そう言えば私の長年の生徒のひとりが最近になって、
     教室テキストのタイプミスや文章ミスをやたらメールで送ってきて。
     どうしたのかと聞いたら、
     「先生のプリントが山のようにあるのでそろそろ処分しよう」
     ということで片っ端から読んでいるらしく。
     その生徒が短期間のうちにすごく上達している。
     こういうことは先生の側からはよく見えるものでして。
     もともとそれだけの実力はあったのですが。
     正解に至るスピードがぜんぜん違う。
     要は練習というか訓練なのでしょう。
     私も最近では活字の「3」と「5」を見まちがえるなどざらでして。
     この辺が本の出版には編集者が必要な所以で。
     海外のブリッジ雑誌には「新刊書紹介」みたいな企画があるのですが。
     良い本だがタイプミスや編集が良くない、などの指摘を受けるのは
     編集者なしで著者だけで出版している本です。
     私もプリントの間違いを指摘して頂けると助かります。

     “Adventures in card play”
     ゲーザ・オトリク(ハンガリー)と ヒュー・ケルシー(スコットランド)の
     共著で1979年に出版された300頁弱の本ですが。
     何回も増補されている歴史的名著で。
     内容がやたら難しい。
     しかも昔のブリッジの本は説明が不親切。
     読むなら新しい本の方が色々な面で優れています。

     ブリッジを教えている人は大勢いて。
     「かったるい」と正直なところ思っている先生も多いかと。
     ブリッジが上手な先生ほど、生徒さんとのギャップというか実力差というか
     ブリッジ力の差が大きいほど、教えるのが苦痛なのかもしれません。
     しかしながら。
     先生自身も“student of the game”のひとりであって欲しいものです。

     “The art of declarer play ”第210頁

N
ダミー
AK54
106
J3
A10732
S
--
AKQJ5
AK42
KQ84
NS
2
34
44NT
55NT
67NT
P

    コントラクト: 7NT
    オープニングリード: D10


     ビッド経過に異論はあっても最終コントラクトは妥当。
     ウィナーは12個。
     問題はCの4-0の分かれ。
     オープニングリードから、左手に「DQ」は無い模様。
     というか、7NTに対してわざわざDスーツの「Q10…」から「10」を
     選んでリードする人はいない。DQは右手に想定。
     第1トリックをDAで勝ち、先ずCKを取る。
     左手の4枚Cはフィネスして仕上がり。
     右手の4枚Cは、DQを抱えている限りはCDの両方を抱え込むことは
     不可能であると。
     果たして。
     5枚Hを走る。
     「ハンドのビジュアル化」については2013年2月の記事に書きましたが、
     2014年に発行されたこの本でも VISUALIZATIONという表現で
     ディール全体の視覚化を求めています。似たことを考えるもので。

     最後の7枚。
W
Q876
-
987
-
N
ダミー
AK5
-
J
A107
E
J109
-
Q
J96
S
-
J
K42
Q84
     手元の最後のHを取る。左手はSを捨てる。ダミーはCを捨てる。
     右手はDQやCを捨てる分けには行かない。Sを捨てる。
     右手は3枚のCDQを残すので、Sは2枚以内になるということです。
     ここから左手をSDのシンプルスクイズに仕上げるのは朝メシ前で。
     So long as the DQ was indeed in the East hand,this one
     was ice cold. と締めくくられています。

     ずいぶん前の話になりますが、アルフレッド・シャインウォルドと夕食で
     同席する機会があって。
     ブリッジ界の長老だから聞いてみようと。
     何で “ice cold”って言うんですか?
     返ってきた答は「何でだろうね〜」でした。

     野球のコールド・ゲーム(called game)とは違うし。
     BBOディスカッション・フォーラムでも侃々諤々です。
     興味のある人は見てみて下さい。
     リンク → what-is-a-cold-contract

戻る
最新記事
3月の記事
クレーム下手
絵札?
1月の記事
ダミー(3)
スコア計算関係
「ダブル」の出し方
ダミー(2)
御挨拶と自己紹介
御挨拶と自己紹介
当ブログについて
お礼とお知らせ
ウィンドウズ10
記事一覧
ジャックは何故に「ジャック」か?
ジャックは何故に「ジャック」か? - 追記
ミッドリング
キャッシュ・アンド・スラッシュ
007 ハンド
ビディングボックス
ビディングボックス - 追記
ブロック
サマセット・モーム
スポーツ?
ボトルボトム
ストッパー
4-4 マイナー
リバース?
バイパス
ダブルボイド
ネバー ギブアップ
ネバーギブアップ - 2
段級位制
アラート
ストップカード
Beautiful Defense
教科書プレー
教科書プレー - 2
Textbook Play Revisited
教科書プレー - 3
教科書プレー - 4
ハンドのビジュアル化
近況報告
ワンスーター
禁じ手
87%
私、ディレクターの味方です
上告委員は不愉快です
ウィナーを数える
坂の上の雲
メリーマック・クー
スタンダードとは?
黄金週間の迷言
普及です
場末の居酒屋か?
コンプライアンス
舟を編む
「ダブル」の出し方
カードを持つと人格が変わる?
日本リーグでのビッド(1)
日本リーグでのビッド(2)
日本リーグでのビッド(3)
日本リーグでのビッド(4)
外国でブリッジをするとき
ブリッジの和製英語
連盟から届いた手紙
マキシマル オーバーコール・ダブル
くわばらくわばら
低い代のコントラクトをディフェンスする(1)
低い代のコントラクトをディフェンスする(2)
低い代のコントラクトをディフェンスする(3)
低い代のコントラクトをディフェンスする(4)
低い代のコントラクトをディフェンスする(5)
低い代のコントラクトをディフェンスする(6)
低い代のコントラクトをディフェンスする(7)
低い代のコントラクトをディフェンスする(8)
低い代のコントラクトをディフェンスする(9)
低い代のコントラクトをディフェンスする(10)
低い代のコントラクトをディフェンスする(11)
Gimme weakie anytime
Student of the game
7NTダブル(1)
7NTダブル(2)
7NTダブル(3)
連盟から届いた手紙(2)
スコア計算  ダウンしたとき
スコア計算  メイクしたとき(1)
スコア計算  メイクしたとき(2)
ルール・オブ・500
連盟から届いた手紙(3)
スラムアプローチのスタイル
連盟から届いた手紙(4)
ツーウェイ・ニューマイナーフォーシング
Two-way NMF オリジナルバージョン
ふたたびLTCについて
「コントラクト」
テレビ放映
月曜日早朝テレビ放映
不正行為(1)
不正行為(2)
不正行為(3)
連盟から届いた手紙(報告書)
例文表示ドットコム − 入院見舞い編
不正行為(4)
連盟から届いた手紙(5)
連盟と四谷の関係
不正行為(5)
講習会の準備をしていて
不正行為(6)
不正行為(7)
規則違反
「レゾンデートル」
世界選手権出場辞退続出
リードは普通ですか?
ニューズウィーク(米国)ウェブ版
不正行為立証ビデオ
ルーザーで出ています?
教科書プレー(5)
コントラクトを取るサイドを守る
私、四谷の味方です
豚小屋クー
ハンドの強さの表現
私、四谷の味方です(2)
ザ・ニューヨーカー(米国)ウェブ版
シグナルは普通ですか?
アラームクロック・シグナル
アティテュード・シグナル
2016ヨーロッパ選手権
麻雀か?
ディスカードでのシグナル
ディフェンスは難しい
絵札?
クレーム下手
米国ブリッジ連盟会報から
キャッシュ・アンド・スラッシュ(2)
歳時記
1.睦月   新年リジョナル
        朝日新聞社杯
        2015新年御挨拶
        2016新年御挨拶
        2017新年御挨拶
2.如月   NEC杯
        フェリシモ 猫ブログ
3.弥生   雛祭り
        雛祭り 2013
        春季リジョナル
        渡辺杯
4.卯月   柳谷杯
        サントリー杯
5.皐月   横浜インビテーショナル
6.水無月  世界同時大会
6.水無月  梅雨入り
7.文月   藤山杯
7.文月   梅雨明け
8.葉月   世界選手権2012
9.長月   高松宮記念杯
        世界選手権2013
        里親募集中
        世界選手権2016
        世界選手権2016報告
10.神無月 世界選手権2014
        世界選手権2015
11.霜月  かんぴょう
12.師走  2015年末挨拶
12.師走  ブルーリボン・レッドリボン杯
教室サポート
read me(本章案内)
スタンダードビディング
TWO OVER ONE
ガーバー
MINORWOOD
ヘルプスーツ・ゲームトライ
ヘルプスーツ・ゲームトライ - 追記
RKB ベーシック
RKB バリエーション
2Cオープンとルーザーカウント
2Cオープン - レスポンス
2Cオープン - レスポンス - 追記
2Cオープン - コントロールレスポンス
コキッシュリレー
パペットステイマン
絵札シングルトンではスプリンターしない?
アスキングとショーイング
Hi-Lo キュービッド
レベンソール(1)
レベンソール(2)
レベンソール(3)
高レベル・ノートランプシークエンス
サンドイッチ・ポジション(前半)
サンドイッチ・ポジション(後半)
アンユージュアル NT(1)
アンユージュアル NT(2)
リバース(1)
リバース(2)
リバース(3)
リバース(4)
5NT スペシフィック・キング
5NT グランドスラム・フォース
Five of a major as a slam-try(1)
Five of a major as a slam-try(2)
Five of a major as a slam-try(3)
Five of a major as a slam-try(4)
『メジャー優先』
『メジャー優先』再び
ミックスド・レイズ
フィットジャンプ
フィットジャンプ(2)
スタンダード・メジャーレイズ(1)
スタンダード・メジャーレイズ(2)
スタンダード・メジャーレイズ(3)
コンベンショナル・メジャーレイズ(1)
コンベンショナル・メジャーレイズ(2)
コンベンショナル・メジャーレイズ(3)
コンベンショナル・メジャーレイズ(4)
レスポンダーのリビッド
フォーシングノートランプ後の展開
1NTオープンにペナルティダブルがかかった
Two-way NMF 清水教室仕様(1)
Two-way NMF 清水教室仕様(2)
3枚スーツをビッドする
4番手のオープン
テークアウトダブルのアドバンス
テークアウトダブルのアドバンス(2)
メジャーを言うかマイナーを言うか
サクリファイスに備える
猛烈に強いツースーター
トランプエコー
トランプ・スーツプリファランス・シグナル
トランプ・スーツプリファランス・シグナル(2)
スミス・エコー
リバース・スミス
サンドイッチ・ポジション(1)
サンドイッチ・ポジション(2)
サンドイッチ・ポジション(3)
5枚メジャーでの1NTオープン(1)
5枚メジャーでの1NTオープン(2)
テークアウトダブルのアドバンス
研究室
read me(本章案内)
米国ブルーリボン優勝ペアシステム
EXCLUSION BLACKWOOD
EXCLUSION BLACKWOOD - 2
RKB エクステンション
RKB エクステンション - 2
BLUHMER
BLUHMER(2)
フォンドラセック現象
2Cオープン - LTC
世界選手権2012から
2オーバー1 GF 概要
2オーバー1 ALMOST GF
2オーバー1 INSTANT GF
2オーバー1 GF 関連ビッドシークエンス
Fifth-suit forcing
Briar Patch Coup
5 - 4 メジャー
オープナーリビッド2NT
アンユージュアル NT(3)
アンユージュアル NT(4)
コンピュータシミュレーション
4-4フィット対5-3フィット
4333でステイマン?
1NTオープンに8点でどうする?
オープニングリードシミュレーション
4の代のマイナーで止まる
4の代のマイナーで止まる(続き)
4の代のマイナーで止まる(続き2)
5NT ピック・ア・スラム
スーパーネガティブ・レスポンスの後の展開
フォーシングノートランプ後の展開(2)
マイケルズキュービッドのレスポンス
Two-way NMF
Two-way NMF(2)
Two-way NMF(3)
みたびLTCについて
Third and lowest
Rusinow
Second-fourth
Queen from KQ109
Zero or two higher
メジャーを言うかマイナーを言うか(2)
メジャーを言うかマイナーを言うか(3)
自分のスーツを「キュービッド」する
4の代でのオポーネントスーツのキュービッド
4の代でのオポーネントスーツのキュービッド(2)
猛烈に強いツースーター(2)
ビンジェ・シグナル
スーツプリファランス・シグナル特殊編
サードハンド・プレー特殊編
アップサイドダウン・シグナル特殊編
スミス・エコー関連ディール
オッドイーブン・シグナル
オッドイーブン・ファースト・ディスカード
サンドイッチ・ポジション(4)
敵の「2オーバー1」への介入
5枚メジャーでの1NTオープン(3)
メジャーを言うかマイナーを言うか(4)
世界選手権に提出されたコンベンションカードから
ブリッジ・ワールド・スタンダード(BWS)
BWS1968
BWS1984
BWS1994
BWS2001
BWS2017
BWS2017を使ってみた