5NT グランドスラム・フォース2014年10月
 清水のブリッジブログ

   「グランドスラム・フォーシング」 ではなく 「グランドスラム・『フォース』」、
   grand-slam force(GSF)。
   切り札の「AKQ」のうち2枚あったらグランドスラムに行け。
   通称 「ジョセフィーヌ」。
   発案者はエリー・カルバートソン(Ely Culbertson、1891-1955)。
   1920年代中盤から40年代にかけての「ミスター・ブリッジ」です。
   カルバートソンの助手がこのコンベンションをブリッジ雑誌に寄稿したとき、
   故意か手違いか、奥さんの「ジョセフィーヌ・カルバートソン(Josephine)」
   の署名記事にしてしまったそうで。ヨーロッパでは今でもグランドスラム・
   フォースのことを「ジョセフィーヌ」と呼ぶようです。
   カルバートソンはブリッジに関するものはもとより、カルバートソンブランドの
   ひげ剃りクリームから酒まで売って、大恐慌時代の米国に一大産業を
   興したそうで。認定ブリッジ教師が6千人以上いたとのことです。

   1950、60年代の「ミスター・ブリッジ」はチャールズ・ゴーレン(1901-1991)。
   売れた本は1千万冊。
   そういえば昔の「JCBLスタンダード」は「ゴーレン」システムでした。
   このような話を大先輩から聞いたことがあります。
   終戦後の占領米軍の将校クラブでは定期的に競技会が開催されていて。
   参加料は高価いが、賞金も高価い。「ゴーレン」で練習して行き、小遣い稼ぎ
   をしたと。対戦相手の米国人達は「カルバートソン」だから、ビッドの正確さで
   負けることは無かったと。ちなみにディレクターの報酬はラッキーストライク
   1カートンだったとか。闇市で高価く売れたそうです。

   ブリッジの歴史的なことに関しては最近に出版された本ですが、
   “Bumblepuppy Days”(副題「ホイストからブリッジへの進化」)に詳しく。
   「バンブルパピー」は今や死語ですが、ホイストの下手な人達のテーブル、
   ホイストの下手なプレー、ホイストの下手な人などの意味だそうです。
   著者の ジュリアン・ラダーマン(Julian Laderman)は、面白くなかったら
   代金をお返ししますと。電子メールや郵便での催促は駄目で。試合会場で
   声をかけて下さいと。本の内容について質問をして。本当に読んだことが
   確認できたら、その場で返金すると。ビル・ゲイツとウォーレン・バフェットの
   ふたりには遠慮して欲しいと。
   260頁ありますが、一気に読めるくらい面白いです。

   またしても長い前置きでした。


W
Q107
K943
AK
AKQ8
E
AK632
AJ2
J8753
---
 2014年 日本リーグ
 ディーラ:W
 NSバル



WE
2NT3*
34
45
55
5NT7
P


  3H = トランスファー(S
  4DD4枚以上のスーツ
  4S = 切り札設定
  5C〜5H = コントロールビッド
  5NT = GSF



W
---
AK5
AQ963
J8642
E
A963
852
KJ74
AK
 2011年 朝日新聞社杯
 ディーラ:S
 NSバル



WE
11
22*
33
3*4
44
55NT
7P


  2H = Fourthスーツ
  3H = Fifthスーツ(Notrump probe)
  4C = コントロールビッド(CA)
  4H = コントロールビッド(HA)
  4S = コントロールビッド(SA)
  5H = コントロールビッド(HK)
  5NT = GSF



W
96
K1076
J
KQ9643
E
AKQ
AQ4
AKQ8
AJ7
 2014年 プライベートゲーム
 ディーラ:S
 EWバル



WE
P2
35NT
77NT
P

  3CCポジティブ
  5NT = GSF
  オープナーから見て、Cが6枚以上あるか、
  Cが5枚のときにはHKがあるはずです。

WE
P2
34
44NT
55
67NT
P

  3CCポジティブ
  4C = トランプセット
  4H = コントロールビッド
  4NT = RKCB1430
  5DCQアスキング
  6CCQ有り



   ここでビッドの問題をひとつ。
   米国「ブリッジワールド」誌 2012年2月号から
     ペア戦 NSバル
W
オープナー
AK64
52
J1097
A63
WNES
1P1P
2P5NTP
   5NT = GSF

      「SAK」があるので7Sをビッドするのは容易い。
      ペア戦なので7NTを視野に入れたいということです。
      26名のパネル回答者の選択は以下の通り。
      7C = 17、7S = 3、6C = 3、6NT = 2、7NT = 1名。
      すなわちCAを7の代でビッドすることによって、SAKがあることを
      同時に表そうとする工夫です。
      それにしても、この経過で「5NT」をビッドするからには、かなり強い
      ハンドで、なおかつ、HDCのファーストラウンド・コントロールが
      あるはずです。
      ということはCはボイドではなかろうかと。
      しかしながらCがボイドなら「5C」とEKCB(ボイドウッド)を使うのでは
      ないかと。
      ということはダブルボイドではないか。
      いや、それなら対戦相手も何かをビッドして来そうだ。
      待て、対戦相手はバルだ。それならビッドに入れない持ち方はあり得る。
      いずれにしてもCAを表しておいて損は無いだろう、ということです。


W
AJ1082
---
AKQ6
AK108
E
K9743
J8542
85
7
 2014年 NEC杯
 ディーラ:E
 EWバル



WNES
PP
22P*P
2P4P
5NTP


   P* = ポジティブ
   4C = スプリンター
   5NT = GSF

      Northのハンドは: SQ6 HAKQ1076 D4 CQJ54。
      キングの5枚サポートがあるので良いグランドスラムですが、
      10枚フィットをどのように表すか?
      5NTに対するレスポンスで、単に「シックス」または「セブン」と
      答えるだけでなく、より詳細に答える方式があります。
      以下に紹介します。


   「5NTグランドスラム・フォース」に対する一般的な「ステップレスポンス」
切り札Spade Heart Diamond Club
SevenAKQのうち2枚2枚2枚2枚
6SA or K、長さ余裕
6HA or KA or K
6DA or K
6CAKQのうち0枚0枚0枚 or Q0〜1枚
   「長さ余裕」は10枚以上のフィットを表します。
   6C〜6Sのステップを「逆」にした方が、もっと良いのですが。
   例えば「6C = A or K」、こののち「6D = 枚数に余裕ありますか?」
   のように。しかしながら一般向けではないようです。

   もうひとつの方法として、Sが切り札のときは「5NT」がGSFですが、
   H切り札では「5S」、D切り札では「5H」、C切り札では「5D」をGSFに
   使う取り決めがあります。キックバック(kickback)と言われる手法ですが、
   これも一般向けではないようです。

   なお以下のようなビッド経過では。
WE
12
35NT

  2D = 2オーバー1 GF
  3S = セルフサポート・スーツ


   すでに強力なスーツが表されたあとでグランドスラム・フォースを使うと、
   「切り札のAKQのうち2枚」という意味ではなく、
   「サポートが無いけどそれでもグランドスラムに行けるか?」
   という意味になります。


W
オープナー
AKQJ9
4
AK7
K1062
E
レスポンダー
73
A9652
82
AQ53

WE
12
34
44
5NT7
P

  2H = 10点以上[スタンダード]
  3C = 16点以上
  4C = トランプセット
  4D/4H = コントロールビッド
  5NT = GSF

   いまふうだと以下のように進みそうです。
WE
11NT*
34
44
4NT5
7P

  1NT = フォーシング
  4C = トランプセット
  4D/4H = コントロールビッド 
  4NT = RKCB
  RKCBで切り札の「AKQ」の有無が確認できます。



W
オープナー
AK8
Q107654
---
AKQJ
E
レスポンダー
J64
A832
KQ105
96

WE
13
5NT6
P
      この経過でレスポンダーはHのエースもキングも無いことがあるので、
      6Hでダウンすることもあり得ます。「5NT」は安全ではありません。
      Exclusion Key-Card Blackwood (通称「ボイドウッド」)の約束が
      あれば、以下のように進めることができます。
WE
13
55
6P

  5DDEKCB
      (DボイドでRKCB)
  5S = ワンキーカード

      キーカードが0枚のときには「5D→5H→P」となります。


   最後の2例で見られるように、RKCBやEKCBを使うと、切り札の内容の
   確認にGSFを使うことが少なくなります。
     (参考リンク → EXCLUSION BLACKWOOD
     (参考リンク → EXCLUSION BLACKWOOD - 2
   そこで登場するのが「5NT ピック・ア・スラム」です。
     (参考リンク → 5NT ピック・ア・スラム






戻る
最新記事
3月の記事
クレーム下手
絵札?
1月の記事
ダミー(3)
スコア計算関係
「ダブル」の出し方
ダミー(2)
御挨拶と自己紹介
御挨拶と自己紹介
当ブログについて
お礼とお知らせ
ウィンドウズ10
記事一覧
ジャックは何故に「ジャック」か?
ジャックは何故に「ジャック」か? - 追記
ミッドリング
キャッシュ・アンド・スラッシュ
007 ハンド
ビディングボックス
ビディングボックス - 追記
ブロック
サマセット・モーム
スポーツ?
ボトルボトム
ストッパー
4-4 マイナー
リバース?
バイパス
ダブルボイド
ネバー ギブアップ
ネバーギブアップ - 2
段級位制
アラート
ストップカード
Beautiful Defense
教科書プレー
教科書プレー - 2
Textbook Play Revisited
教科書プレー - 3
教科書プレー - 4
ハンドのビジュアル化
近況報告
ワンスーター
禁じ手
87%
私、ディレクターの味方です
上告委員は不愉快です
ウィナーを数える
坂の上の雲
メリーマック・クー
スタンダードとは?
黄金週間の迷言
普及です
場末の居酒屋か?
コンプライアンス
舟を編む
「ダブル」の出し方
カードを持つと人格が変わる?
日本リーグでのビッド(1)
日本リーグでのビッド(2)
日本リーグでのビッド(3)
日本リーグでのビッド(4)
外国でブリッジをするとき
ブリッジの和製英語
連盟から届いた手紙
マキシマル オーバーコール・ダブル
くわばらくわばら
低い代のコントラクトをディフェンスする(1)
低い代のコントラクトをディフェンスする(2)
低い代のコントラクトをディフェンスする(3)
低い代のコントラクトをディフェンスする(4)
低い代のコントラクトをディフェンスする(5)
低い代のコントラクトをディフェンスする(6)
低い代のコントラクトをディフェンスする(7)
低い代のコントラクトをディフェンスする(8)
低い代のコントラクトをディフェンスする(9)
低い代のコントラクトをディフェンスする(10)
低い代のコントラクトをディフェンスする(11)
Gimme weakie anytime
Student of the game
7NTダブル(1)
7NTダブル(2)
7NTダブル(3)
連盟から届いた手紙(2)
スコア計算  ダウンしたとき
スコア計算  メイクしたとき(1)
スコア計算  メイクしたとき(2)
ルール・オブ・500
連盟から届いた手紙(3)
スラムアプローチのスタイル
連盟から届いた手紙(4)
ツーウェイ・ニューマイナーフォーシング
Two-way NMF オリジナルバージョン
ふたたびLTCについて
「コントラクト」
テレビ放映
月曜日早朝テレビ放映
不正行為(1)
不正行為(2)
不正行為(3)
連盟から届いた手紙(報告書)
例文表示ドットコム − 入院見舞い編
不正行為(4)
連盟から届いた手紙(5)
連盟と四谷の関係
不正行為(5)
講習会の準備をしていて
不正行為(6)
不正行為(7)
規則違反
「レゾンデートル」
世界選手権出場辞退続出
リードは普通ですか?
ニューズウィーク(米国)ウェブ版
不正行為立証ビデオ
ルーザーで出ています?
教科書プレー(5)
コントラクトを取るサイドを守る
私、四谷の味方です
豚小屋クー
ハンドの強さの表現
私、四谷の味方です(2)
ザ・ニューヨーカー(米国)ウェブ版
シグナルは普通ですか?
アラームクロック・シグナル
アティテュード・シグナル
2016ヨーロッパ選手権
麻雀か?
ディスカードでのシグナル
ディフェンスは難しい
絵札?
クレーム下手
米国ブリッジ連盟会報から
キャッシュ・アンド・スラッシュ(2)
歳時記
1.睦月   新年リジョナル
        朝日新聞社杯
        2015新年御挨拶
        2016新年御挨拶
        2017新年御挨拶
2.如月   NEC杯
        フェリシモ 猫ブログ
3.弥生   雛祭り
        雛祭り 2013
        春季リジョナル
        渡辺杯
4.卯月   柳谷杯
        サントリー杯
5.皐月   横浜インビテーショナル
6.水無月  世界同時大会
6.水無月  梅雨入り
7.文月   藤山杯
7.文月   梅雨明け
8.葉月   世界選手権2012
9.長月   高松宮記念杯
        世界選手権2013
        里親募集中
        世界選手権2016
        世界選手権2016報告
10.神無月 世界選手権2014
        世界選手権2015
11.霜月  かんぴょう
12.師走  2015年末挨拶
12.師走  ブルーリボン・レッドリボン杯
教室サポート
read me(本章案内)
スタンダードビディング
TWO OVER ONE
ガーバー
MINORWOOD
ヘルプスーツ・ゲームトライ
ヘルプスーツ・ゲームトライ - 追記
RKB ベーシック
RKB バリエーション
2Cオープンとルーザーカウント
2Cオープン - レスポンス
2Cオープン - レスポンス - 追記
2Cオープン - コントロールレスポンス
コキッシュリレー
パペットステイマン
絵札シングルトンではスプリンターしない?
アスキングとショーイング
Hi-Lo キュービッド
レベンソール(1)
レベンソール(2)
レベンソール(3)
高レベル・ノートランプシークエンス
サンドイッチ・ポジション(前半)
サンドイッチ・ポジション(後半)
アンユージュアル NT(1)
アンユージュアル NT(2)
リバース(1)
リバース(2)
リバース(3)
リバース(4)
5NT スペシフィック・キング
5NT グランドスラム・フォース
Five of a major as a slam-try(1)
Five of a major as a slam-try(2)
Five of a major as a slam-try(3)
Five of a major as a slam-try(4)
『メジャー優先』
『メジャー優先』再び
ミックスド・レイズ
フィットジャンプ
フィットジャンプ(2)
スタンダード・メジャーレイズ(1)
スタンダード・メジャーレイズ(2)
スタンダード・メジャーレイズ(3)
コンベンショナル・メジャーレイズ(1)
コンベンショナル・メジャーレイズ(2)
コンベンショナル・メジャーレイズ(3)
コンベンショナル・メジャーレイズ(4)
レスポンダーのリビッド
フォーシングノートランプ後の展開
1NTオープンにペナルティダブルがかかった
Two-way NMF 清水教室仕様(1)
Two-way NMF 清水教室仕様(2)
3枚スーツをビッドする
4番手のオープン
テークアウトダブルのアドバンス
テークアウトダブルのアドバンス(2)
メジャーを言うかマイナーを言うか
サクリファイスに備える
猛烈に強いツースーター
トランプエコー
トランプ・スーツプリファランス・シグナル
トランプ・スーツプリファランス・シグナル(2)
スミス・エコー
リバース・スミス
サンドイッチ・ポジション(1)
サンドイッチ・ポジション(2)
サンドイッチ・ポジション(3)
5枚メジャーでの1NTオープン(1)
5枚メジャーでの1NTオープン(2)
テークアウトダブルのアドバンス
研究室
read me(本章案内)
米国ブルーリボン優勝ペアシステム
EXCLUSION BLACKWOOD
EXCLUSION BLACKWOOD - 2
RKB エクステンション
RKB エクステンション - 2
BLUHMER
BLUHMER(2)
フォンドラセック現象
2Cオープン - LTC
世界選手権2012から
2オーバー1 GF 概要
2オーバー1 ALMOST GF
2オーバー1 INSTANT GF
2オーバー1 GF 関連ビッドシークエンス
Fifth-suit forcing
Briar Patch Coup
5 - 4 メジャー
オープナーリビッド2NT
アンユージュアル NT(3)
アンユージュアル NT(4)
コンピュータシミュレーション
4-4フィット対5-3フィット
4333でステイマン?
1NTオープンに8点でどうする?
オープニングリードシミュレーション
4の代のマイナーで止まる
4の代のマイナーで止まる(続き)
4の代のマイナーで止まる(続き2)
5NT ピック・ア・スラム
スーパーネガティブ・レスポンスの後の展開
フォーシングノートランプ後の展開(2)
マイケルズキュービッドのレスポンス
Two-way NMF
Two-way NMF(2)
Two-way NMF(3)
みたびLTCについて
Third and lowest
Rusinow
Second-fourth
Queen from KQ109
Zero or two higher
メジャーを言うかマイナーを言うか(2)
メジャーを言うかマイナーを言うか(3)
自分のスーツを「キュービッド」する
4の代でのオポーネントスーツのキュービッド
4の代でのオポーネントスーツのキュービッド(2)
猛烈に強いツースーター(2)
ビンジェ・シグナル
スーツプリファランス・シグナル特殊編
サードハンド・プレー特殊編
アップサイドダウン・シグナル特殊編
スミス・エコー関連ディール
オッドイーブン・シグナル
オッドイーブン・ファースト・ディスカード
サンドイッチ・ポジション(4)
敵の「2オーバー1」への介入
5枚メジャーでの1NTオープン(3)
メジャーを言うかマイナーを言うか(4)
世界選手権に提出されたコンベンションカードから
ブリッジ・ワールド・スタンダード(BWS)
BWS1968
BWS1984
BWS1994
BWS2001
BWS2017
BWS2017を使ってみた