ブリッジの和製英語2014年07月
 清水のブリッジブログ

    ブリッジの話は日本人同士で通じればいいわけですが。
    オンラインで外国人とブリッジテーブルを囲む人もいるし、
    海外のブリッジ大会に参加される方も増えて。
    「ブリッジの和製英語」
    一応は知っていた方が良いかと。

    ゴルフでは和製英語はたくさんあるそうで。例えば、
       「カップ(hole)」
       「アゲインスト(headwind)」
       「フック(bend to left/break left)」
       「ニアピン(greenie/closest to the pin/KP)」
    とか。
    野球の和製英語もたくさんあるようで。
       「ナイター(night game ← day game)」
       「デッドボール(hit by pitch)」
       「ノーコントロール(bad control/lack of control)」
    等々。
    「ハイタッチ」が本当は“high five”であると。
    若い人達は“high five”しか知らないかもしれないし。

    主なブリッジの和製英語を紹介します。

    「サイン」
    コントラクトブリッジに「サイン」はありませんの。
    胸に手を当てたら心臓だから「Hリードが来て欲しい」とか。
    指輪のDを触るとか。
    このようなブロックサインなど出そうものなら大騒ぎ。
    ブリッジのディフェンダーが出すのは「シグナル」です。
    カモンシグナル、カウントシグナル、スーツプリファランスシグナル等々、、。
    ちなみにカモン/ノンカモンは俗称で。
    昔にブリッジを流行らせようとした人達は、
    とおりのいい言葉をブリッジ用語に選んだわけです。
    正式名称は Attitude シグナルと言います。

    「シャットアウト」
    “Shut out bid”というのは「プリエンプティブビッド」のことです。
    パートナーをシャットアウトするということは、普通ならしないものでして。

    「メジャー優先」
    いつでもどこでもメジャーを先に言いましょう、ではありますまい。
    1Cオープンに対して、将来的にDでコントラクトするつもりの無いハンドは、
    Dスーツよりも4枚『メジャー』のレスポンスを『優先』させる。
    あくまで、
    「1Cオープンに対して」
    です。
    正確には「バイパス・ダイアモンド」と。
    “Bypass daimonds if not strong enough to force to game.”

    「オートマチックダブル」
    こんなブリッジ用語ってありませんけど。
    例えば1Cオープンして、1Sオーバーコールされて、パス、パスと
    廻って来たら。
    ネガティブダブルを使うペアの約束があるときには、
    オープナーはSが短いハンドは「ほぼ自動的」にリオープンします。
    たとえば、
        S4 HA753 DKQ9 CA8642
    のようなハンドは「ダブル」でリオープンします。
    レスポンダーが「1Sダブル」を待ち受けていることがあるからです。
    しかしながら、
        SKQ74 H963 DA7 CA852
    のようなハンドでは1Sでパスをします。
    味方に良いコントラクトは無く。
    対戦相手は冴えないコントラクトにいるからです。

    「アールケーシー」
    ケーシータカミネ?
    4文字なら Roman Key Card Blackwoodで “RKCB(アールケーシービー)”。
    3文字だと Roman Keycard Blackwoodで “RKB(アールケービー)”。
    WBF(世界ブリッジ連合)ではコンベンションカードの略号として
    “KCB”(Key Card Blackwood)を指定しています。
    なお「コンベンションカード」は、現行の規則では「システムカード」と言います。

    「ドロップフィネス」
    私は活字では見たことがありません。
    米国ブリッジ連盟発行「ブリッジ百科事典」“ACBL Encyclopedia of bridge”
    2011年(最新)版に該当項目無し。
    オンライン“The Bridge World Official Bridge Dictionary”に該当項目無し。
    正しくは“pin”または“pinning play”と言うようです。

    「ボスウェイフィネス」
    ENCYCLOPEDIA 該当無し。
    BRIDGE DICTIONARY 該当無し。
    正しくは“two-way finesse”と言います。

    「チェンジ」
    [誤] EastはHリードをエースで勝ち、スモールDに「チェンジ」した。
    [正] EastはHリードをエースで勝ち、スモールDに「シフト」した。
    [正] change of suit response
        ひらたく言うと、ニュースーツのレスポンスのことです。

    「じゅうさん」
    拾参?
    Thirteen?
    “KING”のこと?

    「カット」
    切り札で「切る」ことは「トランプする(trump)」とか「ラフする(ruff)」とか。
    「ぶった切る」にしても “cut” とは言わない。
    “cut”は、“shuffle and cut”。
    カードをシャッフルしてから、カットする。
    最近では手でカードをシャッフルすることは少なくなりましたけど。
    リフルシャッフル(riffle)。
    52枚のカードを半分ずつ両手に分けて持ち、これを両側からバラバラと混ぜる。
    これを7回やると、よく混ざっている、というか、正しく混ぜられていると。
    6回で十分だという調査結果もあるようです。
    花札のヒンズー・シャッフルは混ぜている気分になっているだけで。
    ちなみに和式は「縦に」持ちますが、洋式はカードの「横方向(長い方)に」
    落とすように混ぜます。
    「オーバーハンド・シャッフル」と言います。
    シャッフルののち、カードの山をいくつかに分けることを、また、分けたのちに
    ひとつに重ねることによって順序を入れ替えることを「カット」と。
    ふたつに分けて上下を入れ替えることを「ストレートカット」と言います。

    「バービッド」
    “bar”というのは「禁止する」。
    「パートナーにパスを命令する(demand)コール」のことです。
    この言葉、最近は使われないようで。
    ENCYCLOPEDIA には“BAR BID”の項目は無く、
    “BAR,BARRED”だけがあります。
    いずれも「規則によって禁止される」ときの言葉として解説されています。

    「サインオフ」
    “signoff”
    「パートナーにパスを要求する(request)コール」。“bar”と同義。
    または。
    オークションの終了を意図するビッド。

    「ベターマイナー」
    昔とは違う意味で使われるようです。
    ENCYCLOPEDIA 最新版には“better minor”、“best of minor”とも
    該当項目が無く。
    BRIDGE DICTIONARY には、
    「4=3=3=3及び3=4=3=3の形のハンドで、内容良い方のマイナーで
    オープンする約束」と説明されています。
    グラノベッター夫妻共著の CONVENTIONS AT A GLANCE ではどうか。
       1993年版には、
          4=4=3=2 を1Dオープン、
          4=4=2=3 を1Cオープン、
          4=3=3=3 を1Cオープン、
          3=4=3=3 を1Cオープン
       することとなっていて。
       2004年版も同上。2010年版と2014年版では項目が無くなっています。
    どうやら死語となってきているようで。

    「ショートクラブ」
    BRIDGE DICTIONARY によると、
    「4枚のメジャーでオープン出来ないシステムでの、3枚での1Cオープン」
    となっています。
    CONVENTIONS AT A GLANCE(2014年版)によりますと、
    「こんにちでは多くのペアが1Dオープンを4枚保証にしているので、
    4=4=3=2の形は(2枚で)1Cオープンする」となっています。
    ENCYCLOPEDIA に至ってはページによって書いてあることが違っていて。
    223頁には「2枚スーツでの1Cオープン」、
    360頁には「3枚スーツでの1Cオープン」
    と解説されています。
    これが ENCYCLOPEDIA の欠点で。
    項目ごとに違う人が担当するので、執筆担当者が個人的意見を好き勝手に
    書いている節がありまして。なかなか怪しいです。
    書評に「最新版のは必要なく、昔のでも十分だ」と書かれる所以でしょう。
    ショートクラブ、おそらく今は移行期で。
    将来は「2枚での1Cオープン」という意味になるものと思われます。

    「マキシマル・ダブル」
    厳密には「マキシマルオーバーコール・ダブル」ですが。
    ENCYCLOPEDIA では“MAXIMAL DOUBLE”となっているので間違い
    とは言えないのでしょう。
    本当にこの本は細かいところはいい加減で。
    「マキシマルオーバーコール・ダブル」は、「マキシマルオーバーコール」または
    「マキシマルオーバーコールのレイズ」に対する「ダブル」でして。
    “maximal overcall”とは。
    1Sオープン直後の2Hオーバーコールとか。
    1Hオープンに対する2Dオーバーコールとか。
    「ま下」のランクのオーバーコールです。
    で、「ま下のランクのスーツでのオーバーコール」に対するダブルや、
    「ま下のランクのスーツでオーバーコールのレイズ」に対するダブルを
    ゲームインビテーションの意味に使うコンベンションを
    「マキシマルオーバーコール・ダブル」と言います。
    従って、
WNES
1223
DBL
    これはマキシマルオーバーコール・ダブルで、4Sインビテーションですが。
WNES
1223
DBL
    これはマキシマルオーバーコール・ダブルではありません。
    というか、マキシマルオーバーコールでは無いので
    マキシマルオーバーコール・ダブルにはなりません。



    「ここがヘンだよ日本人」というテレビ番組がありました。
    1998〜2002年、週1回、22:00からの1時間。
    TBS系列の討論バラエティ番組です。
    そこそこの視聴率があったので、観ていた方も多いかと。
    「ここがヘンだよ」とガイジンに言われて、
    「ニホンジンの勝手でしょ、ここは日本だし」
    ということで盛り上がるわけです。
    そこで。

    「ここがヘンだよ日本人のブリッジ用語」

    「バッド(bad)2NT」
    とか、
    「メジャーダブル」
    とか。誰が名前をつけたか知りませんが。

    「ハーフ(half)ストッパー」
    これは死語で。
    ENCYCLOPEDIA にもBRIDGE DICTIONARY にも載っていません。
    今は“partial stopper”と言います。「パーシャルストッパー」です。

    「接近原理」
    “approach principle”というブリッジ用語は、ありません。
    “approach forcing”というブリッジ用語は、あります。
    むかしはパートナーの1Cオープンにレスポンダーが1Sをレスポンスしても
    フォーシングではありません(すなわち「パス有り」)でした。
    こんにちでは一般的な、レスポンダーのニュースーツが(最低でもワンラウンド)
    フォーシングというビッド体系をアプローチフォーシング(アプローチフォーシング
    原理)と言います。
    コントラクトブリッジが現在の形になったというか、ハロルド・バンダービルトに
    よって発案されたのは1925年。
    1930年にカルバートソンはContract Bridge Blue Book という本を著して
    ベストセラーになりました。この本で発表されたのが当時としては画期的な
    “principles of approach-forcing bidding”でして。
    直訳すると「接近強制ビッドの原則」となるのでしょうか。
    何で日本では「1NT-4NT」のビッドだけが「接近原理」と呼ばれるように
    なったかはわかりません。
    英語のブリッジ入門書には、1NTオープンに対する4NTのレスポンスは
    “quantitative bid(クオンティタティブビッド)”と書いてあります。
    quantity は quality の反対語で。「量的ビッド」という意味です。


戻る
最新記事
3月の記事
クレーム下手
絵札?
1月の記事
ダミー(3)
スコア計算関係
「ダブル」の出し方
ダミー(2)
御挨拶と自己紹介
御挨拶と自己紹介
当ブログについて
お礼とお知らせ
ウィンドウズ10
記事一覧
ジャックは何故に「ジャック」か?
ジャックは何故に「ジャック」か? - 追記
ミッドリング
キャッシュ・アンド・スラッシュ
007 ハンド
ビディングボックス
ビディングボックス - 追記
ブロック
サマセット・モーム
スポーツ?
ボトルボトム
ストッパー
4-4 マイナー
リバース?
バイパス
ダブルボイド
ネバー ギブアップ
ネバーギブアップ - 2
段級位制
アラート
ストップカード
Beautiful Defense
教科書プレー
教科書プレー - 2
Textbook Play Revisited
教科書プレー - 3
教科書プレー - 4
ハンドのビジュアル化
近況報告
ワンスーター
禁じ手
87%
私、ディレクターの味方です
上告委員は不愉快です
ウィナーを数える
坂の上の雲
メリーマック・クー
スタンダードとは?
黄金週間の迷言
普及です
場末の居酒屋か?
コンプライアンス
舟を編む
「ダブル」の出し方
カードを持つと人格が変わる?
日本リーグでのビッド(1)
日本リーグでのビッド(2)
日本リーグでのビッド(3)
日本リーグでのビッド(4)
外国でブリッジをするとき
ブリッジの和製英語
連盟から届いた手紙
マキシマル オーバーコール・ダブル
くわばらくわばら
低い代のコントラクトをディフェンスする(1)
低い代のコントラクトをディフェンスする(2)
低い代のコントラクトをディフェンスする(3)
低い代のコントラクトをディフェンスする(4)
低い代のコントラクトをディフェンスする(5)
低い代のコントラクトをディフェンスする(6)
低い代のコントラクトをディフェンスする(7)
低い代のコントラクトをディフェンスする(8)
低い代のコントラクトをディフェンスする(9)
低い代のコントラクトをディフェンスする(10)
低い代のコントラクトをディフェンスする(11)
Gimme weakie anytime
Student of the game
7NTダブル(1)
7NTダブル(2)
7NTダブル(3)
連盟から届いた手紙(2)
スコア計算  ダウンしたとき
スコア計算  メイクしたとき(1)
スコア計算  メイクしたとき(2)
ルール・オブ・500
連盟から届いた手紙(3)
スラムアプローチのスタイル
連盟から届いた手紙(4)
ツーウェイ・ニューマイナーフォーシング
Two-way NMF オリジナルバージョン
ふたたびLTCについて
「コントラクト」
テレビ放映
月曜日早朝テレビ放映
不正行為(1)
不正行為(2)
不正行為(3)
連盟から届いた手紙(報告書)
例文表示ドットコム − 入院見舞い編
不正行為(4)
連盟から届いた手紙(5)
連盟と四谷の関係
不正行為(5)
講習会の準備をしていて
不正行為(6)
不正行為(7)
規則違反
「レゾンデートル」
世界選手権出場辞退続出
リードは普通ですか?
ニューズウィーク(米国)ウェブ版
不正行為立証ビデオ
ルーザーで出ています?
教科書プレー(5)
コントラクトを取るサイドを守る
私、四谷の味方です
豚小屋クー
ハンドの強さの表現
私、四谷の味方です(2)
ザ・ニューヨーカー(米国)ウェブ版
シグナルは普通ですか?
アラームクロック・シグナル
アティテュード・シグナル
2016ヨーロッパ選手権
麻雀か?
ディスカードでのシグナル
ディフェンスは難しい
絵札?
クレーム下手
米国ブリッジ連盟会報から
キャッシュ・アンド・スラッシュ(2)
歳時記
1.睦月   新年リジョナル
        朝日新聞社杯
        2015新年御挨拶
        2016新年御挨拶
        2017新年御挨拶
2.如月   NEC杯
        フェリシモ 猫ブログ
3.弥生   雛祭り
        雛祭り 2013
        春季リジョナル
        渡辺杯
4.卯月   柳谷杯
        サントリー杯
5.皐月   横浜インビテーショナル
6.水無月  世界同時大会
6.水無月  梅雨入り
7.文月   藤山杯
7.文月   梅雨明け
8.葉月   世界選手権2012
9.長月   高松宮記念杯
        世界選手権2013
        里親募集中
        世界選手権2016
        世界選手権2016報告
10.神無月 世界選手権2014
        世界選手権2015
11.霜月  かんぴょう
12.師走  2015年末挨拶
12.師走  ブルーリボン・レッドリボン杯
教室サポート
read me(本章案内)
スタンダードビディング
TWO OVER ONE
ガーバー
MINORWOOD
ヘルプスーツ・ゲームトライ
ヘルプスーツ・ゲームトライ - 追記
RKB ベーシック
RKB バリエーション
2Cオープンとルーザーカウント
2Cオープン - レスポンス
2Cオープン - レスポンス - 追記
2Cオープン - コントロールレスポンス
コキッシュリレー
パペットステイマン
絵札シングルトンではスプリンターしない?
アスキングとショーイング
Hi-Lo キュービッド
レベンソール(1)
レベンソール(2)
レベンソール(3)
高レベル・ノートランプシークエンス
サンドイッチ・ポジション(前半)
サンドイッチ・ポジション(後半)
アンユージュアル NT(1)
アンユージュアル NT(2)
リバース(1)
リバース(2)
リバース(3)
リバース(4)
5NT スペシフィック・キング
5NT グランドスラム・フォース
Five of a major as a slam-try(1)
Five of a major as a slam-try(2)
Five of a major as a slam-try(3)
Five of a major as a slam-try(4)
『メジャー優先』
『メジャー優先』再び
ミックスド・レイズ
フィットジャンプ
フィットジャンプ(2)
スタンダード・メジャーレイズ(1)
スタンダード・メジャーレイズ(2)
スタンダード・メジャーレイズ(3)
コンベンショナル・メジャーレイズ(1)
コンベンショナル・メジャーレイズ(2)
コンベンショナル・メジャーレイズ(3)
コンベンショナル・メジャーレイズ(4)
レスポンダーのリビッド
フォーシングノートランプ後の展開
1NTオープンにペナルティダブルがかかった
Two-way NMF 清水教室仕様(1)
Two-way NMF 清水教室仕様(2)
3枚スーツをビッドする
4番手のオープン
テークアウトダブルのアドバンス
テークアウトダブルのアドバンス(2)
メジャーを言うかマイナーを言うか
サクリファイスに備える
猛烈に強いツースーター
トランプエコー
トランプ・スーツプリファランス・シグナル
トランプ・スーツプリファランス・シグナル(2)
スミス・エコー
リバース・スミス
サンドイッチ・ポジション(1)
サンドイッチ・ポジション(2)
サンドイッチ・ポジション(3)
5枚メジャーでの1NTオープン(1)
5枚メジャーでの1NTオープン(2)
テークアウトダブルのアドバンス
研究室
read me(本章案内)
米国ブルーリボン優勝ペアシステム
EXCLUSION BLACKWOOD
EXCLUSION BLACKWOOD - 2
RKB エクステンション
RKB エクステンション - 2
BLUHMER
BLUHMER(2)
フォンドラセック現象
2Cオープン - LTC
世界選手権2012から
2オーバー1 GF 概要
2オーバー1 ALMOST GF
2オーバー1 INSTANT GF
2オーバー1 GF 関連ビッドシークエンス
Fifth-suit forcing
Briar Patch Coup
5 - 4 メジャー
オープナーリビッド2NT
アンユージュアル NT(3)
アンユージュアル NT(4)
コンピュータシミュレーション
4-4フィット対5-3フィット
4333でステイマン?
1NTオープンに8点でどうする?
オープニングリードシミュレーション
4の代のマイナーで止まる
4の代のマイナーで止まる(続き)
4の代のマイナーで止まる(続き2)
5NT ピック・ア・スラム
スーパーネガティブ・レスポンスの後の展開
フォーシングノートランプ後の展開(2)
マイケルズキュービッドのレスポンス
Two-way NMF
Two-way NMF(2)
Two-way NMF(3)
みたびLTCについて
Third and lowest
Rusinow
Second-fourth
Queen from KQ109
Zero or two higher
メジャーを言うかマイナーを言うか(2)
メジャーを言うかマイナーを言うか(3)
自分のスーツを「キュービッド」する
4の代でのオポーネントスーツのキュービッド
4の代でのオポーネントスーツのキュービッド(2)
猛烈に強いツースーター(2)
ビンジェ・シグナル
スーツプリファランス・シグナル特殊編
サードハンド・プレー特殊編
アップサイドダウン・シグナル特殊編
スミス・エコー関連ディール
オッドイーブン・シグナル
オッドイーブン・ファースト・ディスカード
サンドイッチ・ポジション(4)
敵の「2オーバー1」への介入
5枚メジャーでの1NTオープン(3)
メジャーを言うかマイナーを言うか(4)
世界選手権に提出されたコンベンションカードから
ブリッジ・ワールド・スタンダード(BWS)
BWS1968
BWS1984
BWS1994
BWS2001
BWS2017
BWS2017を使ってみた