上告委員は不愉快です2013年10月
 清水のブリッジブログ
   上告委員は不愉快です。
   言い分の通った側からは「当然である」と威張られ。
   言い分の通らなかった側には文句を言われ、突っかかられ、
   自宅にメールを送りつけられ。
   ろくでもないです。
   裁判員の個人攻撃は御法度。
   上告委員への無礼にも何等かの処分をお願いしたいほどです。

   「上告」とは何か?
   ディレクターの裁定に疑問(というより不服)があるとき、
   当事者には再検討を要求する権利があります。
   これが上告です。
   にしても「上告委員会」という名前は仰々しく。
   もともとはアピール コミッティ(appeal committee)といいます。
   “appeal”は不服申し立て、上訴、控訴、上告、抗告などという意味で、
   “appeal hearing”は「控訴尋問」なのですが。
   “Labour insurance appeal committee”は「労働保険審査会」なので、
   ブリッジの“appeal committee”は「裁定再審査委員会」とでも言うと
   感じがでているでしょうか。

   上告委員会は上告があったときに召集される臨時委員会で、案件の
   審議終了をもって解散します。委員は上告の都度、上告委員名簿から
   ディレクターによって3〜5名が指名されます。上告委員名簿は競技委員、
   競技委員経験者、ナショナルディレクター、合計30余名から成ります。
   上告文書の作成はディレクターの仕事で。
   「上告した側」と「された側」はそれぞれの意見を書き入れる欄があります。
   手続きと同時に供託金(5千円)が必要で。
   主張が出鱈目だと没収されて慈善事業に寄付されます。
   滅多にありませんけど。

   担当委員は、たまたま試合会場にいるとディレクターから指名を受けます。
   昼休みを削って、または、試合終了後に、個人の時間を奪われます。
   20〜30分で結論に達することが多いですが、90分かかったこともあったとか。

   会場に委員を務められる人がいないときには:
    (イ)他会場に上告委員会の招集を依頼
    (ロ)後日に上告委員会を招集
    (ハ)後日に競技委員会(常設、委員12名)で審議
   という措置がとられます。

   なお、上告委員会の裁決に不服のあるときは、ルール委員会(常設)に
   問題を付託できます。ルール委員会では、規則の解釈にかかわる案件と、
   重大な事実誤認のある案件を審議します。最高裁判所みたいな感じです。

   上告委員会は、以前は民事裁判に似ていると思いましたが、今では裁判員
   裁判に似ているようです。法解釈について本職の裁判官が裁判員に対して
   助言するように、規則の解釈についてはディレクターが上告委員に助言します。
   もっともJCBLの場合は、規則に精通している上告委員も多いので、規則の
   解釈が問題となることはほとんどありません。

   世界選手権では appeal committee を撤廃してreview of the process の
   制度を来年から取り入れることになっています。「再審理制度」とでもいうので
   しょうか。一般の試合で採用することは諸事情あって難しそうです。



   例1.

WNES
2P4P*
P5PP
P

P* = 明らかにちゅうちょした



   5Dをビッドしたハンドは、実は4点しかありませんでした。
   ちゅうちょした人は、絵札で20点を持っていました。

   このような状況では、「私はいつでも5Dをビッドします」という自己弁護の
   主張は受け入れられません。
   本気でそう思っているのを疑っているのではなく。
   紛争当事者の言い分を認めても、対戦相手は納得しないわけで。
   紛争当事者が不当に良いスコアを得たら、他の参加者はマッチポイントが
   減る、相対的にスコアが悪くなる、相対的に順位を下げる。
   というわけで、ディレクターもおいそれとは首を縦に振るわけにはいかない。
   じゃあどうなのかと言うと?

   この場合の論点は、「5Dを言うかどうか」ではなく、「パスを言うかどうか」
   です。論理的選択肢として「パス」があり得るなら、「5D」は認められません。
   何せ4点ですから、、。

   末尾に規則第16条を抜粋しておきます。興味のある方は JCBLウェブサイト
   の「デュプリケートブリッジの規則2007年版」に全文が出ていますので
   ご参照ください。

   例2.

WNES
1P3P
4NTP5P
5P6P
PP



H* = 明らかにちゅうちょした


   ここでも論点は、「6Hを言うかどうか」ではなく、「パスを言うかどうか」です。
   論理的選択肢として「パス」があり得るなら。「6H」は認められません。

   例3.

W
オープナー
Kx
Ax
Axxxxx
AKQ
E
レスポンダー
AQxxxx
---
x
J9xxxx

WE
2NT4
44NT
55
6P



S* = 明らかにちゅうちょした


   ビッドの善し悪しは置くとして。
   レスポンダーのビッドは6枚Sでスラムを狙うハンドの強さを表しました。
   これに対してオープナーは、Sのスラムにかなり向いたハンドです。
   従って5Sを「パス」することは論理的選択肢ではありません。
   6Sのビッドは認められるということです。
   (うまくビッドすればグランドスラムに到達できそうなハンドです。)



   ここでビッドの問題をひとつ。
   ACBL会報2006年10月号 It’s your callから。
   ペア戦、双方バル
WNES
1NTPP
S
1097653
532
5
K53
   1NTオープンは15〜17。
   いかにペア戦とはいえ、3点。しかもバル。
   パネル回答者18人の選択は: 2S = 9人、パス = 9人 でした。

   もしあなたが「2S」を言う人だとして。
   実際の経過がこうなら?
WNES
1NTP*P2

   P* = しばらく考えてパスした

   「こんなの2Sを言うに決まっている!」と主張しても駄目。
   本気度を疑われているのではありません。
   ここでの論理的選択肢は「2S」と「パス」です。
   論理的選択肢として「パス」することが考えられ、実際のテーブルで「パス」を
   する人が相当数いる限りは、「2S」のビッドは認められないということです。
   ビッドとプレーを最後までした上で、対戦相手にスコア損害があるときには、
   ディレクターがスコアを調整します。

   こういうときにディレクターや対戦相手に不平をぶつける人がいます。
   それはおかど違い。
   文句を言う相手は「パートナー」です。
   「しばらく考えてパスした」から、こちらの行動が制限を受けたのです。

   このようなことがあるから、上級者は「パス」をする早さにも気を遣います。
   例えば、自分が早いパスを2回したあとで、遅いパスをしてしまったら。
   パートナーのビッドが結果的に正しくても、ディレクターにスコアを調整されて
   しまうことがあります。そのようなときにパートナーやチームメイトから責めら
   れるのは嫌ですからね。



   私がいちばん驚いた上告裁決は以下のもので。
W
K65
764
J63
Q942
N
743
J10
A984
KJ85
E
AQ
A53
KQ107
A1063
S
J10982
KQ982
52
7
     1994年世界選手権 ローゼンブルム杯(チーム戦)
     ディーラ:North、双方バル
WNES
P12
P*22NTP
3NTAllPass

   2CSH、マイケルズ
   P* = 2Cのビッドの意味を
       質問してからパスをした

   結果: 3NT 3 メイク、EW プラス 600。
   事実: Westは2Cのビッドの意味を質問してから、パスをした。
        ヘジテーション(ちゅうちょ、Break in tempo)は無かった。
   NSペア(Englandチーム)の主張:
       Westは質問をして、多少のハンドの強さを示唆した。
       これによってEastは2NTがビッドしやすくなった。
       反対テーブルは同じオークション経過で進んだ。
       Westは質問をしなかった。
       Eastは2NTをビッドするのは危険と判断してダブルをかけた。
       結果として3NTには到達しなかった。
       英国では、パートナーを危険にさらす(compromise)可能性がある
       ので、ビッドをするつもりが無いときには、不用意な質問はできない。
       WBF競技会に於いては厳しいコンベンションカード規定があるので、
       Westはパスをしてから、コンベンションカードを見るべきである。
   ディレクターの裁定: テーブル上の結果を成立。
   上告委員会の裁決:
       ヘジテーションは無かった。
       プレイヤーは自分のコールの順番には質問をすることが許されている。
       2NTのビッドはルーティーン(routine)である。
       従って上告側の主張を退けて、3NT 3メイクに裁決。
       上告供託金は没収。

   この20年間、この上告裁決をくつがえす判例には出会っていません。

   私が驚いたのは、供託金(50米ドル)の「没収」です。没収するという
   ことは、言っていることに全く説得力がないというか、主張が非合理と
   委員会に判断されたということで。
   「何を馬鹿言っているんだ」と相手にされない感じです。
   そこまでひどいこともないのでは。
   裁決はもっともで。というのは仮に上告側の主張を受け入れたら、
    「点が『有る』ときには質問をしないで、点が『無い』ときには質問をする」
   という、ブライアー パッチ クー(Briar-Patch Coup)まがいの いかさまを
   認めることになるからです。
   にしても「没収」とは。
   しかも「2NT」が“routine”とな。本当に?

   ACBL会報 2011年6月号 It's your call から
W
オープナー
K105
A97
A9
AK1076
 IMP戦、双方バル
WNES
11P2


   パネル回答者18名の選択は:
   2NT = 7、 パス = 7、 ダブル = 2、 3C = 2名でした。
   似たような状況です。
   先の「2NT」は“routine”とまでは言えないと思いますが。



   規則第16条(邦訳抜粋)
   B.1.(a)… 余計な情報をパートナーに伝えたときは、このパートナーは
   論理的ないくつかの選択肢の中からこの余計な情報が別の選択肢の
   代わりに明らかに示唆した可能性のある選択肢を選んではならない。
   ( b ) 論理的な代わりの行動とは、そのパートナーシップのシステムを使用
   している当該レベルのプレイヤの間で、かなりの割合が真剣に考慮の対象
   とし、その中の何人かは選ぶと思われる行動である。

   規則原文
   LAW 16 AUTHORIZED AND UNAUTHORIZED INFORMATION
   B.Extraneous Information from Partner
   1.(a)… the partner may not choose from among logical alternatives
   one that could demonstrably have been suggested over another by
   the extraneous information.
   (b)A logical alternative action is one that, among the class of
   players in question and using the methods of the partnership,
   would be given serious consideration by a significant proportion
   of such players, of whom it is judged some might select it.

戻る
最新記事
ジュニアチーム決勝進出
ジュニアチーム準決勝進出
シニアチーム・前半 20 IMPリード
シニアチーム・ベスト8入り
8月の記事
7月の記事
6月の記事
5月の記事
クレーム下手
絵札?
1月の記事
ダミー(3)
スコア計算関係
「ダブル」の出し方
ダミー(2)
御挨拶と自己紹介
御挨拶と自己紹介
当ブログについて
お礼とお知らせ
ウィンドウズ10
記事一覧
ジャックは何故に「ジャック」か?
ジャックは何故に「ジャック」か? - 追記
ミッドリング
キャッシュ・アンド・スラッシュ
007 ハンド
ビディングボックス
ビディングボックス - 追記
ブロック
サマセット・モーム
スポーツ?
ボトルボトム
ストッパー
4-4 マイナー
リバース?
バイパス
ダブルボイド
ネバー ギブアップ
ネバーギブアップ - 2
段級位制
アラート
ストップカード
Beautiful Defense
教科書プレー
教科書プレー - 2
Textbook Play Revisited
教科書プレー - 3
教科書プレー - 4
ハンドのビジュアル化
近況報告
ワンスーター
禁じ手
87%
私、ディレクターの味方です
上告委員は不愉快です
ウィナーを数える
坂の上の雲
メリーマック・クー
スタンダードとは?
黄金週間の迷言
普及です
場末の居酒屋か?
コンプライアンス
舟を編む
「ダブル」の出し方
カードを持つと人格が変わる?
日本リーグでのビッド(1)
日本リーグでのビッド(2)
日本リーグでのビッド(3)
日本リーグでのビッド(4)
外国でブリッジをするとき
ブリッジの和製英語
連盟から届いた手紙
マキシマル オーバーコール・ダブル
くわばらくわばら
低い代のコントラクトをディフェンスする(1)
低い代のコントラクトをディフェンスする(2)
低い代のコントラクトをディフェンスする(3)
低い代のコントラクトをディフェンスする(4)
低い代のコントラクトをディフェンスする(5)
低い代のコントラクトをディフェンスする(6)
低い代のコントラクトをディフェンスする(7)
低い代のコントラクトをディフェンスする(8)
低い代のコントラクトをディフェンスする(9)
低い代のコントラクトをディフェンスする(10)
低い代のコントラクトをディフェンスする(11)
Gimme weakie anytime
Student of the game
7NTダブル(1)
7NTダブル(2)
7NTダブル(3)
連盟から届いた手紙(2)
スコア計算  ダウンしたとき
スコア計算  メイクしたとき(1)
スコア計算  メイクしたとき(2)
ルール・オブ・500
連盟から届いた手紙(3)
スラムアプローチのスタイル
連盟から届いた手紙(4)
ツーウェイ・ニューマイナーフォーシング
Two-way NMF オリジナルバージョン
ふたたびLTCについて
「コントラクト」
テレビ放映
月曜日早朝テレビ放映
不正行為(1)
不正行為(2)
不正行為(3)
連盟から届いた手紙(報告書)
例文表示ドットコム − 入院見舞い編
不正行為(4)
連盟から届いた手紙(5)
連盟と四谷の関係
不正行為(5)
講習会の準備をしていて
不正行為(6)
不正行為(7)
規則違反
「レゾンデートル」
世界選手権出場辞退続出
リードは普通ですか?
ニューズウィーク(米国)ウェブ版
不正行為立証ビデオ
ルーザーで出ています?
教科書プレー(5)
コントラクトを取るサイドを守る
私、四谷の味方です
豚小屋クー
ハンドの強さの表現
私、四谷の味方です(2)
ザ・ニューヨーカー(米国)ウェブ版
シグナルは普通ですか?
アラームクロック・シグナル
アティテュード・シグナル
2016ヨーロッパ選手権
麻雀か?
ディスカードでのシグナル
ディフェンスは難しい
絵札?
クレーム下手
米国ブリッジ連盟会報から
キャッシュ・アンド・スラッシュ(2)
トランプ・プロモーション
不正行為(8)
不正行為(9)
3NTに対するリードショーイング・ダブル
ハンドの評価
フォレスターのパス
シャッフルの回数
6NTは33点?
6NTは33点?(2)
AI
詰将棋
ダブルダミー・プロブレム(1)
ダブルダミー・プロブレム(2)
試合前に何をするか
歳時記
1.睦月   新年リジョナル
        朝日新聞社杯
        2015新年御挨拶
        2016新年御挨拶
        2017新年御挨拶
2.如月   NEC杯
        フェリシモ 猫ブログ
3.弥生   雛祭り
        雛祭り 2013
        春季リジョナル
        渡辺杯
4.卯月   柳谷杯
        サントリー杯
5.皐月   横浜インビテーショナル
6.水無月  世界同時大会
6.水無月  梅雨入り
7.文月   藤山杯
7.文月   梅雨明け
8.葉月   世界選手権2012
        世界選手権2017
        ユース世界選手権2017
9.長月   高松宮記念杯
        世界選手権2013
        里親募集中
        世界選手権2016
        世界選手権2016報告
10.神無月 世界選手権2014
        世界選手権2015
11.霜月  かんぴょう
12.師走  2015年末挨拶
12.師走  ブルーリボン・レッドリボン杯
教室サポート
read me(本章案内)
スタンダードビディング
TWO OVER ONE
ガーバー
MINORWOOD
ヘルプスーツ・ゲームトライ
ヘルプスーツ・ゲームトライ - 追記
RKB ベーシック
RKB バリエーション
2Cオープンとルーザーカウント
2Cオープン - レスポンス
2Cオープン - レスポンス - 追記
2Cオープン - コントロールレスポンス
コキッシュリレー
パペットステイマン
絵札シングルトンではスプリンターしない?
アスキングとショーイング
Hi-Lo キュービッド
レベンソール(1)
レベンソール(2)
レベンソール(3)
高レベル・ノートランプシークエンス
サンドイッチ・ポジション(前半)
サンドイッチ・ポジション(後半)
アンユージュアル NT(1)
アンユージュアル NT(2)
リバース(1)
リバース(2)
リバース(3)
リバース(4)
5NT スペシフィック・キング
5NT グランドスラム・フォース
Five of a major as a slam-try(1)
Five of a major as a slam-try(2)
Five of a major as a slam-try(3)
Five of a major as a slam-try(4)
『メジャー優先』
『メジャー優先』再び
ミックスド・レイズ
フィットジャンプ
フィットジャンプ(2)
スタンダード・メジャーレイズ(1)
スタンダード・メジャーレイズ(2)
スタンダード・メジャーレイズ(3)
コンベンショナル・メジャーレイズ(1)
コンベンショナル・メジャーレイズ(2)
コンベンショナル・メジャーレイズ(3)
コンベンショナル・メジャーレイズ(4)
レスポンダーのリビッド
フォーシングノートランプ後の展開
1NTオープンにペナルティダブルがかかった
Two-way NMF 清水教室仕様(1)
Two-way NMF 清水教室仕様(2)
3枚スーツをビッドする
4番手のオープン
テークアウトダブルのアドバンス
テークアウトダブルのアドバンス(2)
メジャーを言うかマイナーを言うか
サクリファイスに備える
猛烈に強いツースーター
トランプエコー
トランプ・スーツプリファランス・シグナル
トランプ・スーツプリファランス・シグナル(2)
スミス・エコー
リバース・スミス
サンドイッチ・ポジション(1)
サンドイッチ・ポジション(2)
サンドイッチ・ポジション(3)
5枚メジャーでの1NTオープン(1)
5枚メジャーでの1NTオープン(2)
テークアウトダブルのアドバンス
3枚メジャーのリミットレイズ(1)
3枚メジャーのリミットレイズ(2)
4番手のオープン(2)
グランドスラム・フォース(1)
研究室
read me(本章案内)
米国ブルーリボン優勝ペアシステム
EXCLUSION BLACKWOOD
EXCLUSION BLACKWOOD - 2
RKB エクステンション
RKB エクステンション - 2
BLUHMER
BLUHMER(2)
フォンドラセック現象
2Cオープン - LTC
世界選手権2012から
2オーバー1 GF 概要
2オーバー1 ALMOST GF
2オーバー1 INSTANT GF
2オーバー1 GF 関連ビッドシークエンス
Fifth-suit forcing
Briar Patch Coup
5 - 4 メジャー
オープナーリビッド2NT
アンユージュアル NT(3)
アンユージュアル NT(4)
コンピュータシミュレーション
4-4フィット対5-3フィット
4333でステイマン?
1NTオープンに8点でどうする?
オープニングリードシミュレーション
4の代のマイナーで止まる
4の代のマイナーで止まる(続き)
4の代のマイナーで止まる(続き2)
5NT ピック・ア・スラム
スーパーネガティブ・レスポンスの後の展開
フォーシングノートランプ後の展開(2)
マイケルズキュービッドのレスポンス
Two-way NMF
Two-way NMF(2)
Two-way NMF(3)
みたびLTCについて
Third and lowest
Rusinow
Second-fourth
Queen from KQ109
Zero or two higher
メジャーを言うかマイナーを言うか(2)
メジャーを言うかマイナーを言うか(3)
自分のスーツを「キュービッド」する
4の代でのオポーネントスーツのキュービッド
4の代でのオポーネントスーツのキュービッド(2)
猛烈に強いツースーター(2)
ビンジェ・シグナル
スーツプリファランス・シグナル特殊編
サードハンド・プレー特殊編
アップサイドダウン・シグナル特殊編
スミス・エコー関連ディール
オッドイーブン・シグナル
オッドイーブン・ファースト・ディスカード
サンドイッチ・ポジション(4)
敵の「2オーバー1」への介入
5枚メジャーでの1NTオープン(3)
メジャーを言うかマイナーを言うか(4)
世界選手権に提出されたコンベンションカードから
ブリッジ・ワールド・スタンダード(BWS)
BWS1968
BWS1984
BWS1994
BWS2001
BWS2017
BWS2017を使ってみた
対戦相手の4の代のメジャービッドに対抗する
対戦相手の4の代のメジャービッドに対抗する(2)
フォンドラセック現象(2)
リバース(5)
リバース(6)
グランドスラム・フォース(2)
グランドスラム・フォース(3)