レベンソール(3)2013年07月
 清水のブリッジブログ
   レベンソール(Lebensohl)コンベンション。略語は LEB。
   この記事は3部作で構成されています。

   レベンソール(1)は、対 Weak Twoでの使い方。
   レベンソール(2)は、1NTオープンにオーバーコールが入ったときの使い方。
   レベンソール(3)は、関連シークエンスや応用、変形などです。



   「レベンソール」の名称については、米国ブリッジ連盟会報2010年4月号と
   米国ブリッジワールド誌2010年6月号に詳しいです。
   要するに、ジョージ・ベーム(George Boehm)氏が
   ブリッジワールド誌1970年11月号に Lebensohl を、
   Kenneth Lebensold 氏が考案したコンベンションとして発表した。
   ところが Lebensold 氏はそんなコンベンションは知らないと。
   それならそれで、「Lebensohl 」と綴りを間違えて発表したくらいだから、
   そのまま通してしまえというわけでして。
   そういうことなら固有名詞ではないので 「lebensohl」 と、頭文字を小文字で
   表記する方が正しいという意見もありまして。ちょっと情けない過去です。



   変形(1)

   伝統的なレベンソールは、 Lebensohl SLOW 。

WNES
2DBLP3NT

   は ストッパーが「無く」、

WNES
2DBLP2NT*
P3P3NT


   は ストッパーが「有り」ます。

      FADS(Fast Auction Denies Stopper)とか、
      SSS(Slow Shows Stopper)とか、
      Slow Shows,Direct Denies とか、
      SASS(Slow Arrival Shows Stopper)とか。
      呼び名は様々。

   問題は、「3NT」をビッドするとパートナーが反射的にパスをすることが多く。
   ストッパーが無いから危ないじゃないか〜、ということです。

   Lebensohl FAST はこの点を改良した取り決めで。
   FASS(Fast Arrival Shows Stopper)とも。

WNES
2DBLP3NT

   は ストッパーが「有り」、

WNES
2DBLP2NT*
P3P3NT


   は ストッパーが「無し」です。

   最近では LEB FAST しか知らない人もいるようです。
   行き違いしないよう打ち合わせをして下さい。



   応用(1)

WNES
1DBL2

   この経過でもレベンソールを使ってみようと。
   すなわち、
      2NT = LEB
      3DDインビテーション
      2NT経由3DD競り合い   
   などのように、「2H→DBL→Pass→?」 と同じ仕組みを採用します。
   
   同様に、
WNES
1DBL22NT*

    2DHのトランスファーレイズ

   Cappelletti over one-of-a-major double(CAPP/1MX)と呼ばれる
   コンベンションで、米国のマイク・カペレッティが発案者を名乗っています。
   この経過でも 「2NT = レベンソール」 を使ってみようと。

   また、
WNES
1P1DBL
22NT*

   「2の代のメジャービッド状態」なので、LEB ON。
      すぐの3DDINV(ゲームインビテーション)
      2NT経由3DDCOMP(コンペティション、競り合い)
   などのように使い分けします。

   この取り決めが有効なディールがありました。
   2011年 モンタルト杯
W
KQ
KQ754
1064
J104
N
AJ107
J63
A82
KQ3
E
98654
10
KQJ53
65
S
32
A982
97
A9872
    ディーラ:East、ノンバル
WNES
PP
1DBL23
P3P3NT
AllPass

   1H = 軽めのオープン。
   2DDの長い、弱い手
   3C = ゲームインビテーション
   3DDストッパー有り
   3NT = Hストッパー有り
   D2個とH2個、またはD2個とH1個S1個を負けて、ウィナーは9個です。



   変形(2)

   リオープン(Reopen)ダブル と、
   リテークアウト(Re-takeout)ダブル に対して。
   「スクランブリング(Scramblig)2NT」

WNES
1P2P
PDBLP2NT*

WNES
1DBL2P
PDBLP2NT*

   いずれも「2の代のメジャービッド状態」です。
   2NTは、長い方のマイナーを選べ、という意味で使われます。



   変形(3)

   レベンソールはパートナーに対して、「3Cを言え」というコンベンションです。

WNES
1NT22NT*

   2NT = LEB

   これをパートナーに対して、「長い方のマイナーを言え」という意味に使おうと。

   すなわち2NTを、
   「3Cへのマリオネット(marionette)」ではなく、
   「ピック・ア・マイナー(pick-a-minor)」の約束にする。

   この取り決めは以前からありますが、発表はマイク・カペレッティが
   米国ブリッジワールド誌2008年7月号に書いたのが始めてと思われます。

   この「ピック・ア・マイナー」の取り決めが効いたディールがありました。   
   2003年 セクショナルゲーム
W
10732
A543
QJ
875
N
KQJ5
J6
42
AKQ62
E
A86
K10982
A1083
10
S
94
Q7
K9765
J943

    ディーラ:East、EWバル
WNES
1P
2DBLP2NT*
P3PP
P


   2NT = Pick-a-minor
   3Cは 3メイク。
   EW側は3Hまで出来るようです。

   ついでにブリッジ用語を。
   トランスファー(transfer)は、別の特定のスーツの長さを表すビッド。
   パペット(puppet)は、パートナーに対して、ハンドの持ち方に関係無く
   特定のコールをすることを求めるコール。
   マリオネット(marionette)は、パートナーに対して、最低限のビッドを
   することを求めるが、パートナーはハンドによっては別のビッドをしても
   構わないビッド。



   応用(2)

   昨今、1NTオープンに対してマイナーのオーバーコールが「ナチュラル」と
   いうペアは少なくなっているようです。
   ところが 「ドント(DONT = Disturb Opponent’s Notrump)」の手口は
   以下のようで。

WNES
1NT

            DBL = 何かの One-suiter
            2CCと何かの Two-suiter
            2DDと片方のメジャー
            2HHS

   ビッドしたスーツと、ランクが上のスーツのTwo-suiterを表します。
   これだとマイナースーツのオーバーコールと同じ状況になります。

   例えば。
WNES
1NT2
N
93
AK74
82
AQJ105

WNES
1NT22

   2DD競り合い

WNES
1NT23

   3DDフォーシング

WNES
1NT23

   3C = キュービッド

   問題はここです。
WNES
1NT22NT*P
3P

   2NT = LEB


                 パスは、無い。
                 3DD5枚、インビテーション
                 3HH5枚、インビテーション
                 3SS5枚、インビテーション
                 3NT = 点有り、Cストッパー有り

   キュービッドを失っていることにお気づきですか?
   「CUE = STAY」が使えなくなります。
   対策は以下から選んで下さい。
     (イ)2Cのオーバーコールを「無視」する
     (ロ)ネガティブダブルを使う
     (ハ)4Cをキュービッド(ステイマン)として使う
     (ニ)3Dをキュービッド(ステイマン)として使う



   応用(3)

   以下の経過では、
WNES
P1NT2

   「2H」のビッドが、「Hスーツ」のときも「Hとマイナー」のときも、
   Hスーツに対してレベンソールを稼働させます。

   同様に以下の経過で、
WNES
11NT2

   「2H」がHスーツを表すときには、1Dオープンは「無視」します。
   Dストッパーの心配は無いからです。従って、1NTオープンに
   「2H」オーバーコールが入ったときと同じ対処をします。



   変形(4)

   レベンソールには各種の変形版があります。代表的なものを挙げると。
      Advanced Lebensohl
      Transfer Lebensohl
      Rubensohl
      Rubinsohl
   名前が違うだけで、中身はほとんど一緒。典型的な手口は以下のようです。

WNES
1NT2

             2NT = Cへのトランスファー
             3CDへのトランスファー
             3DHへのトランスファー
             3H = トランスファーキュービッド = ステイマン、4枚H有り
             3S = 3NTへのトランスファー、ストッパー無し、4枚H無し
             3NT = ストッパー有り

   その他、ブリッジワールド誌2005年12月号と2008年7月号の記事に、
   リバース・レーベンソールというか、Lhosnebel(Lebensohlの逆綴り)と
   名付けられた新コンベンションが紹介されています。興味の有る方は
   調べて下さい。優れたコンベンションですが、少々複雑。
   それと、誰もコンベンションの名前を発音できないことが問題だそうです。


戻る
最新記事
11月の記事
10月の記事
クレーム下手
絵札?
1月の記事
ダミー(3)
スコア計算関係
「ダブル」の出し方
ダミー(2)
御挨拶と自己紹介
御挨拶と自己紹介
当ブログについて
お礼とお知らせ
ウィンドウズ10
記事一覧
ジャックは何故に「ジャック」か?
ジャックは何故に「ジャック」か? - 追記
ミッドリング
キャッシュ・アンド・スラッシュ
007 ハンド
ビディングボックス
ビディングボックス - 追記
ブロック
サマセット・モーム
スポーツ?
ボトルボトム
ストッパー
4-4 マイナー
リバース?
バイパス
ダブルボイド
ネバー ギブアップ
ネバーギブアップ - 2
段級位制
アラート
ストップカード
Beautiful Defense
教科書プレー
教科書プレー - 2
Textbook Play Revisited
教科書プレー - 3
教科書プレー - 4
ハンドのビジュアル化
近況報告
ワンスーター
禁じ手
87%
私、ディレクターの味方です
上告委員は不愉快です
ウィナーを数える
坂の上の雲
メリーマック・クー
スタンダードとは?
黄金週間の迷言
普及です
場末の居酒屋か?
コンプライアンス
舟を編む
「ダブル」の出し方
カードを持つと人格が変わる?
日本リーグでのビッド(1)
日本リーグでのビッド(2)
日本リーグでのビッド(3)
日本リーグでのビッド(4)
外国でブリッジをするとき
ブリッジの和製英語
連盟から届いた手紙
マキシマル オーバーコール・ダブル
くわばらくわばら
低い代のコントラクトをディフェンスする(1)
低い代のコントラクトをディフェンスする(2)
低い代のコントラクトをディフェンスする(3)
低い代のコントラクトをディフェンスする(4)
低い代のコントラクトをディフェンスする(5)
低い代のコントラクトをディフェンスする(6)
低い代のコントラクトをディフェンスする(7)
低い代のコントラクトをディフェンスする(8)
低い代のコントラクトをディフェンスする(9)
低い代のコントラクトをディフェンスする(10)
低い代のコントラクトをディフェンスする(11)
Gimme weakie anytime
Student of the game
7NTダブル(1)
7NTダブル(2)
7NTダブル(3)
連盟から届いた手紙(2)
スコア計算  ダウンしたとき
スコア計算  メイクしたとき(1)
スコア計算  メイクしたとき(2)
ルール・オブ・500
連盟から届いた手紙(3)
スラムアプローチのスタイル
連盟から届いた手紙(4)
ツーウェイ・ニューマイナーフォーシング
Two-way NMF オリジナルバージョン
ふたたびLTCについて
「コントラクト」
テレビ放映
月曜日早朝テレビ放映
不正行為(1)
不正行為(2)
不正行為(3)
連盟から届いた手紙(報告書)
例文表示ドットコム − 入院見舞い編
不正行為(4)
連盟から届いた手紙(5)
連盟と四谷の関係
不正行為(5)
講習会の準備をしていて
不正行為(6)
不正行為(7)
規則違反
「レゾンデートル」
世界選手権出場辞退続出
リードは普通ですか?
ニューズウィーク(米国)ウェブ版
不正行為立証ビデオ
ルーザーで出ています?
教科書プレー(5)
コントラクトを取るサイドを守る
私、四谷の味方です
豚小屋クー
ハンドの強さの表現
私、四谷の味方です(2)
ザ・ニューヨーカー(米国)ウェブ版
シグナルは普通ですか?
アラームクロック・シグナル
アティテュード・シグナル
2016ヨーロッパ選手権
麻雀か?
ディスカードでのシグナル
ディフェンスは難しい
絵札?
クレーム下手
米国ブリッジ連盟会報から
キャッシュ・アンド・スラッシュ(2)
トランプ・プロモーション
不正行為(8)
不正行為(9)
3NTに対するリードショーイング・ダブル
ハンドの評価
フォレスターのパス
シャッフルの回数
6NTは33点?
6NTは33点?(2)
AI
詰将棋
ダブルダミー・プロブレム(1)
ダブルダミー・プロブレム(2)
試合前に何をするか
コンピューターブリッジ選手権2017
2017ブリッジリヨン大会
シングルダミー・プロブレム
2017世界選手権から(1)
2017世界選手権から(2)
2017世界選手権から(3)
1Hxと2Hx
歳時記
1.睦月   新年リジョナル
        朝日新聞社杯
        2015新年御挨拶
        2016新年御挨拶
        2017新年御挨拶
2.如月   NEC杯
        フェリシモ 猫ブログ
3.弥生   雛祭り
        雛祭り 2013
        春季リジョナル
        渡辺杯
4.卯月   柳谷杯
        サントリー杯
5.皐月   横浜インビテーショナル
6.水無月  世界同時大会
6.水無月  梅雨入り
7.文月   藤山杯
7.文月   梅雨明け
8.葉月   世界選手権2012
        世界選手権2017
        ユース世界選手権2017
9.長月   高松宮記念杯
        世界選手権2013
        里親募集中
        世界選手権2016
        世界選手権2016報告
10.神無月 世界選手権2014
        世界選手権2015
11.霜月  かんぴょう
12.師走  2015年末挨拶
12.師走  ブルーリボン・レッドリボン杯
教室サポート
read me(本章案内)
スタンダードビディング
TWO OVER ONE
ガーバー
MINORWOOD
ヘルプスーツ・ゲームトライ
ヘルプスーツ・ゲームトライ - 追記
RKB ベーシック
RKB バリエーション
2Cオープンとルーザーカウント
2Cオープン - レスポンス
2Cオープン - レスポンス - 追記
2Cオープン - コントロールレスポンス
コキッシュリレー
パペットステイマン
絵札シングルトンではスプリンターしない?
アスキングとショーイング
Hi-Lo キュービッド
レベンソール(1)
レベンソール(2)
レベンソール(3)
高レベル・ノートランプシークエンス
サンドイッチ・ポジション(前半)
サンドイッチ・ポジション(後半)
アンユージュアル NT(1)
アンユージュアル NT(2)
リバース(1)
リバース(2)
リバース(3)
リバース(4)
5NT スペシフィック・キング
5NT グランドスラム・フォース
Five of a major as a slam-try(1)
Five of a major as a slam-try(2)
Five of a major as a slam-try(3)
Five of a major as a slam-try(4)
『メジャー優先』
『メジャー優先』再び
ミックスド・レイズ
フィットジャンプ
フィットジャンプ(2)
スタンダード・メジャーレイズ(1)
スタンダード・メジャーレイズ(2)
スタンダード・メジャーレイズ(3)
コンベンショナル・メジャーレイズ(1)
コンベンショナル・メジャーレイズ(2)
コンベンショナル・メジャーレイズ(3)
コンベンショナル・メジャーレイズ(4)
レスポンダーのリビッド
フォーシングノートランプ後の展開
1NTオープンにペナルティダブルがかかった
Two-way NMF 清水教室仕様(1)
Two-way NMF 清水教室仕様(2)
3枚スーツをビッドする
4番手のオープン
テークアウトダブルのアドバンス
テークアウトダブルのアドバンス(2)
メジャーを言うかマイナーを言うか
サクリファイスに備える
猛烈に強いツースーター
トランプエコー
トランプ・スーツプリファランス・シグナル
トランプ・スーツプリファランス・シグナル(2)
スミス・エコー
リバース・スミス
サンドイッチ・ポジション(1)
サンドイッチ・ポジション(2)
サンドイッチ・ポジション(3)
5枚メジャーでの1NTオープン(1)
5枚メジャーでの1NTオープン(2)
テークアウトダブルのアドバンス
3枚メジャーのリミットレイズ(1)
3枚メジャーのリミットレイズ(2)
4番手のオープン(2)
グランドスラム・フォース(1)
ギャンブリング3NT(1)
ギャンブリング3NT(2)
ギャンブリング3NT(3)
Weak-twoとバービッド(1)
Weak-twoとバービッド(2)
Weak-twoとバービッド(3)
温故知新
TWO-OVER-ONE 2017
リダブル(1)
リダブル(2)
リダブル(3)
リダブル(4)
リダブル(5)
リダブル(6)
リダブル(7)
リダブル(8)
リダブル(9) SOS
リダブル(10) wriggle
リダブル(11) wriggle
リダブル(12) doubt
研究室
read me(本章案内)
米国ブルーリボン優勝ペアシステム
EXCLUSION BLACKWOOD
EXCLUSION BLACKWOOD - 2
RKB エクステンション
RKB エクステンション - 2
BLUHMER
BLUHMER(2)
フォンドラセック現象
2Cオープン - LTC
世界選手権2012から
2オーバー1 GF 概要
2オーバー1 ALMOST GF
2オーバー1 INSTANT GF
2オーバー1 GF 関連ビッドシークエンス
Fifth-suit forcing
Briar Patch Coup
5 - 4 メジャー
オープナーリビッド2NT
アンユージュアル NT(3)
アンユージュアル NT(4)
コンピュータシミュレーション
4-4フィット対5-3フィット
4333でステイマン?
1NTオープンに8点でどうする?
オープニングリードシミュレーション
4の代のマイナーで止まる
4の代のマイナーで止まる(続き)
4の代のマイナーで止まる(続き2)
5NT ピック・ア・スラム
スーパーネガティブ・レスポンスの後の展開
フォーシングノートランプ後の展開(2)
マイケルズキュービッドのレスポンス
Two-way NMF
Two-way NMF(2)
Two-way NMF(3)
みたびLTCについて
Third and lowest
Rusinow
Second-fourth
Queen from KQ109
Zero or two higher
メジャーを言うかマイナーを言うか(2)
メジャーを言うかマイナーを言うか(3)
自分のスーツを「キュービッド」する
4の代でのオポーネントスーツのキュービッド
4の代でのオポーネントスーツのキュービッド(2)
猛烈に強いツースーター(2)
ビンジェ・シグナル
スーツプリファランス・シグナル特殊編
サードハンド・プレー特殊編
アップサイドダウン・シグナル特殊編
スミス・エコー関連ディール
オッドイーブン・シグナル
オッドイーブン・ファースト・ディスカード
サンドイッチ・ポジション(4)
敵の「2オーバー1」への介入
5枚メジャーでの1NTオープン(3)
メジャーを言うかマイナーを言うか(4)
世界選手権に提出されたコンベンションカードから
ブリッジ・ワールド・スタンダード(BWS)
BWS1968
BWS1984
BWS1994
BWS2001
BWS2017
BWS2017を使ってみた
対戦相手の4の代のメジャービッドに対抗する
対戦相手の4の代のメジャービッドに対抗する(2)
フォンドラセック現象(2)
リバース(5)
リバース(6)
グランドスラム・フォース(2)
グランドスラム・フォース(3)