ハンドのビジュアル化2013年02月
 清水のブリッジブログ
  「ハンドのビジュアル化」。
  正確には 「『ディール』のビジュアル化」。
  または「ブリッジディールの視覚化、画像化、映像化」とでも言いましょうか。
  枚数のカウンティングを視覚化する試みです。
  例えば:

ディーラーEast
ノンバル
H by S
O.L. S

WNES
23
34AllPass

N
 ダミー
74
K93
AJ105
9652

S
 手元
K8
A10652
KQ6
AJ3

  右手の2Sオープンにどう対処するかは意見が分かれるでしょう。
  テークアウトダブルか3Hオーバーコールを選べば、最終的に4Hになります。
  オープニングリードはS2。右手はSAを取ってSを返し、SKが勝ち。
  Cのルーザーが1個は残りますので、Hのルーザーを1個以内で済ませます。
  ここで左右のハンドを画像化します。
  テレビモニターを開く感じで。

         ダミー: S74 HK93 DAJ105 C9652

W
 左手
xx2
?
?
?
E
 右手
Axxxxx
?
?
?

         手元: SK8 HA10652 DKQ6 CAJ3

  こう見れば、左手の方がHが長そうであることは明らかでしょう。
  したがって左手の4枚Hに備えます。
  先ず手元のHAを取り、右手のH絵札シングルトンに備えます。
  続けて手元からスモールHをリードして、ダミーのH9でフィネス。
  右手のH絵札ダブルトンに取られたなら、H3-2の分かれで問題なし。
 (実際の左手のハンドは: SJ62 HQJ87 D93 CK874 です。)



  以下のようなプレーの問題は本によく出てきます。

NS
2
22NT
6NTP
N
 ダミー
J5
A52
76542
AJ3

S
 手元
AKQ7
KQ103
A8
KQ6

  6NTにオープニングリードはS10。ウィナーは11個。
  Hで4トリックを取れば6メイク。7メイクの可能性はありません。
  したがってHを全勝するかどうかが焦点です。
  全体の枚数配置を調べるために、早い段階でDをスモールでダックします。
  そののちに、SDCを取ります。
  「左手のSは4枚、右手のDはクィーンシングルトン、左手のCは2枚」
  などとカウントするのですが。ここで左右のハンドを画像に出すと:

        ダミー: SJ5 HA52 D76542 CAJ3

W
 左手
xxxx
?
xxxxx
xx
E
 右手
xxx
?
Q
xxxxx

        手元: SAKQ7 HKQ103 DA8 CKQ6

  右手に4枚Hがあることは明らかでしょう。HK、HAの順に取りながら
  左手のダブルトンHを奪い、必要とあらば右手のジャックをフィネスします。
 (左手は: S10986 H64 DKJ1093 C97 です。)



  次のハンドでは、肝心なスーツの分かれが悪い場合に備えて、
  周りのスーツの分かれを先に調べます。
  ディスカバリー(Discovery)プレーです。

NS
1NT
7NTP
N
 ダミー
A52
A
AQ8642
AQJ

S
 手元
KQJ
K852
K103
K94

  ビッド進行には芸がないですが、最終コントラクトは正しいようで。
  Hリードが来ました。
  Dスーツが走ればウィナーは余っています。
  右手の4枚D「J975」はDAを取ってから、ジャックのシンプルフィネスになります。
  左手のDJ975は手元のDKを取ってから、ダブルフィネスになります。
  Dスーツに着手する前にSHCを2枚ずつ取っても何の損も無いでしょう。
  ダミーエントリーを1つと手元のエントリー1つは残すようにして下さい。
  左右両側がSHを2枚ずつフォローして、Cは右手がシングルトンと確定したら。
  こうやって見ると:

        ダミー: SA52 HA DAQ8642 CAQJ

W
 左手
xx
xx
?
xxxxxx
E
 右手
xx
xx
?
x

        手元: SKQJ HK852 DK103 CK94

  左右どちらに4枚Dがありそうか明白でしょう。
  [米国ブリッジワールド誌 2004年9月号参照]



  このような映像化ができるかどうかは「練習」とか「訓練」でしょう。
  ビッドに於ける要素は:
    「知識」(約束、アグリーメント)が半分、
    「判断」(ジャッジメント)が残り半分
  ですが、
  プレーとディフェンスに於いては:
    「点数、枚数、ウィナーのカウンティング」が2分の1、
    「手口」(知識、ロジック)が4分1、
    「判断」(ジャッジメント)が残り4分の1
  です。
  カウンティングは必須ですが、勘定よりも視覚化を心掛けたらどうでしょうか。

  ゲーム感覚の視覚化は、各種ゲームでこれまでにも研究があったようです。
  将棋では、朝日新聞ウィークリー AERA(アエラ)2012年9月17日号に、
  「天才たちの『脳内』パネル」という記事を目にしました。
  副題は「羽生の頭の中で、将棋盤はどう再現されているのか」です。
  羽生善治さんは「4分割の盤面が高速スライド」、渡辺明さんはダークグレー
  の空間が広がる「暗黒星雲型」。その他、棋士によって「ファンタジー型」、
  「盤面再現型」、「オールカラー超リアル型」などと名付けられていました。
  詳しくは「将棋思考プロセス研究プロジェクト」で調べられているようです。

  ブリッジに於いても同様な試みがあってもいいと思うのですが。
  アルツハイマー予防に効果があることは日米で研究成果が出ています。

  視覚化については「ボルス ブリッジ金言集(BOLS BRIDGE TIPS)」に
  米国のグラノベッターの金言、
  ”Picture the Original Shape (Count the high cards,but try to
    picture the original shape − as early as you can)”
  というのがありまして。
  「元々のハンドの形を目に浮かべよう」とでも訳すのでしょうか。

  BOLS BRIDGE TIPSは、世界最古(創業1575年)の蒸留酒製造所の
  オランダ「ボルス社(Bols Royal Distilleries Holland)」が1974〜76、
  1987〜1994年とスポンサーになって、IBPA(International Bridge
  Press Association)がブリッジ金言集を集めたものです。
  Matthew Granovetter は米国の天才ブリッジ少年でエドガー・カプランの
  愛弟子、米国「ブリッジトゥディ誌(ウェブサイト BRIDGE TODAY.COM)」
  の主催者。というよりも、2008年の世界選手権で日本シニアチームが
  優勝したときの決勝の対戦相手、米国チームの一員と言った方がなじみが
  あるでしょうか。
  この金言は1988年に選ばれたもののひとつで、もともとはディフェンスに
  於いてディクレアラーのハンドを想像する試みです。興味のある方は
  米国「ブリッジエース」のウェブサイトBOLS Bridge Tips をご覧ください。
戻る
最新記事
8月の記事
7月の記事
6月の記事
5月の記事
クレーム下手
絵札?
1月の記事
ダミー(3)
スコア計算関係
「ダブル」の出し方
ダミー(2)
御挨拶と自己紹介
御挨拶と自己紹介
当ブログについて
お礼とお知らせ
ウィンドウズ10
記事一覧
ジャックは何故に「ジャック」か?
ジャックは何故に「ジャック」か? - 追記
ミッドリング
キャッシュ・アンド・スラッシュ
007 ハンド
ビディングボックス
ビディングボックス - 追記
ブロック
サマセット・モーム
スポーツ?
ボトルボトム
ストッパー
4-4 マイナー
リバース?
バイパス
ダブルボイド
ネバー ギブアップ
ネバーギブアップ - 2
段級位制
アラート
ストップカード
Beautiful Defense
教科書プレー
教科書プレー - 2
Textbook Play Revisited
教科書プレー - 3
教科書プレー - 4
ハンドのビジュアル化
近況報告
ワンスーター
禁じ手
87%
私、ディレクターの味方です
上告委員は不愉快です
ウィナーを数える
坂の上の雲
メリーマック・クー
スタンダードとは?
黄金週間の迷言
普及です
場末の居酒屋か?
コンプライアンス
舟を編む
「ダブル」の出し方
カードを持つと人格が変わる?
日本リーグでのビッド(1)
日本リーグでのビッド(2)
日本リーグでのビッド(3)
日本リーグでのビッド(4)
外国でブリッジをするとき
ブリッジの和製英語
連盟から届いた手紙
マキシマル オーバーコール・ダブル
くわばらくわばら
低い代のコントラクトをディフェンスする(1)
低い代のコントラクトをディフェンスする(2)
低い代のコントラクトをディフェンスする(3)
低い代のコントラクトをディフェンスする(4)
低い代のコントラクトをディフェンスする(5)
低い代のコントラクトをディフェンスする(6)
低い代のコントラクトをディフェンスする(7)
低い代のコントラクトをディフェンスする(8)
低い代のコントラクトをディフェンスする(9)
低い代のコントラクトをディフェンスする(10)
低い代のコントラクトをディフェンスする(11)
Gimme weakie anytime
Student of the game
7NTダブル(1)
7NTダブル(2)
7NTダブル(3)
連盟から届いた手紙(2)
スコア計算  ダウンしたとき
スコア計算  メイクしたとき(1)
スコア計算  メイクしたとき(2)
ルール・オブ・500
連盟から届いた手紙(3)
スラムアプローチのスタイル
連盟から届いた手紙(4)
ツーウェイ・ニューマイナーフォーシング
Two-way NMF オリジナルバージョン
ふたたびLTCについて
「コントラクト」
テレビ放映
月曜日早朝テレビ放映
不正行為(1)
不正行為(2)
不正行為(3)
連盟から届いた手紙(報告書)
例文表示ドットコム − 入院見舞い編
不正行為(4)
連盟から届いた手紙(5)
連盟と四谷の関係
不正行為(5)
講習会の準備をしていて
不正行為(6)
不正行為(7)
規則違反
「レゾンデートル」
世界選手権出場辞退続出
リードは普通ですか?
ニューズウィーク(米国)ウェブ版
不正行為立証ビデオ
ルーザーで出ています?
教科書プレー(5)
コントラクトを取るサイドを守る
私、四谷の味方です
豚小屋クー
ハンドの強さの表現
私、四谷の味方です(2)
ザ・ニューヨーカー(米国)ウェブ版
シグナルは普通ですか?
アラームクロック・シグナル
アティテュード・シグナル
2016ヨーロッパ選手権
麻雀か?
ディスカードでのシグナル
ディフェンスは難しい
絵札?
クレーム下手
米国ブリッジ連盟会報から
キャッシュ・アンド・スラッシュ(2)
トランプ・プロモーション
不正行為(8)
不正行為(9)
3NTに対するリードショーイング・ダブル
ハンドの評価
フォレスターのパス
シャッフルの回数
6NTは33点?
6NTは33点?(2)
AI
詰将棋
ダブルダミー・プロブレム(1)
ダブルダミー・プロブレム(2)
試合前に何をするか
歳時記
1.睦月   新年リジョナル
        朝日新聞社杯
        2015新年御挨拶
        2016新年御挨拶
        2017新年御挨拶
2.如月   NEC杯
        フェリシモ 猫ブログ
3.弥生   雛祭り
        雛祭り 2013
        春季リジョナル
        渡辺杯
4.卯月   柳谷杯
        サントリー杯
5.皐月   横浜インビテーショナル
6.水無月  世界同時大会
6.水無月  梅雨入り
7.文月   藤山杯
7.文月   梅雨明け
8.葉月   世界選手権2012
        世界選手権2017
9.長月   高松宮記念杯
        世界選手権2013
        里親募集中
        世界選手権2016
        世界選手権2016報告
10.神無月 世界選手権2014
        世界選手権2015
11.霜月  かんぴょう
12.師走  2015年末挨拶
12.師走  ブルーリボン・レッドリボン杯
教室サポート
read me(本章案内)
スタンダードビディング
TWO OVER ONE
ガーバー
MINORWOOD
ヘルプスーツ・ゲームトライ
ヘルプスーツ・ゲームトライ - 追記
RKB ベーシック
RKB バリエーション
2Cオープンとルーザーカウント
2Cオープン - レスポンス
2Cオープン - レスポンス - 追記
2Cオープン - コントロールレスポンス
コキッシュリレー
パペットステイマン
絵札シングルトンではスプリンターしない?
アスキングとショーイング
Hi-Lo キュービッド
レベンソール(1)
レベンソール(2)
レベンソール(3)
高レベル・ノートランプシークエンス
サンドイッチ・ポジション(前半)
サンドイッチ・ポジション(後半)
アンユージュアル NT(1)
アンユージュアル NT(2)
リバース(1)
リバース(2)
リバース(3)
リバース(4)
5NT スペシフィック・キング
5NT グランドスラム・フォース
Five of a major as a slam-try(1)
Five of a major as a slam-try(2)
Five of a major as a slam-try(3)
Five of a major as a slam-try(4)
『メジャー優先』
『メジャー優先』再び
ミックスド・レイズ
フィットジャンプ
フィットジャンプ(2)
スタンダード・メジャーレイズ(1)
スタンダード・メジャーレイズ(2)
スタンダード・メジャーレイズ(3)
コンベンショナル・メジャーレイズ(1)
コンベンショナル・メジャーレイズ(2)
コンベンショナル・メジャーレイズ(3)
コンベンショナル・メジャーレイズ(4)
レスポンダーのリビッド
フォーシングノートランプ後の展開
1NTオープンにペナルティダブルがかかった
Two-way NMF 清水教室仕様(1)
Two-way NMF 清水教室仕様(2)
3枚スーツをビッドする
4番手のオープン
テークアウトダブルのアドバンス
テークアウトダブルのアドバンス(2)
メジャーを言うかマイナーを言うか
サクリファイスに備える
猛烈に強いツースーター
トランプエコー
トランプ・スーツプリファランス・シグナル
トランプ・スーツプリファランス・シグナル(2)
スミス・エコー
リバース・スミス
サンドイッチ・ポジション(1)
サンドイッチ・ポジション(2)
サンドイッチ・ポジション(3)
5枚メジャーでの1NTオープン(1)
5枚メジャーでの1NTオープン(2)
テークアウトダブルのアドバンス
3枚メジャーのリミットレイズ(1)
3枚メジャーのリミットレイズ(2)
4番手のオープン(2)
グランドスラム・フォース(1)
研究室
read me(本章案内)
米国ブルーリボン優勝ペアシステム
EXCLUSION BLACKWOOD
EXCLUSION BLACKWOOD - 2
RKB エクステンション
RKB エクステンション - 2
BLUHMER
BLUHMER(2)
フォンドラセック現象
2Cオープン - LTC
世界選手権2012から
2オーバー1 GF 概要
2オーバー1 ALMOST GF
2オーバー1 INSTANT GF
2オーバー1 GF 関連ビッドシークエンス
Fifth-suit forcing
Briar Patch Coup
5 - 4 メジャー
オープナーリビッド2NT
アンユージュアル NT(3)
アンユージュアル NT(4)
コンピュータシミュレーション
4-4フィット対5-3フィット
4333でステイマン?
1NTオープンに8点でどうする?
オープニングリードシミュレーション
4の代のマイナーで止まる
4の代のマイナーで止まる(続き)
4の代のマイナーで止まる(続き2)
5NT ピック・ア・スラム
スーパーネガティブ・レスポンスの後の展開
フォーシングノートランプ後の展開(2)
マイケルズキュービッドのレスポンス
Two-way NMF
Two-way NMF(2)
Two-way NMF(3)
みたびLTCについて
Third and lowest
Rusinow
Second-fourth
Queen from KQ109
Zero or two higher
メジャーを言うかマイナーを言うか(2)
メジャーを言うかマイナーを言うか(3)
自分のスーツを「キュービッド」する
4の代でのオポーネントスーツのキュービッド
4の代でのオポーネントスーツのキュービッド(2)
猛烈に強いツースーター(2)
ビンジェ・シグナル
スーツプリファランス・シグナル特殊編
サードハンド・プレー特殊編
アップサイドダウン・シグナル特殊編
スミス・エコー関連ディール
オッドイーブン・シグナル
オッドイーブン・ファースト・ディスカード
サンドイッチ・ポジション(4)
敵の「2オーバー1」への介入
5枚メジャーでの1NTオープン(3)
メジャーを言うかマイナーを言うか(4)
世界選手権に提出されたコンベンションカードから
ブリッジ・ワールド・スタンダード(BWS)
BWS1968
BWS1984
BWS1994
BWS2001
BWS2017
BWS2017を使ってみた
対戦相手の4の代のメジャービッドに対抗する
対戦相手の4の代のメジャービッドに対抗する(2)
フォンドラセック現象(2)
リバース(5)
リバース(6)
グランドスラム・フォース(2)
グランドスラム・フォース(3)